人間が作ったもので一番素晴らしいのはミュージックで、もっとも酷いのは、渋滞だ。

引用元:伊坂幸太郎「死神の精度」より

伊坂幸太郎の死神の精度という小説に出てくる死神の台詞です。

これには素直に共感しました。

正確には一番素晴らしいものには「バイク」も入っていると僕は思うのですが、まあそんなことはどうでもいいです。

重要なのは、「渋滞」が人間とは別次元の死神から見ても最悪な現象だということ。

では、あなたは渋滞を回避しようとしていますか?

僕は常に回避したいと考え続けています、完全に時間の無駄なので。

  • 渋滞を回避するにはどうすればいいか?
  • 渋滞にはまったらどうすればいいか?

僕が日頃のバイクツーリングで実践していることをもとにおすすめの方法をお教えします。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

効果絶大な唯一の渋滞回避方法

渋滞を回避する唯一の方法、それは早起きをすること(みんなと時間をずらすこと)です。

「なんだ、当たり前のことかよ。」と思われるかもしれませんが、意外と実践している人って少ないはずです。

なぜなら、僕自身が早朝に出発して、渋滞なく快適に移動できるという恩恵を実際に受けているから。

みんなが渋滞を避けて早朝に移動を開始していたら、僕は朝起きの恩恵を受けられないはずです。

まさに「早起きは三文以上の徳」状態。

具体的な例でご説明します。

東京湾アクアラインを通って、東京から千葉を往復するとします。

Aは、7:00頃にアクアラインを通って千葉に渡り、14:00頃にはアクアラインを通って東京に戻ってくる、いつもの僕のツーリングパターン。

Bは、10:00頃にアクアラインを通って千葉に渡り、17:00頃にアクアラインを通って東京に戻ってくる、多くの方のパターン。

赤い部分が特にアクアラインで混雑すると思われる時間帯です。

重要なのは「AもBも行動時間は両方とも7時間ということ」と、「AとBの違いはただ出発が3時間ずれているだけということ」です。

もうお分かりかと思います。

 

Bのパターンは、大多数を行動パターンが同じことによって行きの道ですでに渋滞にはまっています。

ここで最も不幸なことは、行きの時点で渋滞にはまると帰るタイミングも大多数と被る可能性が高くなり、帰りの道でも渋滞にはまってしまう可能性が高いこと。

これだけで1時間以上は渋滞に費やすことになります。

渋滞は疲労を生みますので、せっかくの休日を渋滞に費やすなんてナンセンス。

また、大多数と行動パターンが一緒であることによって目的地でも混雑する可能性が高くなります。

つまり、移動時間を含めた行動時間を7時間とすれば、目的地で楽しむことができる時間が短縮されてしまうということ。

もちろん渋滞中に音楽や会話で楽しめばその時間は楽しいかもしれませんし、目的地が混雑しているから楽しくないというわけではありませんが、渋滞がない状態の方が基本的にはベストなはずです。

 

一方でAのパターン僕は、アクアラインでは渋滞なくスムーズに通過しているので、渋滞に無駄な時間を使っていません。

その分だけ目的地でゆったりと時間を使えます。

渋滞に費やす時間は無駄

僕たちとビル・ゲイツさんを比べたときに、例えば資産では到底太刀打ちできないでしょう。

ただし、1日が24時間しかないということは一緒です。

つまり、時間だけは僕らもビル・ゲイツさんと同じなんですよ。

貴重だと思いませんか?

そこに気付いていない人が、多いのではないでしょうか。

時間は貴重です。

平気で寝坊したり、ゆっくり準備していませんか?

 

A、Bパターンのどちらが、時間を上手く使える可能性が高いか?

僕は、Aだと思います。

渋滞を回避できたことで確保できた時間には非常に意味があります。

ゆっくり朝食をとってもいいですし、寄り道をしてもいいです、目的に早く着けば混雑を避けることもできるでしょう。

 

余談ですが、僕はこの方法で、ひたちなか海浜公園のネモフィラを満開時期に見ました。

満開時期は通常より早く開園していることをご存知ですか?

これを活用しない手はありません。

通常、ネモフィラが満開時のひたちなか海浜公園の周辺は有名な混雑スポットです。

しかし、早朝に行動した僕は全く渋滞せずに駐車場に車を止めて、入場できました。

 

さあ、あなたは次の休日、AとBのどのパターンで出掛けますか?

スポンサーリンク

渋滞にはまってしまったら

早起きをしたら、常に渋滞とは無縁かといえば残念ながら場所や状況に左右されますので、必ずとは言えません。

では、渋滞にはまったらどうすればよいか。

僕は、仕方がないのでその時間を楽しむ努力をすることにしています。

歌を歌ってみたり、ブログの内容を考えたり…

「出来事 + あなたの対応 = もたらされる結果」

引用元:マーシー・シャイモス[著] 茂木健一郎[訳]「「脳にいいこと」だけをやりなさい!」

自分の身に何が起こるかではなく、それにどう反応するかが重要なのだ。

引用元:スティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」(第一の習慣より)

これらの本にヒントをもらいました。

同じ状況でも、自分の対応次第で、不愉快にも愉快にもなるということ。

渋滞でもいらいらして時間を無駄にせず、なにか有意義で楽しむ方法を考えることをおすすめします。

まとめ

時間は貴重です。

貴重な時間を奪う渋滞は、本当に避けたい。

特に休日は、常に楽しい時間にしたいんです。

この記事が、渋滞回避方法、時間の大切さについて考えるきっかけになれば幸いです。

 

僕が渋滞(混雑)回避の為に早朝出発をして、実際にどのような恩恵を受けているかは下の記事で紹介しています。

ちなみに、文中に登場した、伊坂幸太郎の「死神の精度」、「「脳にいいこと」だけをやりなさい!」、「7つの習慣」は僕おすすめの作品ですので、気になった方は是非読んでみてください。

スポンサーリンク