みんなの強い味方!雨を避けてツーリングする最強の方法

雨天時のツーリングはできれば避けたい。

バイク乗り共通の感覚ではないでしょうか?

極論を言ってしまえば「降りそうな時はバイクに乗らない」というのが一番良い方法ではありますが、そんなつまらない型にはまらないのがバイク乗り。

どうしても走りたいときや、連泊の旅で走らざるを得ないときがありますよね。

僕は北海道をツーリングしてたときがまさにその状態。

そのときに知ったのが雨の回避しながらツーリングする最強の方法、「降水ナウキャスト」です。

スポンサーリンク

降水ナウキャストとは

気象庁が発表している情報で、登録不要かつ無料で使用できるサービスです。

僕が主に使用しているのは「高解像度降水ナウキャスト(クリックすると別ウインドウで開きます)」。

高解像度降水ナウキャストは、気象レーダーの観測データを利用して、250m解像度で降水の短時間予報を提供します。

引用元:気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/highres_nowcast.html)

昨年末(平成29年11月)にも機能のアップデートがあったので、現在も進化し続けているツールと言えます。

「気象庁のデータ」って信用度が高いと思いませんか?

とにかく、一度見てみてください。

正直この情報は、めちゃくちゃ使えますよ。

ナウキャストはツーリングで大活躍!

1.ナウキャストはツーリング計画の参考に使える!

「高解像度降水ナウキャスト」では、降雨範囲の詳細、降雨の量がリアルタイムかつ1時間後の予報まで見ることができます。

参考までに、僕のナウキャストの使い方をご紹介しますね。

押さえておきたいポイントとして、ナウキャストはリアルタイムが特徴なので前日のツーリング計画には役立ちません

ツーリングに出発した後、現地での判断時こそナウキャストの威力が最大限に発揮されるタイミングと言えます。

 

例えば、バイクに乗っていて「これから向かう先の雲行きが怪しそうだぞ」といった場合ですね。

その場合、僕はナウキャストで目的地の状況を確認することにしています。

  • 現地は今どんな天気なのか
  • これからの1時間で天気にどんな変化があるのか

ずっと曇りもしくは雨が降るようなら潔く目的地を変えます。
(このフットワークを軽くしたいならソロツーリングがおすすめですよ。興味がある方は「知らないと損かも!一人旅やソロツーリングが最高な理由3つ 」も合わせてお読みください。)

ナウキャストを活用して天気が良い場所を選んで目的地を変更するので、幸せな決断を下せる確率が飛躍的に上がりました。

特に、北海道ツーリングの時にとても役立ったことを思い出します。

5日間のツーリングをひたすら天気のいい場所を移動して快適に過ごしてました。

高解像度降水ナウキャストなら、簡単に良い決断ができますよ。

 

この「リアルタイムで確認できる」というのが、個人的にかなり便利だなあと思うポイントです。

以前の僕は現地の天気予報を確認する程度のことしかできなかったんです。

目的地が昼から晴れるという天気予報の情報を知っていても、昼のいつから晴れるのかが分からない。

12時かもしれないし、15時かもしれない。

今現在が雨かもしれないし、晴れているかもしれない。

結局、実際に行ってみないとわからなかったんですね。

実際に行ってみたら曇りで、帰る時間になったら晴れてきた…みたいな。

随分と無駄にしてきたなあと思います、機会損失です。

ナウキャストは、そんな機会損失から僕を救ってくれました。

2.ナウキャストは急な雨からの回避に使える!

事前にしっかり天気予報を確認していても、急な雨(豪雨)に見舞われることがあります。

天気予報しか知らなかった以前の僕は、これを回避する術がありませんでした。

だって、タイムラグがある天気予報に、急に発生する集中豪雨が反映されていないことが多いから。

最近の僕は、なんとなく雲行きが怪しくなったらナウキャストを見るようにしています。

運が良ければリアルタイムで豪雨がばっちり表示されているので、回避できますよ。

実際に、2回ほど豪雨にあたらず雨宿りすることに成功しています。

 

運悪く豪雨にあたってしまっても、今の僕はすぐに雨宿りをします。

ナウキャストを見れば、大体何分後に、どちらの方向に、雨雲が過ぎていくかがわかるので、良い判断が下せることを知っているからです。

以前までの僕は、バイクで走っているときに雨が降っても、びちょびちょになりながら走り続けることが多々ありました。

「雨宿りをしても、いつ止むかもわからないし、走ってしまおう」って。

そのような残念な状況がなくなったのは、とても良い変化です。

ナウキャストの弱点

かなり正確で便利なナウキャストなのですが、予報が見れるのが現時点から1時間先までです。

なので、数時間後や翌日の予定を組む際の参考にはなりません。

良くも悪くも「リアルタイム性」がこのナウキャストの最大の特徴というわけですね。

まあ、”ナウ”キャストなので当たり前なのですが。

とは言え、利用価値は非常に高い情報なので、僕はこれからもどんどん利用していく予定です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

高解像度降水ナウキャスト(クリックすると別ウインドウで開きます)」は一見の価値ありですよ。

今や多くの方がスマホを持っている時代。

便利なものは使いこなさないともったいない!

僕は、基本的に紙の地図(ツーリングマップル)でツーリングをする派ですが、迷子になったときはスマホナビを使ったりします。

アナログとデジタルはそれぞれ魅力を持っているので、両方をバランスよく使っていくのがベストだと考えています。

このナウキャストは明らかにデジタルの魅力、一瞬で僕のバイクライフに取り入れました。

僕は、良い時代にツーリングを楽しめているなあと思っています。

スマホをまだお持ちじゃない方、これをきっかけに検討するのも悪くないと思いますよ。

便利なツールを上手く活用して、お互い楽しいバイクライフを過ごしましょう!

スポンサーリンク