日程や費用をもれなく公開!北海道ツーリングする方法を徹底解説!

スポンサーリンク

「北海道ツーリングは、難しくありません!」

何度も北海道へ通い、バイクで3万キロほど走った僕が断言します。

バイク乗りが憧れる、北海道ツーリング。

「北海道ツーリングに行ってみたい!」

「実際にどうすれば北海道ツーリングに行けるのかを“具体的に”知りたい!」

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

北海道ツーリングに対してこんな疑問を持っていませんか?

  • どれくらい休みがあればいいの?(日程の疑問)
  • どうやって行けばいいの?(移動手段の疑問)
  • 費用はいくらかかるの?(費用の疑問)
  • どんなルートでツーリングすればいいの?(ルートの疑問)
  • 何が必要なの?(持ち物の疑問)
  • そもそも北海道ツーリングって何が魅力なの?(動機の疑問)
  • 北海道ツーリングの注意点ってある?(ツーリングの疑問)

僕の実体験をもとに、その疑問をひとつずつ解消していきますね。

注意
この記事は、実際に僕が2017年に関東から出発し、フェリーで往復した実績をもとに構成しています。
日程や費用はその条件下での情報となりますので、関東以外からの出発の場合は差が生じる可能性があることをご了承ください。
この記事の筆者(ぺけらいふ)の経験値について

「北海道ツーリングについて教えてくれるのはいいけど、筆者は何回北海道ツーリングしてるの?」

「この記事の情報って信用できるのかなあ」

ごもっともな意見だと思います。

なので、僕の北海道ツーリングの経験を公開しておきますね。

  • 札幌に1年半、函館に2年半住んでいました。特に、道南の主要な道はバイクで走り尽くしてます
  • 北海道をバイクで3周、車で1周した経験あり(礼文島、利尻島、奥尻島も含む)
  • 実家が兵庫県なので、「函館 - 兵庫」をバイクと一緒にフェリーで3回往復した経験あり
  • 「函館 - 兵庫」をバイクで自走した経験あり
  • 現在住んでいる関東から、フェリーで北海道ツーリングに行った経験あり

大学生でバイクに乗り始めて、2018年でバイク歴は8年になります。

バイクに限定しなければ、北海道には直近10年間毎年訪れて旅をしています。

いかがでしょうか。

少しだけ僕を信用して読み進めてみませんか。

興味があるなら、ぜひ北海道ツーリングに行って欲しいなあと思うんです。

スポンサーリンク

北海道ツーリングってどれくらい休みがあればいいの?(日程の疑問)

Aさん
じゃあ、北海道ツーリングをするとして、何日くらい休みがあればいいの?
Bさん
日程の目安が知りたい!

とにもかくにも、まずは北海道ツーリングを実行する日程の確保ですよね。

僕が北海道ツーリングをするとなったら、確保したい日数は「1週間」です。

これは、関東から北海道までをフェリーでの移動する日数も含めての「1週間」。

つまり、7日間の休みを僕は死ぬ気で取りに行きます。

注意
日程に関してはかなりの個人差があります。
もっと短い日程で楽しまれている方もいらっしゃいます。
あくまで僕の希望、参考とお考えください。

「7日間の休みなんて無理だ・・・」

わかります。

正直なところ、社会人の僕にとって7日間の休みはなかなかハードルが高かった。

でも、9月のシルバーウイークにお盆休みと有給を付け足して、なんとか7日間以上(8日間)の休みを確保しました。

あなたの仕事の種類や状況にもよると思いますが、諦めないでください。

あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?

引用元:漫画「スラムダンク」より 湘北高校バスケットボール部顧問の安西先生の名言

僕は北海道ツーリングに行くために半年間をかけて準備をしました。

参考までに、その方法を共有しておきますね。

僕が8日間の休みを獲得した方法

  • 自分の仕事はただひたすらに前倒す
  • 周りの人が休んだ時は大チャンス!率先してフォローする
  • 忙しそうな人の仕事を引き受ける
  • 周りの人から徐々に「この日は休みます」と公言していく

使えそうならぜひ活用してみてください。

最後は無理矢理にでも休むのが大切になってくるのですが、できるなら周りの人からも気持ちよく送り出して欲しいじゃないですか。

「あいつには前に助けてもらったし、協力してやるか」と思ってもらえる人を目指すと意外とスムーズに休めますよ。

 

北海道ツーリングってどうやって行けばいいの?(移動手段の疑問)

フェリーで北海道へ
Aさん
北海道って遠いけど、具体的にどうやって行けばいいの?
ぺけらいふ
僕のお気に入りはフェリーです!

