排気量によるバイクの違いを徹底比較!250・400・1300㏄に乗ったからわかった!

スポンサーリンク
排気量によるバイクの違いを徹底解説

「最も理想的な排気量のバイクはどれなの?」

「バイクに乗りたいけど、種類が多くて迷っている」

「排気量によって維持費ってどれくらい変わるの?」

この記事はそんな方に向けて書いています。

250㏄・400㏄・1300㏄のバイクを所有した僕が、それぞれの排気量の感想や印象をお伝えしますね。

バイクの排気量に関する意見は人それぞれですが、僕の意見は「どの排気量が一番良いとかではなく、その時々の自分に合ったバイクを楽しむのがベスト」ということに落ち着きました。

スポンサーリンク

 

【250㏄】とにかく気軽に乗れるバイク

250㏄バイクの例(GB250クラブマン)

(ホンダGB250クラブマン)

250㏄バイクのメリット

維持費が安い

「バイクを所有する!」と決心したときに必ず頭に浮かぶのは“バイクの維持費”だと思います。

そして、車やバイクを所有している人にとって、定期的かつ大きな出費は“車検”です。

数万円(状況によっては十万円以上・・・)の出費となる車検ですが、250㏄のバイクには車検がありません

もちろん、自分でしっかりメンテナンスをすることが前提ですが、これは250㏄バイクの大きなメリットです。

 

税金の面でも250㏄はメリットがあります。

  250㏄ 250㏄超え
軽自動車税 3,600円 6,000円
重量税 4,900円(登録時の1回のみ) 1,900円(毎年)(※例外あり)

平成30年5月現在の料金です。改正になる可能性がありますので、参考程度とお考え下さい。
(※例外あり)登録年数が長くなるほど、段階的に重量税が引き上げられます。

250㏄のバイクは軽自動車税が250㏄超えのバイクより年間2,400円安くなり、重量税も支払いが1回だけでいいのです。

 

さらに、250㏄のバイクはタイヤやチェーンといった消耗品が比較的安いのもポイントですね。

交換するタイヤによっても変わるので一概には言えませんが、前後のタイヤを交換するなら大型バイクより250㏄バイクの方が1~2万円は安くなります。

250㏄バイクの維持費は250㏄以上のバイクよりも圧倒的に安いのです。

燃費がいい

維持費が安いというところにも絡んでくるのですが、250㏄は燃費のいい車種が多いです。

僕のGB250クラブマン(250㏄のバイク)は、単気筒エンジンで平均38km/Lくらいは走ってました。

僕が所有していた400㏄の4気筒エンジン(ZRX400)が15㎞/L、1300㏄(正確には1250㏄ですが)の4気筒エンジン(XJR1300)が16㎞/Lということを考えると、250㏄の単気筒エンジンがいかに低燃費なのかがわかります。

燃費を気にせず遠くまで走れるのは、非常に魅力的でした。

車体が軽い

“車体の軽さ”は、250㏄バイクの大きな魅力です。

250㏄超えのバイクに比べると車体もコンパクトで取り回しも簡単。

女性や小柄な方でも存分にバイクを楽しめます。

現在1300㏄に乗っている僕は、たまにこんなことを思っています。

「細い道や未舗装路へなんのためらいもなく突っ込んでいけた250㏄クラブマン時代の感覚が恋しい・・・」

 

「維持費が安い」「燃費がいい」「車体が軽い」の3つの特徴のおかげで、250㏄のバイクは実用的で気軽に乗れます。

それは実際に乗っていた僕が保証します。

250㏄バイクのデメリット

メリットだけをご紹介しても、皆さんのバイク選びの参考にはならないと思っています。

僕が実際に乗っていて感じた250㏄バイクのデメリットもお話ししますね。

  • 250㏄という排気量に見合った加速力
    → バイクにもよりますが、追い越しはやや大変でした。
  • 大型バイクに比べると車体が不安定なのでロングツーリングをすると疲労が溜まりやすい
    → 車体が軽いので風にあおられてふらついたり、高速での移動は少し緊張します。
  • ギアを頻繁にチェンジする必要がある
    → 大型バイクならギアの選択が多少適当でもパワーでなんとかなりますが、250㏄は少々シビアです。僕はそこが250㏄バイクのおもしろさだとも思っています。

 

▼僕が実際に乗っていた250㏄のバイク「ホンダGB250クラブマン」についてはこちらをお読みください。
丈夫で扱いやすいバイクなので、初めての方にもおすすめです!

