僕が「バイク人口の減少」を楽観視している理由!バイクはこれからアツくなる!

スポンサーリンク
バイク旅の写真(北海道)

「バイク人口が減少」

「若者のバイク離れが深刻」

そんな現状は、バイク乗りにとって望ましい状況ではないかもしれません。

ただ、僕はそんなニュースを見ても揺るがない、ひとつの考えがあります。

それは、「“バイクに乗って旅をする”ことの価値は上がっていく」ということ。

僕(20代バイク乗り)だけの楽観的な考えかもしれませんが、もし共感いただけたら、今後バイクに乗ることがもっと楽しくなるはずです。

注意
僕が思ったことをそのまま書いているので、なんの保証もありません。
ただ・・・
「そんなことを考えているやつがいるのか」
「こうやって考えると、今後もバイクに乗りたくなるな、楽しみが増えるな」
という観点で読んで頂ければ幸いです。
スポンサーリンク

“モノ”より“コト”に価値を感じる時代

先日、僕はこのようなツイートをしたのですが・・・

このツイートには、1,447いいね、383リツイート(2018/7/4 21:30現在)という反応をいただけました。

コメントや引用リツイートも多数で、いずれも「共感した」という内容。

つまり、「“モノ”より“コト”に価値を感じている方が多くいらっしゃる」ということがわかったんです。

ツイートの例にすると、「モノ = バイクそのもの」よりも「コト = バイクで旅する価値(経験)」に該当します。

そして僕は、この傾向が最近、強くなってきている気がしています。

 

お金に変換される前の「価値」が重要な時代

今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に変換される前の「価値」を中心とした世界に変わっていくことが予想できます。

引用元:「お金2.0」佐藤航陽

補足
少々バイクとは離れた話題になります。なぜ僕が「“バイクに乗って旅をする”ことの価値は上がっていく」と考えているかをご理解いただくにあたって重要なお話ですので、少々おつきあいください。

これまでは、物質的なモノから幸せを得る時代だったと思うんです。

ひと昔前は「若者のクルマ(バイク)離れ」なんて言葉はなく、パソコンや携帯電話、DVD、iPodといったものが次々と登場していく時代。

「そんなん欲しいに決まってるし」

「モノを買うためにはお金がいるし」

という流れが主流だったのではないでしょうか。

「それが悪い」、と言いたいわけではありません。

「そのときと比べると、今って明らかに変わってきてるよね」、という“変化”や“時代の流れ”に注目したいのです。

 

じゃあ、今ってどうなのか?

僕も含めて、生まれたときからある程度のモノが揃っていた世代は、あまりモノに執着がないと言われます。

僕自身、その意見には納得です。

ただ、僕の世代に限らず、“モノに執着しない人が増えてきている”ように思います。

「クルマ(バイク)離れ」と言われるのもそうですし、最近では「ミニマリスト」(モノをあまり所有せずに生活するスタイル)がメディアで取り上げられるのも、その実例だと言えます。

「ミニマリスト」は極端な例だとしても、最近「断捨離」をしてモノを減らした方も多いのではないでしょうか?

つまり、「物質的なモノから幸せを得られる時代は終わりつつある」と思うのです。

 

じゃあ、今後どうなっていくか。

先ほど、僕のツイートを例に出したように、「“モノ”ではなく“コト”が重要になってくる」のではないかと。

“コト”って具体的になんなのかというと・・・

僕は、“(共感などの)感情”、“信用”、“経験”だと思っています。

 

僕は学者や評論家ではないので、実際に体験していることを例に話を進めていきますね。

これは、最近のSNSで考えるとわかりやすいと思うんです。

いま流行りのInstagram(インスタグラム)ですが、「インスタ映え」という言葉が2017年の流行語大賞に選ばれました。

「インスタ映え」とはインスタグラムに写真をアップロードしたときに映える(目立つ)という意味ですが・・・

とどのつまり、みんなに“共感(感情)”して欲しいんですよ。

SNS上で、たくさん『いいね』が欲しいわけです。

これって僕がさっきお話しした、「物質的なモノから幸せを得られる時代は終わりつつある」、「“感情”、“信用”、“経験”が重要になる」ということの好例ですよね。

 

もっと言うと、『いいね』がたくさんもらえる人間には、フォロワーという形で“信用”が貯まります。

この時点でその人にはそれ相応の“経験”が伴っているはずです。

なんの経験もない普通の人間に『いいね』もフォロワーも付くはずがないからです。

例えば、そんな信用のある人が「個展を開催したいから支援して!」とSNSで発信すると、「あの人が個展をするなら、ちょっと(100円とか1,000円とか)支援してみよう」という人が出てきます。

一種のファンクラブみたいなものだと考えればわかりやすいかもしれません。

その方法として有名なのが「クラウドファンディング」ですね。

もちろん、“信用”が蓄積されていない「その辺にいるただのおじさん」が同じことをしても、支援なんてしてもらえるはずがないということは、容易に想像できます。

“共感”や“信用”がお金に変わる仕組みがすでにできあがっているんです。

 

