大型二輪免許は取得すべき?大型バイクに乗ると感じられる魅力を徹底解説!

スポンサーリンク

「大型二輪免許に興味があるけど、教習所に行くか迷っている」

「普通二輪免許で十分楽しんでいるけど、実は乗りたい大型バイクがある」

「大型二輪免許を取りたい……誰か私の背中を押してくれ!」

この記事はそんな方に向けて書いています。

僕がお伝えしたいのは、「大型二輪免許に興味があるなら、少し無理をしてでも“いま”取ったほうがいいよ!」ということです。

これからその理由を書いていきますね。

注意
「大型バイクのほうが格上だから、大型バイクに乗りなよ」
この記事はそういう趣旨の記事ではありません。
それぞれの排気量のバイクに良さがあって、自分に合うバイクをその時々で選ぶのが一番だということが、僕の中での大前提です。
スポンサーリンク

「大型二輪免許なんて必要ない」と思っていました

必要か不要かの仕分け
ぺけらいふ
400ccまでのバイクで性能は十分。大型二輪免許なんて別にいらない。

普通二輪免許で6年間バイクに乗っていた僕は、本気でそう思っていました。

ご存知のとおり、バイクを運転するための免許は大きく分けると2種類です。

  • 普通二輪免許(排気量400cc以下のバイクに乗ることができる免許)
  • 大型二輪免許(排気量無制限でバイクに乗ることができる免許)

普通二輪免許では、400ccまでのバイクにしか乗れません。

でも、僕はいま、大型バイク(1250ccのXJR1300)に乗っています。

言ってることとやってることが違うじゃないか!

と思われるかもしれませんね。

実際に大型バイクに乗るようになって大きく考え方が変わりました。

「大型バイクも経験しておくと、バイクに対する視野が広がる」

「知らないよりは知ってたほうがいい、それから選べばいい」

今ではそう思っています。

補足
この記事では、ATではなくMTを前提にしています。
大型二輪免許(MT車)は排気量無制限。あらゆるバイクに乗れます。
大型二輪免許(AT車限定)は650cc以下までのAT車しか乗れません。

僕が大型二輪免許を取得したきっかけ

「400ccまでのバイクで性能は十分。大型二輪免許は別にいらない。」

そう考えていた僕が、なぜ大型二輪免許を取ったのか?

結局のところ、

  • 大型バイクに憧れていた

のが一番の理由です。

400ccでなんの不自由もないと思っていましたが、理屈ではない部分でやっぱり大型バイクに乗ってみたかったんですよね。

ただ、大型二輪免許の取得にはお金や時間がかかるので「なんとか理由をつけてやり過ごしてた」という状態だったんです。

1冊の本を読んで、僕はそのことに気がつきました。

その本とは、ナオトインティライミさんの「世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)」です。

ざっくり言うと「世界をひとりで旅したナオトさんの日記」です。

そんな日記を読んだ僕が感じたことはひとつ、

「この人、ちょっとでもおもしろそうだと思ったらなんでもすぐやるなあ」

です。

異国の地にも関わらず軽いノリでなんでもやっちゃうわけです。

それがめちゃくちゃ楽しそうでした。

ぺけらいふ
大型バイクに乗りたいのに、何かと理由をつけて躊躇してる僕ってつまんなくね?

と思いました。

居ても立っても居られず、読みかけの本を閉じました。

最寄りのイトーヨーカドーにある教習所の出張事務所へ飛び込み、そのまま入会したことを覚えています。
※教習所に入会した際の費用は後ほど記載します

結果どうなったか。

現在、XJR1300という大型バイクで走り回っています。

400ccに乗っていた頃よりも行動範囲が広がり、楽しんでいます。

ものすごく良い変化が、僕の人生に起きました。

▼僕のバイク人生を変えた本▼

250㏄、400㏄にも乗ったからわかる大型バイクのこと

いままで乗り継いできたバイクたち

僕が今まで乗ってきたバイクは3台。

  • ホンダ GB250クラブマン
  • カワサキ ZRX400
  • ヤマハ XJR1300

「250㏄、400㏄のバイクにも乗ってきた僕だからこそわかること」

その部分に焦点を当てて、大型バイクに乗り始めて気付いたことをご紹介しますね。

大型バイクのメリット

メリットのイメージ

1.大型バイクの圧倒的なパワーと快適さ

XJR1300に乗るようになって知りました。大型バイクは

  • 圧倒的なパワー

を持っています。

ZRX400の加速で十分だと考えていた僕にとって、大型バイクのパワーは「オーバースペックだよなあ」と感じていました。

でも、「力強く発進できて、欲しいだけスムーズに加速できる」って想像以上に楽なんですよね。

「圧倒的なパワー」と聞くと「攻撃的で危険なイメージ」が先行しますよね。

僕もそうだったんですがパワーを上手く利用すると、

  • 快適さにつながる

ことを身をもって体感しました。

250㏄や400㏄のバイクに乗っていた時は感じませんでしたが、初速がもたついたり、高速道路での追い越しに苦労したりといった些細なことが疲労に繋がる、ということに気が付きました。

たとえば、「速く走ることに興味がなく、バイクで旅することが好きだ」という方。

そのスタイルなら「大型バイクの圧倒的なパワーは不要だ」と考えていませんか?