 

【400㏄】日本で走るには十分すぎるパワーのバイク

400㏄バイクの例(ZRX400)

(カワサキZRX400)

400㏄バイクのメリット

絶妙なパワー

日本で走るには十分すぎるパワーを持っています。

250㏄のバイクから乗り換えたときは、その加速の良さに感動しました。

僕自身あまりスピードを出すことに興味がないので、400㏄のバイクに乗っていてパワー不足を感じたことは一度もありません。

 

また、そのパワーのおかげでロングツーリング時の疲労が(250㏄と比べて)かなり軽減されました。

300㎞の距離を走った後の疲労度がまったく違うので驚いた思い出があります。

アクセルを開けるのが楽しい

大型バイクに乗るようになってわかったのですが、400㏄のバイクのほうがアクセルを開ける楽しみを強く感じます

大型バイクはそのパワーゆえに、アクセルを少し開けるとすぐに法定速度に達してしまう。

だから、普段はあまりアクセルを開けることができないんですよね。

その点、400㏄のバイクならある程度アクセルを開けて(エンジンを回して)楽しめるんです。

 

じゃあ、「250㏄ならもっとアクセルを開けて楽しめるのでは?」という疑問があるかもしれませんが、「400㏄のパワーがあってこそのアクセルを開ける楽しみ」という感じなのです。

400㏄のバイクは、「一番バイクで走ること自体を楽しめるバイクかもしれないなあ」と僕は思っています。

400㏄バイクのデメリット

  • 維持費は大型バイクとあまり変わらない
    → 車検がありますし、税金の差はありません。
  • 所有感は大型バイクの方がある
    → バイクにもよりますが、基本的に400㏄よりも大型バイクのほうがパッと見たときに存在感があります。
      “大きさ”と“パーツの質感”がやはり大型バイクとは違います。
  • 大型バイクと比較すると高速を使用したロングツーリング時の疲労度が大きい
    → 250㏄よりは400㏄のほうが疲労は軽減しますが、大型バイクはさらに楽チンです。

 

▼僕が実際に乗っていた400㏄のバイク「カワサキZRX400」についてはこちらをお読みください。
漢カワサキの名車、かっこよくて良く走るバイクです!

スポンサーリンク

 

【1300㏄(大型)】貫禄が心地良いバイク

1300㏄バイクの例(XJR1300)

(ヤマハXJR1300)

大型バイクのメリット

大型バイクならではの圧倒的な所有感と存在感

僕は大型バイクの所有感と存在感に憧れたので、今は“ヤマハXJR1300”に乗っています。

まず惹かれたのは、大きさ。

見た目もそうですが、それ以上に300㎏近くの大きな鉄の塊を操作している感覚は心地が良いものです。

また、大型バイクは400㏄までのバイクよりも車体の価格が高額になる場合が多いので、その分だけ質感も向上します。

僕の場合は、メーター周りやサイドカバー付近など、各パーツの質が格段に良くなっているのを感じました。

所有感をとことん満たしてくれるのが大型バイクです。

 

大型バイクに乗ると周りからの反応も変化します。

大型バイクに乗り始めてから、道の駅などで知らない人に話しかけられる頻度が多くなったので、それなりに目立っているのかなあと思います。

周りに良い恰好がしたいから大型バイクに乗るわけではないですが、承認欲求を満たされるのは人間だもの悪い気はしません。

 

そもそも「日本をバイクで走る」という目的なら、大型バイク程の排気量は不要だと僕自身も感じています。

それでも大型バイクに乗りたくなる、理屈を超えたバイク乗りの習性なのかもしれません。

想像を絶するパワー

僕は400㏄のパワーで満足してたので、大型バイクのパワーにはとにかく驚かされました。

どの速度からでも、欲しいだけ加速する感じ。

追い越しはストレスなくできるので、高速道路での長距離移動が今までの排気量クラスのバイクに比べると非常に楽です。

この点は、250㏄のバイクと比べると全く別の乗り物。

 

また、「このバイクが本気を出したら簡単に追い抜けるんだよー」という余裕のおかげか、無理にスピードを出す気が起きないので、逆に安全運転になっています。

そういうところも大型バイクの貫禄がもたらす心地良さだと思っています。

関連記事>>>大型二輪免許は取得すべき?大型バイクに乗ると感じられる魅力を徹底解説!