これは、SNSを切り口にしたほんの一例。

このような例を目の当たりにして、今後、“感情”、“信用”、“経験”が「価値」として重要なポジションについてくると考えるのは、不自然なことではないと思うんです。

これってある意味、「お金より安定している」と言えなくもない。

経験から得たことって奪われないですし、使ってもなくならないですから。

もはや、「価値」を保持する方法が、“お金”である必要がないってこと、そういう時代がきているってことです。

スポンサーリンク

 

新しい“経験”をするなら「旅」が簡単

アウトライダーに掲載された写真

少し話が長くなってしまいましたが、僕の言いたいことは「これからはモノじゃなくて、”感情”、“信用”、“経験”のようなコト(感情、信用、経験)が重要になるぞ!」ということ。

で、“感情”や“信用”ってイメージが湧きづらいですよね。

でも、“経験”だと取っ付きやすいと思いませんか?

ちなみにこんなデータがあります。

世界各国で世論調査を行っているギャラップによると「年収が2万5000ドル以上の人は、モノを買うよりも“経験”したほうが、幸福度が2~3倍も高くなる」というデータがあります

引用元:「幸福の習慣」トム・ラス、ジム・ハーター著 森川里美訳

 

さて、新しい経験をするのに、手っ取り早くて簡単な方法がありますよね?

やろうと思えば明日にでもできることですよ。

そう、「旅」です。

ちょっと話が飛躍しているように思いますか?

いえいえ、「旅」は最終的に”感情”や“信用”にも結びつくという点で、これから非常に重要なポジションにある“経験”だと言えます。

 

旅は非日常。

新しい“経験”の宝庫です。

例えば、SNSを覗いてみると「ハワイに来てます♪」とか「沖縄で豚足食べてます!」といった、旅の報告に溢れていると思いませんか?

そして、そういう投稿には『いいね』が付きやすい。

だって、旅先の景色は非日常で、私たちはそれが素敵なことだと知っているからです。

だから“共感”(感情)する。

また、旅によく行っている人はそれだけ“経験”があるということですから、少なくとも旅に関することについては“信用”できる。

これから「価値」の中心になる“経験”、”感情”、“信用”のすべてが「旅」には詰まっているんです。

 

もう一つ例を挙げると、子供の頃に家族と行った旅行の思い出のほうが、モノを買ってもらった思い出よりずっと記憶に残っていると思いませんか?

「旅」は、もともと私たちにとって価値のあるものなんですよ。

でも、今までは圧倒的な“モノ”によって霞んでました。

その“モノ”の魅力が失われてきた今、「旅」の良さが際立ってくる時代に突入するはず。

 

だから、「旅」の価値は、これからどんどん上がってくると、僕は考えています。

 

“旅”とバイクの組み合わせには需要がある!

北海道ツーリング(最北端)

僕が冒頭で書いたのは、「“バイクに乗って旅をする”ことの価値は上がっていく」ということでした。

「旅」の価値がこれからどんどん上がってくることに関しては、ここまで書いてきた通りです。

しかしですよ、みんなが旅をするようになると、普通の旅だと物足りなくなると思うんです。

さっきの例で言うと、「インスタ映え」しなくなるかも。

旅をするとなったら移動手段として、何を思い浮かべますか?

おそらく多くの人は、クルマだと思うんですよね。

あとは、バスとか飛行機とか電車かなと。

で、そんな多くの人が思い浮かぶものに価値はないわけです。

ここまできて、ようやく登場するのが・・・

そう、バイクです。

バイクが今以上に、旅をするツールとして重要な選択肢となると思うのは僕だけでしょうか。

「バイクが欲しいから」ではなく「バイクで旅をしたいから」という、“モノ”ではなく“コト”を目的としてバイクを買う人が増えてもおかしくないのかなと、僕は考えているわけなんです。

身体をむき出しで移動することで、五官をフルに活用して「旅」を満喫できる。

機動性も抜群で、クルマより非日常感を演出できます。

だって、生身で時速100キロとかで走ってるなんで非日常以外の何物でもないわけですよ。

バイク乗り同士の出会いもあります。

そんなわけで、バイクはこれからどんどん需要が増えてくると思うんですよね。

人口の減少があるので、総数としてバイク人口が歴代のピークを越えるとまでは言わないですが、比率は上がってくるのではないかなあ。

バイクには多少の危険があるとしても。

だから、僕は“バイクの未来は明るい”と考えているんです。

どうでしょう・・・

僕の思い違いでしょうか?

 

まとめ

「バイク人口が減少」

「若者のバイク離れが深刻」

この事実を知って、「バイクの時代は終わりだ」と考える人もいれば、僕の様に「こんなの表面的なデータに過ぎない。これからは“モノ”より“コト”の時代だから、バイクはこれからどんどんアツくなる」と考える人もいる。

考え方は自由ですが、どう捉えるかによって人生の楽しみ方は変わってくると思うんです。

バイクの魅力にみんなが気付く時代が来ますよ。

すでにバイクに乗って旅をしている僕らは、時代を先どっているわけです。

そんなポジティブ思考で、お互いこれからもバイクライフを楽しみましょう!

次の記事へ>>>知らないと損かも!一人旅やソロツーリングが最高な理由3つ

スポンサーリンク