【漢のバイク】カワサキZRX400の魅力を徹底解説!

スポンサーリンク

ZRX400、カワサキのネイキッドバイク

結果から言いますね、このバイクはホント良いバイクです

スペック等の情報は少し調べれば、詳しく説明しているサイトがあるので割愛します。

この記事では、実際に4年間、距離にして約25,000kmをZRX400で走り回った、僕の経験を基にこのバイクの魅力をご紹介します。

ZRX400に興味のある方の参考になれば幸いです。

ちなみに、僕のZRXは’94年製でした。

20年落ちの中古で購入しましたが、4年間ノントラブルで元気に走っていましたよ。

スポンサーリンク

カワサキZRX400の魅力4つ!

1.ZRX400は見た目がものすごくカッコいい

カワサキZRX400とキャンプ道具

ビキニカウルが好みではない僕が乗っていたZRX400は、ZRX400-Ⅱの様な丸目のタイプでした。

僕自身カスタムには興味がないため、中古で購入した時点でそのようにカスタムされていました。

初めてカスタムは悪くないなと思った記憶があります。

さて、それも含めたこのZRX400の見た目。

大型も含めた全てのバイク中、5本の指に入るカッコ良さだと思うんですよ、あくまで僕の意見ですが。

絶妙に角ばったデザイン、跳ね上がりすぎないオールドな感じのテール、さらにタンクの形状がカッコいい。

カワサキらしいバイクです。

そして、400㏄のバイクにしてはデカいというところ。

乗っていて「これ、大型バイク?」とか「ナナハン(750㏄)?」ってよくおじさんに聞かれました。

デザインといい、大きさといい、所有感がある400㏄です。

車体は重たいですが、その恩恵として走行中の安定感は抜群でした。

2.ZRX400はアクセルを回すのが楽しい

カワサキZRX400と富士山

エンジンは5,000回転を超えたあたりから明らかに排気音が変わって、加速が良くなります。

この一連の加速が何とも言えないくらい楽しい。

以前は250㏄に乗っていたのですが、全く次元の違う楽しさでした。

今は1300㏄に乗っていますが、アクセルを回す楽しみは間違いなくZRX400の方があります。

大型バイクはパワーがありすぎてすぐに法定速度に達してしまうんですよ。

なので、アクセルを開ける楽しみの時間が短い。

その一方でZRX400は、ある程度アクセルを開けて楽しめるバイクだということ。

そして、5,000回転あたりからのターボが効いたような急加速、この一定ではない加速の感覚が病みつきになること間違いなし。

関連記事>>>排気量によるバイクの違いを徹底比較!250・400・1300㏄に乗ったからわかった!

3.ZRX400は心地よい操作性が魅力

カワサキZRX400と田んぼ

エンジンがかかってなければ400㏄にしては重いですが、乗ってしまえば軽い操作性です。

倒して曲がりやすいので、峠も思う存分楽しめますよ。

多少の重量感が逆に安定感につながり、操作性の向上に一役買っている感じです。

4.ZRX400はシート下の収納スペースが広い

カワサキZRX400とオオイヌノフグリ

意外と重宝するポイントです。

カッパ、ツーリングネット、ECT本体、車載工具、タオル1枚さらに車検証一式が楽々入ります。

極力身の回りの荷物を少なくして、ツーリングに行けるメリットは大きい。

スポンサーリンク

ZRX400のデメリットは?

カワサキZRX400

デカくて重い

所有感につながるので魅力な面でもありますが、400㏄にしてはデカい車体なので当然その分だけ重いです。

180㎝で60㎏の僕の体感でお話しします。

XJR1300の方がZRX400よりも乾燥重量で30㎏程重いのですが、正直なところ取り回しの体感はほとんど変わりませんでした。

ZRX400の方が重心が下にあるので、XJR1300より取り回しが少しやりづらい印象です。

大型バイクの教習でNC700にも乗りましたが、ZRX400の方が重かったですね。

つまり、大型バイクと取り回しの感覚はあまり変わりません。

といっても、慣れれば特に問題にはならないはずです。

ZRX400は、女性でも乗っている人いますしね。

エンジンが熱い

水冷エンジンなんですが、結構な熱量を発します。

夏の渋滞はそれなりにつらいものがあります。

燃費が悪い

僕のZRX400が特に悪かったのかもしれませんが、燃費は14~15km/Lでした。

ちなみにあまりエンジンを回してない(4,000~5,000回転くらい)状態でこれくらいです。

XJR1300が16~17km/Lなので驚きました。

排気量が3倍なのに燃費が変わらないというか、負けてます。

まとめ

総じて、ZRX400は良いバイクです。

これは紛れもない事実。

僕もXJR1300にステップアップする際は相当悩みました。

登録を解除しても、ずっと手元に置いておこうかと真剣に考えたくらいです。

もし購入をお悩みの方がいたら是非乗ってみてください。

最近は、ゼファー400と同じくZRX400も価格が高騰してきてるんです。

当時中古で車体価格28万で購入しましたが、そこから4年が経過し約25,000kmも走ったのに、買い取ってもらった店頭で29万の値札が付いてました。

悩んでいる間に値上がりする可能性があるので、今が買い時かもしれませんよ。

 

中古バイクは不安がありますか?

僕のZRX400は20年落ちの状態で購入しましたが、4年間元気に走ってくれましたよ。

1回走行中にクラッチワイヤーが切れたくらいで、後はノントラブルで25,000㎞を一緒に走りました。

購入時に状態をしっかり見極めて、きちんとメンテナンスをすれば、まだまだ走れるバイクです。

後悔のないように愛車を選んで、お互いバイクライフを楽しみましょう!

次の記事>>>必見!レッドバロンでバイクを購入するときに役立つ7つの知識

▲僕は今のバイク(XJR1300)をレッドバロンで購入しました。中古でバイクを購入しても安心できるサービスが満載です。

スポンサーリンク