大型バイクのデメリット

  • 車体もパワーも大き過ぎて趣味性が高い分、実用性(日常性)が250㏄や400㏄に比べると劣る
    → ただ、車に比べるとバイクであることの気軽さは十分にあります。
  • 維持費が高い
    → 税金や保険の費用は400㏄とは大して変わらないものの、部品代(タイヤなど)は高価です。

 

▼僕が実際に乗っている1300㏄(正確には1250㏄)のバイク「ヤマハXJR1300」についてはこちらをお読みください。
洗練されたデザインと秀逸なハンドリング、とにかく遠くへ行きたくなるバイクです!

 

僕がそれぞれのバイクを選んだ理由

バイクの排気量に関する意見は人それぞれですが、「排気量は固定せず、その時々の自分に合ったバイクを楽しむのがベスト」だというのが僕の意見です。

僕はその時々の目的にぴったり合ったバイクに乗っていたと思っています。

最後に、僕がそれぞれのバイクを選んだときに考えていたことをお話ししますね。

よければ参考まで。

250㏄のバイク

250㏄のバイクでツーリングをした時の画像

初めてのバイクに慣れるために気軽にバイクに乗り、魅力を十分に感じることが目的でした。

学生でしたので維持費が安く、気軽かつアクティブにどこでも行けるバイクがよかったので、250㏄のクラブマンに乗っていました。

400㏄のバイク

400㏄のバイクでツーリングをした時の画像

今までよりも、もっと遠くの色んな場所に行きたくなりました。

社会人になって少々金銭的な余裕ができたので、車検はありますが250㏄よりもパワーのある400㏄のバイクを中古で購入しました。

ZRX400を選んだのは、このバイクの見た目に一目惚れしたからです。(僕は丸目のZRXが好み)

1300㏄のバイク

1300㏄のバイクでツーリングをした時の画像

とにかくバイクが大好きになり、もっともっと遠くにバイクで行きたくなりました。

リッターバイクとはどんなものなのか、普通二輪の先をどうしても知りたくなりって大型免許を取得。

状態の良い中古のXJR1300をレッドバロンで見つけました。

存在感のある空冷エンジンと見た目の曲線美、その場の勢いで購入しました。

 

※なぜ僕が乗ってきたバイクはどれもネイキッドバイクなのか?
その理由は「自分の直観を信じて選ぼう!僕がネイキッドバイクに乗り続ける5つの理由」という記事でご紹介しています。

まとめ

僕の様に同じ人間でも、タイミングによって合うバイクが変わると思います。

排気量にとらわれず、その時に乗りたいバイクに乗るのが正解かなあと、僕はそんな気がしているのです。

大型だから全てが良いというわけではありませんし、大型に乗るほうが偉いということは絶対にありえません。

そのことは3種類の排気量に乗ってきた僕が経験上よくわかっています。

僕も歳をとって体力がなくなってきたら、大型バイクではないバイクに乗り換えます。

ただひとつ言えることは、「どの排気量でもどの車種でも、バイクである限り絶対におもしろい!」ということ。

嘘はつけないですし、経験してないことは書けないので僕が所有した3台のバイクがメインのご紹介となってしまいましたが、世の中にはバイクがたくさんあります。

皆さんが理想的なバイクに巡り合って、最高のバイクライフを送ることを陰ながら祈っております。

私も含めて、お互い安全運転で思う存分バイクを楽しみましょうね!(^^)

 

▼なんとなく購入したいバイクのイメージが付いたら、実物を見るのが一番。
気軽に実車を見られる場所のひとつは、レッドバロンです。

▼バイクを購入したらツーリングへ行きましょう!

 

こちらの記事も読まれています