鎌倉に行くなら早朝がおすすめ!カフェで優雅にモーニングを食べる旅が最高

スポンサーリンク

突然ですが、あなたは「鎌倉」にどんなイメージを持っていますか?

観光スポットがたくさんあって、歴史感あふれる独特な雰囲気があって…多くの方は「ガイドブックに載っている鎌倉」をイメージするのではないでしょうか。

正直、僕もそうでした。

ただ、そのイメージだけで鎌倉を理解すると損をするかもしれません。

なぜか?

「早朝の鎌倉」に行ってみたんです。

普段の鎌倉との圧倒的な差に驚きました。

今の僕は自信を持って言い切れます、「鎌倉の朝は最高です」と。

スポンサーリンク

早朝の鎌倉には魅力が満載

びっくりするほど人が少ない

鶴岡八幡宮

言うまでもないと思いますが、嘘みたいに人がいない。

朝の6時半頃(土曜日)に鎌倉入りしたのですが、あの有名な鶴岡八幡宮がほぼ貸し切り状態(上の写真参照)でした。

過去、日中にここを訪れたときは人が多すぎてのんびりできなかったことを思い出します。

同じ場所とは思えない程、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

僕がやったことと言えば、少し早起きをしただけ。

費用対効果は抜群だと感じます。

長谷寺あじさいで有名な長谷寺の前にも誰もいない。
※8時から開くので中には入れませんでしたが。

この「鎌倉全体が貸し切りな感覚」は、とてもお得感がありますよ。

観光地の鎌倉で写真が撮り放題

極楽寺

 

人が多い観光地のデメリットのひとつは、写真が撮りづらいところだと思うんです。

写真に他人が入ったり、そもそも人が多くて写真を撮るために立ち止まることすらできなかったり。

その点、早朝の鎌倉は観光地にも関わらず、人がいない。

人がいないと何ができるか?

好きな場所で好きなだけ写真が撮り放題なんです。

上の写真のように江ノ電の駅と愛車の2ショットとかも撮れちゃいます。

SNS用の写真とか、満足いくまで撮り放題。

インスタ映えも間違いなし!

「いいね!」ってなります。

何度でも言いますよ、これ、人がワサワサいる休日日中の鎌倉では難しいことです。

早朝鎌倉の夏は涼しい

ぺけじぇい
早朝の鎌倉は避暑地並みの快適さでしたよ!

僕が実際に早朝の鎌倉に訪れたのは7月下旬。

日中は少し歩いただけで汗が吹き出る暑さです。

その点、早朝の鎌倉の気温は快適でした、いやほんと。

どうせなら、真夏の旅も快適にしたいと思いませんか?

簡単ですよ。

早起きするだけでそれが叶います。

スポンサーリンク

鎌倉でモーニングがおすすめ!

せっかく早起きしたので、朝ごはんを食べたいわけです。

実は僕、「モーニング」って言ったこともなければ、意識してやったこともなかったんですけど最高ですね。

雰囲気の良いカフェでテラス席に座り、心地よい風に当たりながら、ゆっくりくつろげました。

写真の通り、自分の愛車を眺めながらです。

何より、外で食べる朝食とコーヒーが美味い。

テラス席でも朝の鎌倉は全然暑くないので、ほんと最高の時間でしたよ。

他のお客さんも近所の常連さんが多いようで、世間が知っている観光地とは違う雰囲気の「鎌倉」に触れることができます

この感覚が旅っぽくて、僕は大好きです。

鎌倉で朝早くから開店しているカフェはいくつかありますので、是非ゆっくりモーニングを楽しんでみてください。

※僕は「ZELKOVA」というカフェによく行くようになりました。800円ほどでパンとベーコン、スクランブルエッグといった朝食とコーヒーが頂けます。

有意義な時間になりますよ。

まとめ

いかがでしょうか。

僕は、鎌倉のイメージが一変しました。

 

今回は鎌倉にスポットを当てましたが、「早朝の旅」は非常に魅力的です。

通常の旅は、旅先で「お昼ごはん」を食べることが多いと思うんですが、それを旅先で「朝ごはん」を食べることにするんですよ。

そうすることで、全体的に早めのタイムスケジュールになるので時間に余裕が生まれます。

寄り道ができる余裕って、旅には欠かせないものだと僕は考えています。

あと、上述しましたが夏の朝は日中に比べて圧倒的に涼しいです。

この恩恵は非常に大きい。

特にバイクでのツーリングだと、夏はバイクのエンジンが熱くて地獄ですよね。

早朝ツーリングは、それがかなり緩和されます。

お互い、少しでも有意義に過ごして、楽しみましょう!

スポンサーリンク