北海道まで行く手段はいくつか考えられます。

「自分で北海道まで走っていく方法」

「自分は飛行機で行って、現地でレンタルバイクを借りる、または事前に送った自分のバイクを受け取る方法」

でも、僕のおすすめはバイクと一緒に移動する「フェリー」です。

僕が考えるフェリーの魅力

  • 愛車と一緒に移動できる
  • 自走とは違って体力を温存できる
  • 船旅ならではのワクワク感を味わうことができる
    (船から愛車と一緒に下船する瞬間がたまらない!)

というわけで、僕は休みの目処がついたら“即”フェリーを予約します。

 

本州と北海道をつなぐフェリーの航路は、意外とたくさんあって迷うかもしれません。

僕のおすすめは、「新潟 - 小樽」の航路です。

理由は、早朝の時間帯で小樽に到着する便があるから。

旅の開始独特のワクワクした気持ちを一切損なわずに、その日をまるまる北海道ツーリングに使えるのは大きな魅力。

北海道にお昼や夜に着いても、その日はあんまり走れないですから。

予約はフェリー会社のホームページからインターネットで可能ですよ。

 

北海道行きのフェリー予約やバイクの乗せ方、船内でのおすすめの過ごし方は
【北海道ツーリング】フェリーの予約・バイクの乗せ方・船旅のコツを徹底解説!
で詳しく解説してます。
別ウインドウで開きますので、ぜひ合わせてお読みください。

 

北海道ツーリングって費用はいくらかかるの?(費用の疑問)

みさき台公園キャンプ場
Aさん
ぶっちゃけ、北海道ツーリングにはどれくらいの予算を準備すればいいの?
ぺけらいふ
僕が2017年に行った7泊8日の北海道ツーリングでかかった費用は64,902円でした!
もちろん、往復のフェリー代込みです

具体的な費用の内訳を記載しておきますね。

2017年北海道ツーリング費用の内訳(7泊8日)

  • フェリー代  33,260円
  • 高速料金   13,610円
  • ガソリン   18,695円
  • 食費     11,834円
  • 宿泊費    14,390円
  • 整備費     5,463円
  • その他      910円

合計      64,902円

僕が宿泊したのは「とほ宿」「キャンプ」です。

とほ宿で2泊し、キャンプで3泊したので、宿泊費は比較的安く済んでいます。

とほ宿とは
定員も少なく一人旅の方が多いのが特徴で、アットホームな雰囲気でゆったりくつろげる宿です。
温かいコミュニケーションが取れる空間、それが「とほ宿」の最大の魅力です。
>>>参考(https://www.toho.net/about/

とほ宿は大体1泊2食付きで6,000円前後ですし、キャンプは無料や500円前後なので費用を抑えたい方は利用してみるのはいかがでしょうか。
※北海道にはライダーハウスという格安で宿泊できる施設もありますよ!

 

もう少し費用内訳を見ていきますね。

ツーリングの途中でエンジンオイルの交換をしたので、その分が5,000円ほど上乗せされています。

自宅の関東から新潟のフェリー乗り場までの往復は高速道路を利用。

北海道でも小樽から阿寒まで高速道路を利用したので、その分の料金も加算しています。

 

つまり、僕の実績から考えると7万円を準備しておけば1週間くらいの北海道ツーリングなら余裕です。

逆に、キャンプやライダーハウス(1,000円くらいで宿泊可能)を上手く利用して、高速道路ではなく下道を走ればもっと節約できるということ。

5万円の予算に収めることも不可能ではないですよ。

北海道ツーリングの資金としては7万円が貯まれば十分、10万円が貯まれば美味しいものが思う存分食べられると考えていいと思います。

スポンサーリンク

 

どんなルートでツーリングすればいいの?(ルートの疑問)

Aさん
北海道ってでか過ぎて、距離感がつかめない・・・
ぺけらいふ
北海道の道は交通量も信号も少ないから意外と長距離走れますよ。
1日350㎞くらい走る計画を立てておけば、かなり余裕をもって楽しめるはずです

正直なことを言ってしまうと、「自分の行きたい場所に行くのが一番」なんです。

ルートを考えるのも北海道ツーリングの楽しみのひとつ。

ただ、この記事は長距離ツーリングに慣れていない方にもぜひ北海道ツーリングを楽しんで欲しいと思って書いています。

なので、僕が2017年に実際に走った北海道ツーリングのルートをご紹介しますね。

ツーリングルートに見当がつかない方は参考にしてみてください。


※図のルートは大体の目安です

道東・道北ツーリングルート(7泊8日)