僕もまったく同じスタイルでそういう風に考えていたんですが、楽にツーリングできるという大型バイクの魅力には完全にハマりました。

それだけ気軽に、遠くへ、旅ができるということですからね。

2.大型バイクが満たしてくれる自己満足感

冒頭でも書きましたが、「400ccまでのバイクで性能は十分」という僕の考えは今でも変わっていません。

250㏄のバイクに乗っている時も、道さえあれば行けない場所はなかったです。

じゃあなぜ、大型バイクに乗っているのか。

  • 見栄を張りたい気持ちや憧れ

が大半です。

GB250クラブマンやZRX400に乗ってた時は「これより大きい排気量のバイクがあるんだよなあ」とたまに思ってました。

XJR1300に乗るようになって「(趣味として)来るとこまで来たなあ」と嬉しく感じています。

言ってしまえば自己満足です。

あまり聞こえの良い言葉ではありませんが、余裕を持って楽しく生きるために大切な感情だと、個人的には思います。

ただ、自分の中で楽しむことが前提ですね。他人に迷惑をかけてはいけません。

大型バイクに乗っているからという理由で、小さい排気量のバイクを見下す発言をする人もいるようですが、あってはならないことです。

これからお話しするとおり、大型バイクに乗るようになって見えてきた400㏄や250㏄の魅力もたくさんありますからね。

大型バイクのデメリット

1.エンジンを気軽に回せない

圧倒的なパワーが持ち味の大型バイクは、アクセルを少し捻るだけでかなりスピードが出ます。

なので、公道ではあまりエンジンを回して楽しめないんですよね。

この点は、250㏄や400㏄のバイクに軍配があがると思います。

特に、ZRX400に乗っていた頃は適度なパワーもあってエンジンを回して乗るのがとても楽しかったです。

ある程度エンジンを回して乗るのもバイクの楽しみ方のひとつですからね。

もちろんご紹介したとおり、大型バイクにはパワーによる恩恵があるのも事実。

どちらを選ぶかは人それぞれです。

2.気軽に進める道が少なくなる

大型バイクに乗るようになって、ちょっとした脇道に気軽に入って行きづらくなりました。

重くて取り回しが難しいので、寄り道する時に躊躇してしまうんです。

「この道に入って行き止まりだったら……」

「ここに入って行きたいけど、戻れるかなあ?」

GB250クラブマンに乗ってた頃は、そんなことは考えずにどんどん突っ込んでました。

多少のダートでも躊躇なく。

だから、大型バイクに乗って初めて250㏄バイクの機動性の高さとその魅力を認識しました。

その一方で、大型バイクのパワーは1日に走行可能な距離を伸ばしてくれます。

このあたりは一長一短かなと思います。

大型バイクに乗ってみてよかった!

大型バイクに乗って僕が気付いたメリットとデメリットを書きました。

  • 1250㏄のXJR1300がとても快適で、長距離を移動するにはぴったりのバイクだったこと。
  • 399㏄のZRX400が、エンジンを回して楽しむには最適なバイクだったこと。
  • 249㏄のGB250クラブマンが、もっとも機動性が高くて冒険に向いていたバイクだったこと。

いずれも大型バイクに乗らなければ知る(感じる)ことができなかったことです。

だから、大型バイクに乗ってよかったと思っています。

僕は、体力のある時期は大型バイクに乗って、それから徐々に排気量の低いバイクに乗り換えていくような気がしています。

最終的にはカブに乗ってるかも。

  • その時々の自分に合ったバイクに乗る

これが最強だと思うようになったのも、大型バイクに乗って視野が広がったからです。

スポンサーリンク

大型二輪免許を取るなら“いま”がいい理由

この記事を読んで、

大型二輪免許を取りに行こうかしら

と思った方は、すぐに動いたほうがいいですよ。

大型バイクは重くて大きいので、体力があったほうが断然有利。

これからの人生で一番若いのは間違いなく“いま”ですよね。

若いほうが体力があります。

だから、“いま”が重要だと思うんです。

大型二輪免許を取得する前に知っておきたいこと

ぺけらいふ
大型二輪免許を取得するための教習所についてお話します!

どのくらいの時間と日数がかかるの?

