不便でアナログだからこそ魅力的!バイクが最高だと思う瞬間7選!

スポンサーリンク

「バイクは不便だ」

バイクに乗り続けて7年以上、走行距離にして5万キロ以上。

寝ても覚めてもバイクの事を考えている、バイクが大好きな僕があえて言います。

「バイクは不便だ」

・・・でも、そこがいい!

僕に言わせるとバイクの不便さ(デメリット)って、逆にメリットなんですよね。

「バイクは屋根もなければエアコンもないし危ないし、なんか不便で良いイメージがない」

バイクの表面的な部分だけを見てそんなことを思っている方に向けて、僕はこの記事を書いています。

そんな理由で、バイクに乗らないのはもったいない!

 

スポンサーリンク

不便だからこそバイクが最高だと思う瞬間7選

1.バイクには屋根がない、でも子供の心を取り戻せる

バイクには屋根がない

バイクには屋根がない。

雨の中バイクで走ったら全身がもうビショビショです。

嫌ですよね、僕もどちらかと言えば濡れたくない。

・・・でも最近、あなたは全身がビショビショになったことはありますか?

子供の頃は少なからずあったと思うんですよね、傘もささずに雨の中を走り回ったり。

でも、大人になるにつれてそんな機会はなくなってくるんじゃないかと。

つまり、「忘れてないですか、子供の心を・・・」とね、僕は言いたいわけですよ。

 

バイクに乗ればそんな子供の心を取り戻せるかもしれません。

雨粒の中をバイクに乗って時速数十キロで移動するのは、何にも代えがたい爽快感ですよ。

嫌なこと、悩みごとなんて簡単に吹き飛んでいくくらいの効果はあります。
※ぺけらいふ調べ

風邪をひくので、濡れて帰宅したらすぐにお風呂に入ってくださいね。

 

2.バイクにはエアコンがない、でもそれがいい

バイクにはエアコンがない

バイクにはエアコンがありません。

快適な温度で移動できるエアコン付きの車と比較すると、その点ではバイクに勝ち目はない。

でも・・・空気を直に感じられる

 

例えば、バイクで真夏の山道を走ってみてほしい。

急に空気がひんやりと・・・いやキリッとする瞬間に出会うことができます。

そんな「空気の境目」を感じるとすごく気持ちいい。

ちょっとした異世界に突入したような感覚、バイクに乗っているとき以外では感じたことのない感覚です。

空気を直に感じられるバイクの特権。

窓を閉め切ってエアコンなんか使っていると無縁の感覚です。

 

3.エンジンが熱いからこそ感じるものがある

バイクの足下のエンジンがめっちゃ熱い

僕は今、XJR1300という空冷エンジンのバイクに乗っていますが、足下のエンジンがめちゃくちゃ熱いです。

関連記事>>>【最高の大排気量空冷バイク】ヤマハXJR1300の魅力を徹底解説!

夏の渋滞なんてほんとサウナ状態。

・・・でも、熱いからこそエンジンの存在を感じられるんです。

偉大な内部燃焼機関を。

これはバイクの良さかなと。

車だとボンネットの中にエンジンが隠れてしまっているので、なかなかエンジンを意識することができないですからね。

ちなみに冬場は、逆にバイクのエンジンの熱がヒーターの役割をしてくれるので気持ちいいです。

 

4.バイクにはたくさんの荷物が載らない

バイクはたくさんの荷物が載らない

バイクに積める荷物の量なんてたかがしれてます。

車と比較なんてできないくらい。

・・・でも、そんな制限がある中で工夫しながら載せていくのがこの上なく楽しい

僕のXJR1300には、北海道を1週間程キャンプをしながら放浪するくらいの荷物なら余裕で載ります。

初めて乗った250㏄のバイク(GB250クラブマン)でもそれくらいの荷物は載りました。

頭を使って配置や積み方を考えたり、苦渋の選択の末に持ち物を決める作業。

これは積載量の制限が厳しいバイクならではの楽しさだと思ってます。

バイクに上手く積載できた時は嬉しいですよ。

経験がモノを言う側面があるので、荷物の積み方にはバイク歴の長さがにじみ出るのも面白いところです。

 

5.バイクは安全な乗り物ではない

バイクは安全な乗り物ではない

バイクは安全ではない。

これは紛れもない事実。

高速道路とか時速100㎞で移動するわけですよ、生身の人間がむき出しの状態で。

安全なわけがない。

・・・でも、上手に乗ればバイクは危険は減らすことができて、さらに(バイクは)無限の楽しさを提供してくれる乗り物です。

この「上手に乗れば」というのは、危険な乗り物であることをしっかり認識して、無茶な運転をしないこと。

車間距離を確保して、のんびりと、なにより楽しく乗ること。

何年経ってもバイクは恐がりながら乗るくらいが丁度良いです。

 

そうやって上手に乗れば、バイクの楽しい側面だけを引き出すことができると、僕は本気で考えています。

 

6.支えがないとバイクは自立しない

極楽寺駅の前でバイクを撮影

基本的にバイクはタイヤが2個しかないので、人が支えるかスタンドがないと倒れます。

倒れたら重いので、起こすのにひと苦労。

・・・でも、そのバイクの不安定さがなんか可愛くないですか。

「手がかかる子ほど可愛い」っていうやつですね、まさに。

 

7.エンジンが始動しないかも・・・という緊張感

ネイキッドバイクのエンジン部分

バイクの始動時は毎回「エンジンがかからなかったらどうしよう・・・」を思いながらセルを回してます。

・・・でも、だからこそエンジンがかかったときの喜びもひとしお。

今日もバイクに乗れる幸せを噛み締めることができるわけです。

僕が今まで乗ってきたバイクが古い中古車だったことも関係あるとは思いますが、そんな不安定さもバイクの魅力だと思っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

僕個人の好みで言うとバイクの不便さ(魅力)はまだまだありますが、そんな不便やアナログな部分をあえて楽しめるのがバイクです。

だって、便利がいいなら車に乗ればいいんだから。

「バイクは屋根もなければエアコンもないし危ないし、なんか不便で良いイメージがない」

バイクの表面的な部分だけを見てそんなことを思っている方へ。

そんな理由で、バイクに乗らないのはもったいないですよ!

次の記事>>>排気量によるバイクの違いを徹底比較!250・400・1300㏄に乗ったからわかった!

 

こちらの記事も読まれています