1日目
早朝に関東から出発し、高速道路を利用して新潟へ
12時前にフェリーに乗り込む

2日目(図上の黒色)
早朝4時半に小樽に到着
5時過ぎにフェリーから下船
高速道路を利用して霧多布に16時頃到着

走行距離 477.2km

3日目
台風直撃のため、宿で待機

走行距離 0km

4日目(図上のオレンジ色)
宿を朝6時頃に出発
開陽台(北19号線)
知床峠
斜里の天まで続く道
女満別のメルヘンの丘
和琴半島湖畔キャンプ場に17時頃到着

走行距離 405.4 km

5日目(図上の水色)
キャンプ場を7時頃出発
能取湖
ひたすらオホーツク海道を北上
兜沼公園キャンプ場に17時半頃到着

走行距離 423.6km

6日目(図上の黄色)
キャンプ場を7時頃出発
宗谷岬
エサヌカ線
初山別のみさき台公園オートキャンプ場に15時頃到着

走行距離 319.5km

7日目(図上のピンク色)
キャンプ場を7時頃出発
オロロンラインを南下
ニッカウヰスキー工場見学
小樽のフェリー乗り場に15時頃到着
17時にフェリーに乗り込む

走行距離 約250km

8日目
朝9時に新潟に到着し、下船
高速道路を利用して、14時頃に関東の自宅に到着

途中でオイル交換をしたり、ごはんもきちんと食べて、このスケジュール感です。

ゆっくりと楽しめましたよ。

 

北海道ツーリングって何が必要なの?(持ち物の疑問)

Aさん
1週間もツーリングにでかけるなんて、膨大な量の荷物が必要なのでは?
ぺけらいふ
難しく考える必要はまったくありません。
普段のツーリングの持ち物に必要なものを足していくだけで大丈夫ですよ!

日帰りツーリングや1泊のツーリングしかしたことがない方は、「1週間分のツーリングの荷物」ってなかなかイメージできないかもしれません。

でも、不安になる必要はまったくないですよ。

極論を言ってしまうと、財布と携帯(スマートフォン)、あとはきちんと服さえ着ていれば北海道ツーリングは可能です。

必要な物は現地で調達すればいいし、困ったらスマホで助けを呼べばいい。

まずはこれくらいの気軽な感じからはじめると、気持ちが落ち着いてくるはずです。

結局のところ、北海道ツーリングも普段のツーリングとなんら変わらないんですよ。

 

参考までに、僕が実際に北海道ツーリングに持って行ったものを公開しますね。

これでフェリーの移動を含めた7泊8日の北海道ツーリングは問題なかったです。

僕が普段のツーリングに持って行くもの

  • 財布
  • スマートフォン
  • カメラ
  • コンパクト三脚
  • 地図

北海道ツーリングのために追加したもの

  • 下着類
  • 着替え
  • タオル
  • 部屋着の下(スウェット)
  • 合羽
  • 充電器(スマートフォンとカメラ)
  • モバイルバッテリー
  • 読書用の本
  • キャンプ道具一式
    >>>僕はキャンプ道具をひとつのボストンバッグにまとめてます。
    ボストンバッグの中身は「カバン1つにまとまる!キャンプツーリング道具の選び方を徹底解説!」で紹介してますので、キャンプをする方は参考にどうぞ。
    (別ウインドウで開きます)

いかがでしょうか。

想像してたよりシンプルじゃないでしょうか?

「思ったより大したことないし、できそうだな」

そう感じていただけたら嬉しいです。

ツーリングの途中で洗濯するなら着替えや下着も最小限で済むので、もっと荷物が少なくなりますよ。

 

ちなみに、9月の北海道をツーリングする際の服装や装備については
9月下旬の北海道ツーリング!バイクに乗る服装とキャンプ装備を徹底解説!
で詳しく解説してます。
こちらも別ウインドウで開きますので、ぜひ合わせてお読みください。

 

そもそも北海道ツーリングって何が魅力なの?(動機の疑問)

Aさん
「バイク乗りにとって北海道は聖地だ!」って言うけど、結局なにがいいの?
ぺけらいふ
実際に行ってみないとわからないことも多くて…
でも、たくさんの人が北海道ツーリングに魅了されているのは事実で、もちろん僕もそのひとりです

ここまでお読みいただいて、なんとなく北海道ツーリングを実現するイメージがつかめたのではないでしょうか?

「やり方は何となくわかったけど、もうひと押しして欲しい!」

そんな方へ。

僕が思う北海道ツーリングの魅力を少しだけご紹介しますね。

北海道の道はバイクで走ると最高に気持ちいい

北海道の道の特徴

  • 道幅が広い
  • 交通量が少ない
  • 信号が少ない
  • 自然にあふれる絶景(野生動物にも会える!)

ぱっと思い出しただけでもバイクで走りたくなる魅力が、北海道の道路にはあります。

 

余談ですが、北海道の道幅が広い理由のひとつは、除雪した雪を積むスペースが確保されているからです。

そんな道を雪が降ってない季節に走ったら、広くて快適に決まってますよね。

 

そんな道をですよ。

広くて、信号も少なくて、景色に恵まれている道を、です。

誰にも邪魔されずに、のんびりバイクで走ることができるとしたら・・・

特に道東(知床、霧多布など)の道が僕は大好きです。

あわせて読みたい
僕が大好きな北海道の絶景ポイントは「【北海道ツーリング】バイクで行きたい絶景写真スポット9選(道東・道北編)」にまとめてます。
後悔しないように事前にチェックしておきましょう!

