不便でアナログだからこそ魅力的!バイクが最高だと思う瞬間7選!

スポンサーリンク
バイクは不便だから良い

バイクに乗り続けて10年、地球二週以上の距離をツーリングしてきました。

そんなバイク好きの僕があえて言いましょう。

  • バイクは不便です

ただ、付け加える言葉があります。

  • でも、不便なのが良い!

この記事では、その理由を詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

【バイクの不便①】屋根がない

バイクには屋根がない

見ての通り、バイクには屋根がありません。

雨の中をバイクで走ると全身がびしょ濡れです。

不便ですよね。

……でも、あなたは最近びしょ濡れになったことがありますか。

子供の頃はありました。でも、大人になってそんな機会がなくなったことに気がつくはずです。

何が言いたいかと言うと、

  • 童心を忘れてないですか?

とね、僕は言いたいわけですよ。

バイクならそんな子供の心をいとも簡単に取り戻せます。

雨の中をびしょ濡れのままバイクで走ると、とても気持ちいいのです。

もうどうでもよくなってくるので、嫌なこと、悩みごとが洗い流されてスッキリしますよ。

▼「バイクに乗ると若返る」という話▼

バイクの魅力としての若返りについて

バイクの魅力とは?10年以上乗り続けて見つけた一つの答え

【バイクの不便②】エアコンがない

バイクにはエアコンがない

バイクにはエアコンがありません。

快適な空間で移動できる車と比較すると、バイクに勝ち目はない。

……でも、空気を直に感じられます。

例えば、バイクで真夏の山道を走っていると急に空気が冷んやりとする瞬間に出会います。

「空気の境目」というやつですね。

これを肌で感じるのがすごく気持ちいい。

車しか乗らない人には一生感じられない感覚ですから、ちょっとした優越感が……ないですかね?(笑)

【バイクの不便③】エンジンが熱い

僕は、XJR1300という空冷エンジンのバイクに乗っていますが、足下のエンジンがとてつもなく熱いです。

……でも、エンジンの存在を強く感じられます。

信じられます?

足元の抱きかかえられるくらいの鉄の塊が、僕を何百キロも移動させてくれるわけですよ。

エンジンって素晴らしいですよね。考えた人は天才だと思います。

車だとボンネットの中に隠れているので、なかなかエンジンを意識することができません。

だから、バイクはいいです。(熱くてたまに火傷しますが……)

ちなみに、冬場はヒーターの役割をしてくれるので気持ちいいです。

【バイクの不便④】積載制限がある

バイクはたくさんの荷物が載らない

バイクにはあまり荷物が積めません。

……でも、制限下で試行錯誤するのがとても楽しい。

世の中の楽しいものには必ず制限(ルール)があります。例えば、サッカーは手を使ってはいけないルールの中で楽しむスポーツです。

バイクの積載も似たような側面があると僕は考えています。

配置や積み方を工夫したり、持ち物を取捨選択する作業をいつも楽しんでいます。

車だとこの楽しみは減りますね。

▼積み方のコツはこちら▼

バイクの積載例

誰でもすぐできる!バイクに荷物を“美しく”積載するために知っておくべきこと3つ

【バイクの不便⑤】安全な乗り物ではない

バイクは安全な乗り物ではない

バイクは安全ではありません。

・・・でも、上手に乗ればバイクの危険は最小限に抑えることができます

「上手に乗れば」というのは、

  • 危険な乗り物であることを認識する
  • 無茶な運転をしない
  • 車間距離を確保する
  • スピードを出しすぎない
  • 楽しく乗る

何年経ってもバイクは恐がりながら乗るくらいがちょうど良いです。

そうすれば、バイクを楽しめるだけではなく、安全運転の技術も上がります。

バイクだけでなく車の運転にも役立つ技術ですよね。

そのおかげか、バイクも車も運転しますが、いまだに僕は無事故無違反です。

▼バイクを安全に乗る方法はこちら▼

バイクは無条件に危険ではない

バイクは危険な乗り物ではない!安全に運転する為のたった3つの心掛け

【バイクの不便⑥】支えがないと自立しない

極楽寺駅の前でバイクを撮影

バイクは、人かスタンドが支えないと倒れます。

倒れたら起こすのもひと苦労ですね。

何百kgもあって、100km/hとかで走れるのに、自分で立てないなんて……

その不安定さが良い。

子育てでは、しばしば「手がかかる子ほど可愛い」と言われますね。

まさにそれです。

【バイクの不便⑦】エンジンが始動しないかも……という緊張感

ネイキッドバイクのエンジン部分

バイクの始動時は毎回「エンジンがかからなかったらどうしよう……」を思いながらセルを回してます。

だからこそ、エンジンがかかったときの喜びもひとしお。

今日もバイクに乗れる幸せを噛み締めることができます。

僕が今まで乗ってきたのが全て古いバイクだったのも関係ありますが、そんな不安定さもバイクの魅力です。

▼エンジンがかからない時に備えてJAF会員です▼

JAF会員の魅力

年会費は実質無料!僕がJAF会員を10年以上続けている理由を徹底解説!

スポンサーリンク

まとめ

バイクの不便さはまだまだありますが、そんな部分もあえて楽しめるのがバイクだと思っています。

だって、便利がいいなら車に乗ればいいんだから。

10年前に比べても世の中はとても便利になりましたね。

だからこそ、ちょっとした不便を楽しめる余裕は大切にするべきだと思っています。

▼バイクはこれから盛り上がると思っている理由▼

バイク旅(北海道)

僕が「バイク人口の減少」を楽観視している理由!バイクはこれからアツくなる!

もっと情報が知りたいあなたへ……

KindleUnlimited

バイク雑誌などたくさんの情報源をお得に読める方法があります。

例えば、BikeJINを書店で買うと1冊で1,000円くらいしますよね。

他の雑誌も読みたいけど月の予算には限りがあるし……とお悩みの方に朗報です。

僕も愛用しているAmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら月額980円で様々な雑誌(電子書籍)が読み放題です!

BikeJINはもちろん、バイク、カメラ、キャンプ、ガジェットなど旅好きには堪らないジャンルの雑誌が豊富に揃っていますよ。

最初の30日間は無料でお試しできるので、ご興味があるかたはぜひ一度この素敵な世界を体験してみてくださいね。

\途中で解約しても30日間無料で利用できます!/

Kindle Unlimited
無料体験はこちら

【参考】詳しいレビューを見る
【参考】Kindle Unlimitedを利用して家でバイク趣味を楽しむ方法

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。