熱帯夜対策に最適!寝具の敷きパッドを交換するだけで快眠できた理由

スポンサーリンク
快眠のイメージ

「最近、熱帯夜で・・・暑くて寝苦しい」

「暑くても快眠できる方法があれば知りたい」

この記事ではそんな方に向けて、寝苦しいときの対処法とおすすめの敷きパッドをご紹介します。

結論から言うと、僕は“敷きパッド”を交換してから、かなりぐっすりと眠れています。

 

熱帯夜対策に効果的なのは寝具の見直し!

新発想なイメージ

そもそも“熱帯夜”の条件をご存知でしょうか?

熱帯夜とは?

夕方から翌日の朝までの最低気温が25℃以上になる夜

この条件を見る限り、熱帯夜って意外に多いんです。

さらに湿度が高かったりするので、暑くてジメジメしててほんと不快ですよね。

「だから、エアコンをつけているよ」

僕もそうだったんですが、エアコンのお世話になっている方も多いはず。

でも、快眠を得るために、エアコンを一晩中稼働させっぱなしというのもイマイチだと思いませんか?

電気代がかかるし、なによりあまり体に良くない。

そこで今回、僕が目を付けたのが寝具。

中でも、体に接する面積が大きい“敷きパッド”(シーツ)です。

 

“敷きパッド”を交換して熱帯夜を乗り切ろう!

寝具のイメージ

そもそも今の敷きパッドやシーツはどのように選びましたか?

  • デザイン?
  • 肌ざわり?
  • 素材?
  • 価格?

正直に言いますと、僕は値段とデザインで決めてました。

肌に直接触れる“敷きパッド”の重要性を完全になめていたんですね。

 

ご存知の通り、夏の寝苦しさは「気温」と「湿度」が大きな原因。

要するに、この要素を軽減できるような“敷きパッド”があればいいわけです。

吸水速乾でかつ、肌触りがひんやりしている“敷きパッド”があれば理想ですよね。

ありますよ。

「どうせお高いんでしょ?」

いえ、ニトリにありました。

あの、お値段以上のニトリです。

 

スポンサーリンク

熱帯夜対策におすすめの“敷きパッド”

熱帯夜対策に僕がおすすめしたい“敷パッド”は、Nクールの敷きパッドです。

僕は、これのセミダブルサイズを購入しました。

その結果、感動です。

明らかに睡眠の質が向上しました。

まず、触った感じがひんやり。

そして、朝起きてもサラサラなんですよ。

なんじゃこりゃあああ!

ってなりました、ほんとに。

 

実際のところ、何がいいのか?

この敷きパッドには、接触冷感素材を使用しているんですね。

肌から敷きパッドへ移動する熱が多いので、ひんやりと感じるとのこと。

そして、吸水速乾でサラサラを実現。

抗菌防臭機能付きです。

詳しくはこちらのニトリのサイトをご参照ください。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/7562845s?rc=set&ptr=item

 

まとめ

僕が購入したニトリの敷きパッドをおすすめしましたが、季節の商品は入れ替えが激しいのでこの商品がいつまで売られているかわかりません。

今回一番お伝えしたかったことは「熱帯夜には寝具を交換するのが効果的だ」ということ。

もちろんエアコンは強い味方ですが、エアコンに頼る前に一度、寝具を見直してみるといいかもしれません。

お互い熱い夏の夜を乗り切りましょう!

次の記事へ>>>100均ダイソーのUSB扇風機が夏の暑さ対策におすすめ過ぎる

 

こちらの記事も読まれています