北海道は食べ物が美味しすぎる

ウニ、花咲ガニ、ホッケ、いくら、サンマ、時知らず、マコガレイ、ソイ、豚丼、ジンギスカン、チーズ、牛乳・・・

僕が北海道で食べて、その美味しさにビックリした食べ物を並べてみました。

上記はほんの一部です。

北海道の食材は別次元だと僕は思っています。

 

たとえば、僕の友達はウニが苦手でした。

そんな彼が、北海道のウニを食べた瞬間「え、めっちゃ美味いやん!」と目を丸くしてました。

その後、苦手だと言っていたウニをバクバク食べてたことは言うまでもありません。

 

続いては、ラム肉が嫌いな別の友達を北海道のジンギスカン屋に連れて行ったときのことです。

「羊の肉って匂いがダメなんだよなあ」と言っていた彼はラム肉を一口食べた瞬間「え、美味っ・・・」と困惑の表情を浮かべていました。

その後、誰よりもたくさんのラム肉を彼が食べたことは言うまでもありません。

 

北海道ツーリングで本物を食べに行きませんか?

あわせて読みたい
道東「ウトロ漁港婦人部食堂」のホッケ定食は、今まで僕が食べてきたホッケの中で一番美味しかったです!近くに行かれる方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。
>>>【北海道ツーリング】ウトロ漁港婦人部食堂のホッケ定食がおすすめ!(知床)

 

北海道ツーリングの注意点ってある?(ツーリングの疑問)

Aさん
ぶっちゃけ、本州と北海道で違いってあるの?
ぺけらいふ
知っておいたほうがいいコツがあるのでご紹介しますね!

本州とひと味違うのが北海道。

僕が実際に走って感じた項目を並べてみました。

北海道ツーリングのコツ

  • 北海道に行く前に写真を勉強しておこう!
  • ホクレンで思い出のフラッグをゲット!
  • 北海道は距離と時間換算が独特
  • 北海道での早起きは三文以上の徳
  • 北海道ツーリングならキャンプがおすすめ
  • 北海道ではセイコーマートを利用する
  • 北海道ではガソリンは早めに給油
  • 積載用のツーリングネットは大きめを購入しよう!

詳細は「バイク乗りなら知らなきゃ損!北海道ツーリングのコツ8つ!」にまとめていますので、気になった方はそちらもお読みください。
(別ウインドウで開くようにしています)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「北海道ツーリングに行ってみたい!」

「実際にどうすれば北海道ツーリングに行けるのかを“具体的に”知りたい!」

と思っていた方にとって、この記事が北海道ツーリング実現の手助けになれば嬉しいです。

この記事のまとめ
  • どれくらい休みがあればいいの?(日程の疑問)
    僕は1週間の休みを確保するべく、全力を尽くします。
    もちろん、1週間未満しか休めなくても北海道ツーリングは楽しめますよ。
    とにかく北海道をバイクで走ってみてください!
  • どうやって行けばいいの?(移動手段の疑問)
    フェリーがおすすめですよ!
  • 費用はいくらかかるの?(費用の疑問)
    僕は64,902円で、全日程(8日間)を満足して終えました。
  • どんなルートでツーリングすればいいの?(ルートの疑問)
    目安ですが、1日350㎞程度を移動する計画を立てれば余裕を持ってで楽しめるはずです。
    気の向くままに楽しんでくださいね。
    北海道にあるおすすめのキャンプ場は下の記事へ。
    【北海道ツーリング】バイクと宿泊!おすすめのキャンプ場3選(道東・道北エリア)
  • 何が必要なの?(持ち物の疑問)
    普段の日帰りツーリングをベースにしましょう。
    そこに必要なものを付け足すイメージです。
    【初心者必見!】バイクツーリングに持っていくべきおすすめの七つ道具
  • そもそも北海道ツーリングって何が魅力なの?(動機の疑問)
    バイクで走るのが楽しすぎる道と美味しい食べ物があなたを待っています。
    もちろん、壮大な絶景とキタキツネも。
  • 北海道ツーリングの注意点ってある?(ツーリングの疑問)
    本州と異なる点がありますので、事前に確認しておきましょう。

北海道は走りやす過ぎてスピードが出がちなので、落ち着いて安全運転でいきましょー。

お互い思いっきり北海道ツーリングを楽しみましょうね!

次の記事>>>【北海道ツーリング】フェリーの予約・バイクの乗せ方・船旅のコツを徹底解説!

 

スポンサーリンク