楽しいツーリングの必需品!地図を使うだけで起こる4つの良いこと

もしかして、どこに行くにもナビを使っていませんか?

それって損をしているかもしれませんよ。

調査したところ僕の周りの友達はみんなナビを使って目的地に行くようです。

携帯電話が優秀なナビになる時代、「地図なんて…」という空気は痛いほど感じているところです。

しかし、常にツーリングマップル(後ほどご紹介します)のみで日本のあらゆる場所を目指すやや絶滅危惧種的な僕が、あえて地図の良さをご紹介します。

スポンサーリンク

地図を使うだけで起こる4つの良いこと

1.旅に行く前に、旅を楽しむことができる

ぺけじぇい
ルートを決めるところから既に「旅」は始まっている!

ナビのお姉さん(お兄さん)に言われたとおりに運転して、目的地を目指していませんか?

自分自身でルートを決めることは、かなり重要ですよ。

自分の頭で地図上の情報から道の状況を想像かつ妄想し、目的地まで線を引く作業。

もうこれが既に「旅」だと僕は思うんですよ。

ぺけじぇい
川(海)に沿って走りたいな
ぺけじぇい
ここの道はくねくねしてて楽しそうやから、ルートに盛り込もう
ぺけじぇい
国道よりこっちの県道の方が田舎っぽくて田んぼとかあってええ道やろか?

…はい、楽しすぎる。

この楽しみをナビなんぞに取られていいのだろうか、いやいいはずがない。

ちなみに僕の中では、旅に出発するときにはもう既に旅の楽しみの半分が終わっています。

それくらいルートを決める作業を含め、旅の準備は旅の醍醐味。

2.地図を使えば道を覚える

ぺけじぇい
進むべき道に検討がついていると、旅に余裕が生まれるよ!

地図の場合、当然ですが機械に言われるがままに走って目的地に着くことはありえません。

地図上で自分の位置を常に把握しながら進んでいく必要があります。

その時、重要になるのが線路や川といった周りの情報。

例えば、線路は地図上に記載されているので今走っている道の右左のどちらに線路があるか、頭上を通っているか等の情報で現在地を予測しようとします。

そう、地図を使うということは圧倒的に周りを観察しなければならないハングリーな精神状態にならざるを得ないということ。

ひたすら周りを観察しているわけですから、道を覚えます。

これは僕の経験上、間違いない事実。

では、道を覚えたり現在地を把握できるとどんな良いことがあるか?

次回に活かせることはもちろん、現在地を把握しているので寄り道する余裕ができたりします。

つまり、旅を楽しくさせる要素が増えるのです。

3.地図は自分の手で書き込める

ぺけじぇい
自分のオリジナル地図を作っていこう!

美味しい店や綺麗な景色など心に残った事を地図ならすぐに書き込めます。

つまり、手軽に自分オリジナルの地図を作り上げることが可能だということ。

手書きでコメントが入った地図のページを開いたときを想像してみてください。

自分の字で書かれたメモを見て、旅の記憶が戻ってくる感覚。

これって、悪くないと思いませんか?

「またここらへん行ってみようかなあ」

そんなことから次の旅が始まるわけです。

4.アナログな地図は電源が不要

ぺけじぇい
充電不要!いつでも、いつまででも使用可能!

旅の途中に無駄な心配はしたくないもの。

例えば、アナログな要素が満載のバイク旅において、電源の確保はなかなか難しいものです。

まあ、バッテリーから引っ張ってくればいいだけの話なのですが、バッテリーにあまりよくないでしょうし、どこか近代的でバイク旅に合わない気がしています。
※これは僕の感覚なので、実際にしている人を否定する気は全くありません。

とにかく、ナビは電源が必要ですが地図なら紙なので不要。

これは紛れもない事実。

旅とは何が起こるかわからない冒険的な側面があるわけで、電源確保という不安定な要素はないに越したことはないというのが僕の考えです。

アナログ万歳!

スポンサーリンク

地図のデメリット

地図を褒めてばかりですとイマイチですので、地図のデメリットも合わせてご紹介しますね。

  • 更新が買い替え
    → 自動的に更新されることがありません。ある程度は必要なところを自分で書き込んで使用する必要があります。もちろんそれも楽しみの一つなのですが。
  • 夜は見えない
    → 基本的に日中に走ればいいのですが、いざ夜道を走ることになった時はかなり不便です。
  • めくるのが面倒
    → 慣れると地図は見ずに事前の予習だけで大体の場所までは行けるものの、いちいちページをめくる作業は煩わしい。そんなに頻繁にめくるものではないですが。

まとめ

ナビが主流な世の中ですので、あえて地図をおすすめしました。

ナビにない地図の良さには魅力が満載です。

ただ…ナビは便利なものであることは間違いない。

これは認めざるを得ないですし、僕もスマホのナビを補助的に使用することがあります。

「地図」と「ナビ」、お互いの良いところと上手く付き合っていく形がベストだと思っています。

ちなみに、僕がよく使っているのは「ツーリングマップル関東甲信越2013」。
4年くらい使ってますが、まだまだ使います。

 

スポンサーリンク