参考までに僕が大型二輪免許を取得したときの情報を公開しておきますね。

費用:93,960円
(普通二輪免許を持っている場合の金額)

期間:2月初旬に入校 ~ 3月中旬に卒業検定合格
(規定時限数:技能12時限、学科はなし、延長なし)
土日に2~3時間くらい技能教習を受けて、このスケジュール感でした。

備考:やや繁忙期でしたので、料金をプラスして優先的に技能教習の予約が取れるプランにしました。そのため、上記の料金はやや割高に感じるかもしれません。

※あくまで僕が取得した際の情報です。目安としてご覧ください。
※ちなみに大型二輪免許は満18歳以上であれば取得可能です。

費用としては10万円(普通二輪免許を持っている場合)。

日数としては1か月半程度。

この費用と日数があれば、仕事の休みを利用してコツコツ通うやり方で大型二輪免許が取得できると思います。

教習所に通うのに最適なタイミングとは?

僕が入会するときに教習所の出張窓口の方から聞いた情報を共有しますね。

一言でいうと、

  • 教習所の繁忙期は避けたほうが無難

ということです。

教習所の繁忙期は避けたほうがいい理由

  • 技能教習の予約がとれない(免許取得までに時間がかかる)
  • 料金が割高になる
  • 教習所内が混み合う

学生さんが車の免許を取得するタイミングが教習所の繁忙期です。

春休みや夏休みの時期は特に集中するので避けたいところ。

具体的には「1月~3月末まで」、「7月中旬~8月末まで」は繁忙期の可能性が高いようです。

なので、「GW明け~7月上旬」、「9月下旬~10月末」くらいが大型二輪免許を取得するにはベストです。

もちろん教習所の規模や立地にも大きく左右されるので、ぜひ最寄りの教習所に立ち寄って費用や取得までのスケジュールを確認してみてください。

「意外と安い!」

「思ったより早く取得できる!」

そんな嬉しい誤算があるかもしれませんよ。

お得に免許が取得できる「DREAM」のサイトを見る

スポンサーリンク

まとめ

僕がこの記事でお伝えしたいのは、

  • 大型二輪免許に興味があるなら、少し無理をしても“いま”取ったほうがいいですよ

ということです。

僕はあのとき大型二輪免許を取得して本当によかった。

この記事にはXJR1300とXJR1200の写真を掲載しています。実は、僕と父のバイクです。

僕が小学5年生の時から憧れていた父のXJR1200の横に自分のXJR1300を並べることができたのも、大型二輪免許を取得してよかったと感じたことのひとつです。

興味があるなら、大型二輪免許の取得を前向きに考えてみてください。

僕のバイク人生を変えたナオトインティライミさんの本と同じ役割をこの記事が担えたら嬉しいです。

お互いバイクライフを楽しみましょう!

\乗り換え時は複数社査定が断然お得です!/

バイクブロス愛車無料一括査定はこちら

【僕が乗り換えた時の話】バイクを手放す時の注意点とは?後悔しないために知っておくべきこと

もっと情報が知りたいあなたへ……

KindleUnlimited

バイク雑誌などたくさんの情報源をお得に読める方法があります。

例えば、BikeJINを書店で買うと1冊で1,000円くらいしますよね。

他の雑誌も読みたいけど月の予算には限りがあるし……とお悩みの方に朗報です。

僕も愛用しているAmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら月額980円で様々な雑誌(電子書籍)が読み放題です!

BikeJINはもちろん、バイク、カメラ、キャンプ、ガジェットなど旅好きには堪らないジャンルの雑誌が豊富に揃っていますよ。

最初の30日間は無料でお試しできるので、ご興味があるかたはぜひ一度この素敵な世界を体験してみてくださいね。

\途中で解約しても30日間無料で利用できます!/

Kindle Unlimited
無料体験はこちら

【参考】詳しいレビューを見る
【参考】Kindle Unlimitedを利用して家でバイク趣味を楽しむ方法

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

2 件のコメント

  • はじめまして。
    私もまさに「大型はいらない・・」という考えを持ったバイク乗りでした。
    ですが、約一か月前 こちらの記事を読ませて頂き、今では無事大型二輪免許の取得となりました。
    結果はやり、大型免許にあこがれがあったんだと感じます。
    仕事との兼ね合いで、教習所通いに一歩が踏み出せない中、背中を押していただいたと思います。

    これからも安全第一にバイクのさらなる楽しみを見つけていきたいです。
    ありがとうございました。

    • sunsetさん、はじめまして。
      僕の書いた文章がsunsetさんのお役に立てたようで、大変嬉しく思います!
      本文に書いた「僕のバイク人生を変えたナオトインティライミさんの本と同じ役割を、この記事が担えたらなあ」という僕の願いが叶いました。
      ご丁寧にコメントを頂きまして、こちらこそありがとうございました。
      今後とも、“ぺけらいふ。”をどうぞよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。