「四国」ってどんなイメージがありますか?

人口が少ないため、交通量は少なく、移動が快適。

さらに自然が豊かで絶景スポットも数多く存在し、ご飯も美味しい。

実際に行ってみて、僕が感じた「四国」の主な魅力はこんな感じです、まだまだありますが。

とにかく、旅をするには最適。

そんな四国(徳島県)で雰囲気の良い宿を発見しましたのでご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

YOKIゲストハウス

詳細情報

場所 :〒778-0101 徳島県三好市西祖谷山村一宇375−3

※立ち上げてまもないため、看板は前の商店(かみぎた商店)のままなのでご注意ください。

部屋数:3部屋

料金 :素泊まり4,000円

備考 :1Fが共有スペースで、2Fに部屋があります。

部屋は清潔な畳部屋。

トイレは1Fと2Fにありまして、共同です。

お風呂は、一般的な家庭サイズのものが1Fにあるので自由に使用できます。

用意してあるタオルは自由に使ってくださいとのことでした。

キッチンでは缶ビールやチーズなどが売っています。

箱にお金を入れて、商品を持っていくスタイル。

350mlの缶ビールが300円、生卵が1個30円、そんな感じです。

ゲストハウスですので、ライダーハウスと民宿の中間の様なイメージですかね。

僕が宿泊した時は相部屋ではなくて、3部屋にそれぞれ3組が宿泊していました。

北海道でのバイク旅が大好きな僕にとっては、居心地がいい宿でした。

スポンサーリンク

3つの魅力ポイント

1.1Fの共用カフェスペース

1Fには、カフェスペースがあります。

このカフェスペースの居心地がすごくいいんですよ。

写真から伝わりますかね。

まだ新しいので清潔ということもありますが、それ以上におしゃれでゆっくりできる空間になってます。

カフェはオープンしていませんので、カフェスペースの本格的なキッチンが自由に使用可能です。

製氷機の氷を使ってお酒を作ってもいいし、自由に料理をして食べてもいい。

シンプルに最高です。

お店の本格的かつ新しいキッチンに立てるだけでもワクワクしますよ。

ましてや料理ができるなんてなかなかできない経験です。

ちなみに、オーナーさんのお話では立ち上げたばかりで発展途上のため、カフェをオープンするかどうかも未定とのことでした。

朝はここでコーヒーを飲んでゆっくり過ごしました。

僕、旅の朝は早めに出発する方なのですが、この日は雨ということもあってかなりゆっくりくつろぎました。

コーヒーやお茶などは無料なところも嬉しいポイントです。

2.自然があふれる環境

宿自体が、山奥とは言いませんが山に囲まれた場所にあります。

宿の天井にムササビが住みついてるくらいのネイチャースポットです。

空気は綺麗で、リラックスできますよ。

3.オーナーさんの人柄

オーナーのバビーさんがとても気さくでいい方でした。

例のカフェスペースでお酒を飲みながら、一緒にお話ができて楽しい時間を過ごさせて頂きました。

世界中を旅したときのことやラフティング、新しく立ち上げた事業のことなど貴重なお話が聞けました。

こういう時間があるのもゲストハウスの魅力ですよね。

予約

モモンガビレッジに電話しました。

当初はモモンガビレッジの空き状況を聞きたくて電話したんですが、満室でして。

新しく立ち上げた、YOKIゲストハウスを紹介してもらいました。

ちなみにこの2つはおんなじ系列みたいです。

立ち上げたところでまだ看板も古いままということで、楽しそうなので即決しました。

 

まとめ

ちなみに周りにはあまりお店がありません。

車で3分ほどの所に祖谷秘境の湯があったので、そこで温泉に入って晩御飯を食べました。

食堂もあって、1,000円以下で定食が食べられます、美味しかったですよ。

 

バイク乗りには結構好まれる宿なんじゃないかなあ。

僕は大好きな雰囲気でした。

四国旅行に行く機会がありましたら、宿の候補に是非。

 

【四国旅行の関連記事】

四国旅行におすすめ!大田口カフェで碁石茶ロールケーキとコーヒー休憩

地元の人が通う四国の温泉!香川県の白鳥温泉がおすすめ!

 

※この記事の内容は、僕が宿泊した2017年の情報ですので、あくまで参考程度としてください。
立ち上げてからあまり時間が経っていないこともあり、オーナーさんも発展途上とおっしゃられていました。
僕自身も次回行くときの変わり様を楽しみにしている所があります。
そういう事情ですので、記事の内容とは大幅に変更がある可能性がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク