必見!レッドバロンでバイクを購入するときに役立つ7つの知識

スポンサーリンク
レッドバロンでバイク購入

「これからバイクの購入を検討している」

「レッドバロンは賛否両論あるみたいだけど、バイクを購入するお店として実際のところどうなのか気になっている」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

僕は、2017年にレッドバロンでヤマハのXJR1300を購入しました。

実際にレッドバロンでバイクを購入した僕だからこそわかることがたくさんあると思うので、情報を共有しますね。

「レッドバロンでバイクを購入できて大満足」、これが僕の感想です。

 

スポンサーリンク

レッドバロンで役立つ7つの知識とは?

はじめに、僕が「7つの知識」として紹介する内容の一覧を下にまとめました。

気になる項目があればぜひ読み進めてみてくださいね。

7つの知識

  1. バイクを購入するときの流れ
  2. 購入時の諸費用について
  3. バイクを買い取りしてもらうときの流れ
  4. レッドバロンのサービスについて
  5. バイクの在庫数について
  6. 紹介特典
  7. 購入後の対応について

 

【知識1】バイクを購入するときの流れ

ぺけらいふ
レッドバロンでバイクを買うときの流れは3STEPだけ。

簡単ですよ!

STEP1 レッドバロン店舗でバイク選び

まずは最寄りのレッドバロン店舗に行ってみてください。

最初は、欲しいバイクのイメージがなくても大丈夫。

店舗に行って、店員さんにこう言うだけです。

ぺけらいふ
バイクに乗りたいんですが…

少なくとも僕が出会ったレッドバロンの店員さんは、皆さんバイクが好きなとてもいい人ばかり。

実際に展示してあるバイクを見たり、店員さんの話を聞いて、自分の好みのバイクがなんとなく見えてきたら儲けもん。

なんとなく車種が決まってきたら店員さんに伝えます。

すると、パソコンを使ってレッドバロンの在庫(他店舗含む)を調べて希望に合うバイクを探してくれます。

気に入ったバイクがあれば見積書を作成してもらいましょう。

 

ちなみに、見積もり時に「車体価格や車検・整備等の必須な費用」以外で金額に影響するオプション的な要素は、主に下記です。

  • バッテリー交換の有無
  • バイク盗難保険(盗難防止装置の購入が必須。盗難防止装置は、大型バイク用は¥20,000ほど)
  • オイルリザーブシステム
オイルリザーブシステムとは

簡単に言うと、定量のエンジンオイルを前払いで買っておくサービスです。
エンジンオイルは、半年もしくは3,000kmの走行を目途に交換が奨励されています。
バイクに乗る限りは交換し続けなければならない消耗品なので、「一括で安く買っておきませんか」というサービス。
オイルリザーブをしておくと全国のレッドバロンでリザーブした分のオイル交換が可能です。
安いので僕は利用しているサービスです。
※都度、工賃は別途かかります。
オイルリザーブについては下で詳しくご紹介します。

オプションについては事前にある程度、必要の有無を考えておいた方がスムーズに話が進みます。

以降、具体的な金額を踏まえて検討していく段階になります。

STEP2 実車の取り寄せ

真剣に購入することを検討する段階になったら実車を取り寄せます。(実車が他店舗にある場合)

中古バイクを購入する際は、必ず実車を見るべき。

契約書(仮)を記入して、実車が最寄りの店舗に届くのを待ちます。

僕の場合は1週間で実車が届いた旨の連絡を頂きました。

こうなると早く見たいので、直行です。

STEP3 バイク購入の契約

実車をきちんと確認し、気に入ったら契約。

このときに納車のスケジュールを決めます。

僕の場合は、大型二輪免許を取得中でしたので免許取得まで保管してもらいました。

バイクの免許がなくてもバイクは買える?

買えますよ!

「免許がないとバイクなんて買えない」

そう考えていてバイク屋に行くのをためらっていませんか?

そんなの全く気にしなくても大丈夫ですよ!

まさに今回の僕がそのケースでした。
(大型二輪免許を取得中に大型バイクを買いました)

乗るバイクが決まっていたほうが免許教習のモチベーションも上がりますよ。

免許取得後の感動をそのままに、すぐバイクに乗りだせるのも嬉しいメリットですね。

バイクの購入時には住民票が必要なので用意しておきましょう。

僕は契約した後に住民票を取得して、封筒で購入店舗に郵送しました。

 

【知識2】購入時の諸費用について

ぺけらいふ
バイクの購入時は車体価格以外にも車検や整備等、基本的に必要な諸費用が上乗せされるので注意が必要ですよ!

僕が購入した時の金額を記載しておきますね。
※現在は項目や金額が変わっている可能性がありますので、参考程度と思ってください。

車体の種類
XJR1300 ’98年式

最低限必要な項目
・登録手数料 ¥21,600
・納車点検料 ¥16,200
・自賠責保険料(25ヵ月) ¥14,010
・重量税・登録印紙代 ¥7,000

任意の項目
オプションのオイルリザーブ30L ¥12,000 

車体価格から最低でも6万円くらいは上乗せされることを頭に入れておいた方がいいかと思います。

ETCの付け替え
僕は今回、もともと乗っていたZRX400から今回購入したXJR1300へETCの付け替えをお願いしました。

取付料(セットアップ費も含む)はかかりますが、新しいETCを購入して取り付けるよりは安いです。

バイクを買い替える際には検討してみるのはいかがでしょうか。

  • ETCの取付費用 ¥16,200
    ※僕の場合の金額ですので、参考まで。取り付け方やETCの機種によって変わる可能性がありますので、事前にお店に確認をお願い致します。

 

【知識3】バイクを買い取りしてもらうときの流れ

ぺけらいふ
想像以上に簡単で時間もかからなかったので驚きました!

今回、ZRX400を買い取りしてもらいましたので、そのときの流れを簡単にお伝えします。

金額を提示してくれるまで30分程度でした。


STEP1 ACIDM(アシダム)で検査

実際に機械の上でバイクを走らせて、エンジン出力やブレーキ性能などを検査します。

STEP2 工場にて実車確認

車体に付いたキズの具合や消耗品の状態など、細かい項目を確認します。

STEP3 店員さんから買い取り金額の説明

買い取り金額の詳細・内訳をわかりやすく、丁寧に教えてくれます。


以上、この3STEPでした。

思ったよりも簡単ですぐに金額が出たので、バイクの買い取りを希望している方は気軽に利用してみてください。

 

また、バイクを買い取ってもらう際には複数社に査定してもらうことをおすすめします。

「少しでも高く買い取って欲しい」

「次の愛車への整備費を捻出したい」

そう思うのは当然のことだと思います、僕もそうでしたから。

なので、レッドバロンだけではなく、別のところ(僕はバイク王)でも査定してもらって大体の愛車の値段を把握しておくほうがいいと思います。

ちなみに、バイク王は無料出張買取もしてくれるので上手く利用してください。

参考サイト>>>バイクを売るならバイク王 (別ウィンドウで開きます)

また、“一括査定”という方法もあります。

たくさんの業者から一度に買い取り金額を聞けるのがメリットですが、その後に電話がかかってきたりと対応が煩わしい場合があるようです。(僕は利用していません)

とはいえ、多くの業者から買い取り金額を集められるのは高く売るために有効な方法だと思うので、「少しでも高く売りたい」という方は利用してみるのも手です。

 

【知識4】レッドバロンのサービスについて

ぺけらいふ
僕が気に入ったレッドバロンのサービスを4つご紹介します!

レッドバロンの任意保険

XJR1300を購入したタイミングで、僕は任意保険もレッドバロンで加入しました。
(保険会社は「あいおいニッセイ同和損害保険」です)

下取りに出したZRX400に乗っていた時は東京海上日動の任意保険に加入していたので、保険会社を変更する手続きをした形です。

保険会社を変更する手続きについて

今まで加入していた保険の解約手続きは本人が電話で行う必要があります。
※途中で保険会社を変更しても、等級は引き継げます。
保険料を前払いしていて差額が発生した場合は、その分の保険料の返金があるはずなので解約手続きの際に保険会社に確認してくださいね。
ただし、解約日からある程度(僕の場合は1週間でした)の期間が過ぎると等級が消えてしまいます。
僕は、解約日と新しい保険の契約日が一致するように調整しました。
(ここは重要なのでレッドバロンの店員さんや保険会社の人の指示に従ってください)

なぜ僕が、わざわざ保険会社を変更してまでレッドバロンで任意保険に加入したかというと・・・

次でご紹介する「ゴールドカード」がもらえるからです。

保険会社を変更しても「保険料」や「補償内容」にほとんど違いはありませんでした。

だからこそ、純粋にレッドバロンのサービスが追加されることがとても魅力的(お得)に思えたんです。

ゴールドカード

レッドバロンのゴールドカードとは

  • レッドバロンでバイクを購入して、さらにレッドバロンでオートバイ保険に入るともらえます
  • バイクが故障した際、最寄りのレッドバロンまで距離無制限で引き上げ無料
  • 自宅からツーリング先まで365日・24時間サポート
  • 事故・バイクの故障でツーリング先から自力で帰れなくなったとき、出先での宿泊費や帰宅費用、修理完了後のバイク運送・引き取り費用を補償。

中古バイクで遠くまでツーリングに行くときの不安をかなり取り除いてくれるサービスです。

正直なところ、通販型保険の方が安いのは重々承知ですが、僕は上記の安心をお金で買うことにしました。

通販型保険にすれば保険料はかなり安くなる!

僕の場合、車の保険を通販型(イーデザイン損保)にしたら年間3万円ほど安くなりました。
バイクはこのゴールドカードが魅力的だったので、通販型にはしなかったという経緯があります。
「とにかく任意保険の料金を安くしたい!」という方でしたら、通販型の保険を検討してみる価値は十分にあると思います。
僕はインズウェブというサイトで保険料と補償内容を一括で比較して、「イーデザイン損保」に決めました。
1年間利用してみて通販型保険でも全く問題がなかったので、先月に更新の手続きをしたところです。
>>>保険の窓口インズウェブ

ゴールドカードが欲しかった理由はひとつ。

気軽に、行きたい場所へ、どんどん行きたいから。
(というか、今年は北海道まで行きたい!)

このゴールドカード、今のところ精神面で大きな恩恵を受けているのは事実です。

中古バイクにありがちな不安を感じずに遠出ができるので、年中走り回っている僕には合っているサービスだなあと感じています。

もちろん無事に家に帰ることが一番なので、ゴールドカードがあるからといって普段のメンテナンスに手を抜くわけではありません。

 

2018年5月20日 追記
2017年9月に、このXJR1300で北海道ツーリングに行ってきました。
実は、北海道ツーリングの途中でオイルランプが点灯するアクシデントが起きました。
ゴールドカードのおかげですぐにレッカーを手配し、大事に至りませんでした。
しかも、レッカー代の約4万円が無料(ゴールドカードの特約のため)。
北海道ツーリングは問題なく続行できた上に料金がかからなかったので、レッドバロンで任意保険に加入していてよかったなあと本気で感じた出来事でした。

北海道ツーリングの記事>>>ほくつーらいふ。~北海道ツーリング講座~

オイルリザーブシステム

30L 12,000円で「elf MOTO 4 RS」オイルが前払いで買えます。

正直、めっちゃ安いです、400円/Lなので。

このグレードのオイルを通常で買うと大体1,200円/Lはします。

ただし、交換には別途740円の工賃がかかりますのでご注意を。

僕は、「プロの目でバイクを見てもらえるいい機会かなあ」と思っていることもあって、このオイルリザーブシステムを利用してます。

ZRX400に乗ってた頃は自分でやってましたが、廃オイルの処理もめんどくさいので今後はレッドバロンに任せることにしました。

自分でオイルを選びたい人や自分でオイル交換をしたい人にはメリットはあまりないと思われますので、このサービスは好みで選んでいいと思います。

窒素充填・チェーン給油無料サービス

窒素がどれだけ効果があるのかはわかりませんが、気軽に空気調整ができる場所があるのは嬉しいですね。

 

【知識5】バイクの在庫数について

ぺけらいふ
レッドバロンのバイク在庫は、かなり多いなあという印象でした!

僕がバイク購入の際に候補として考えていた車種はこんな感じ。

  • CB1000 BIG1
  • CB1300初期型
  • CB750
  • XJR1200
  • XJR1300初期型

大体どれも20年落ちくらいで価格が落ち着いたものを探してもらいましたが、想像以上に在庫があって選び放題

結果、走行距離も短くて状態もかなり良いXJR1300を手に入れることができました。

気になったバイクはとことん探してもらうと後で後悔しませんよ。

 

【知識6】レッドバロンの紹介特典

ぺけらいふ
周りにレッドバロンでバイクを購入した人がいるなら、声をかけてあげるとお互いにとっていいかもしれませんよ!

紹介者の特典

下記から1つ選べる特典チケット

  • ACIDM診断無料
  • ミニレプリカプレゼント
  • 2年(1年)点検または車検時の定期点検無料
  • ツーリング施設共有利用券5,000円分
  • ROM商品券 5,000円分
  • 50kmロードサービス
  • 期間限定特典(内容はスタッフにお問い合わせください)

被紹介者の特典

  • 6ヶ月点検無料券

僕は、紹介してもらった側なので、特典は6ヶ月点検無料券でした。

店員さんに聞いたところ、「オイルリザーブシステムのオイル交換工賃も無料になる」とのこと。

ありがたいですね。

スポンサーリンク

 

【知識7】購入後の対応について

ぺけらいふ
僕のバイクの場合、「1ヶ月または1,000㎞のうち早く到達した方まで」の保証でした!

保証期間中にクラッチレリーズのゴム部品の劣化でクラッチオイルが滲んでいる現象が出たので、購入店に見てもらいました。

結果、部品・工賃含めて約1万円分を保証の範囲内として無償で直してもらえたので満足しています。

 

まとめ

XJR1300

僕は満足しているので、レッドバロンはおすすめできるという結論です。

僕の経験で言える限りでは、レッドバロンでバイクを購入するという選択肢は十分ありです。

納得のいく形でバイクを購入して、思いっきりバイクライフを楽しみましょう!

 

■どのバイクを選べばいいかお困りなら・・・
排気量によるバイクの違いを徹底比較!250・400・1300㏄に乗ったからわかった!

■ツーリングのコツなら・・・
知っておくと便利なバイクツーリングのコツ5選!

■バイクでキャンプを検討中なら・・・
ソロでも行くべき!キャンプツーリングがおすすめな理由3つ

 

こちらの記事も読まれています