排気量別バイクの徹底比較!250㏄・400㏄・1300㏄で一番はどれ?

ぺけじぇい
一番理想な排気量のバイクはどれ?

バイクに興味のある方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

僕はバイクの免許を取得してからの6年間で3種類、異なる排気量のバイクを乗り継ぎました。

季節を問わず年間6,000㎞以上をバイクで走り回ってるので、少しはバイクの経験があるかなあと思ってます。

「バイクに乗りたいけれど、種類が多くて迷う…」
「結局、どの排気量がいいの?」
「維持費はどう違うの?」

そんな疑問や悩みを持っている方へ。

250㏄・400㏄・1300㏄を所有した僕が、それぞれの排気量の感想や印象をお伝えしますね。

「印象」は人それぞれですが、バイクを決めるにあたって迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

【250㏄】ホンダ GB250クラブマン

GB250クラブマン
仕様

  • 空冷
  • キャブレター式
  • 単気筒DOHCエンジン

大学時代に初めて所有したバイクです。

もともと父が乗っていたバイクですが、10年ほど倉庫で眠っていたところを僕がたたき起こして、北海道を2周さらに北海道から実家の関西まで自走で旅しました。

父もこのバイク関西から北海道まで旅したと聞いていますので、ホンダらしく頑丈でしっかり走る、良いバイクです。

<250㏄バイクのメリット>

1.維持費が安い

250㏄のバイク(正確には249㏄以下)は、それ以上の排気量のバイクに比べて車検がないので、維持費が安い。

もちろん、自分のタイミングでしっかりメンテナンスをすることが前提ですが、タイヤやチェーンといった消耗品も比較的安いというところも魅力ですね。

タイヤによっても変わるので一概には言えませんが、前後のタイヤを交換する場合なら大型より250㏄の方が1、2万円は安いはずです。

2.燃費がいい

250㏄は単気筒(シリンダーの数が一つ)や2気筒(シリンダーの数が二つ)のエンジンが多いんです。

僕のクラブマンは、単気筒で平均38km/lくらいは走ってました。

僕が所有していた400㏄の4気筒エンジン(ZRX400)が15㎞/l、1300㏄の4気筒エンジン(XJR1300)が16㎞/lということを考えると、250㏄単気筒がいかに燃費が良いかがわかります。

燃費を気にせず遠くまで走れるのは、非常に魅力的でしたよ。

3.気軽に乗れる

ズバリ、気軽に乗れること。

これが250㏄バイクの一番の魅力だと僕は思っています。

維持費や燃費が比較的安いので、実用的で気軽に乗れます。

また、400㏄以上のバイクに比べると車体もコンパクトで取り回しも簡単。

女性や小柄な方でもバイクを楽しめますよ。

現在1300㏄に乗っている僕は、たまに思います。

「細い道や未舗装路へなんのためらいもなく突っ込んでいけた250㏄クラブマン時代の感覚が羨ましい…」

独特な単気筒エンジンのフィーリングも懐かしいですね。

<250㏄バイクのデメリット>

・250㏄という排気量に見合った加速力
→バイクにもよりますが、追い越し時はやや大変な印象です。

・大型バイクに比べると振動や車体の不安定さから、ロングツーリングをすると疲労が溜まりやすい
→車体が軽いので風にあおられてふらついたりと、不安定な要素があります。

・ギアを頻繁にチェンジする必要がある
→僕は操作している感じが強くなるので魅力だと感じていますが…

 

【400㏄】カワサキ ZRX400 ’94

ZRX400
仕様

  • 水冷
  • キャブレター式
  • 四気筒エンジン

社会人になってから購入し3年半所有したバイク。

アクセルを開けるのがとても楽しいバイクでした。

カワサキらしく、どこか見た目やエンジンのフィーリングが粗くて漢らしい印象。

何よりかっこいい!

<400㏄バイクのメリット>

1.絶妙なパワー

日本で走るには十分なパワーがあります。

1300㏄のバイクに比べてしまうとよくないですが、250㏄から乗り換えたときはその加速の良さに感動しました。

僕自身あまりスピードを出すことに興味がないので、400㏄でパワーに不満があったことは一度もないです。

2.アクセルを開ける楽しみ

1300㏄のバイクに乗るようになってわかりましたが、400㏄のZRXの方がアクセルを開ける楽しみを強く感じます

大型バイクはそのパワーゆえにアクセルを少し開けるとすぐに法定速度に達してしまう。

だから、普段はあまりアクセルを開けることができないんですよね。

そういうことなら、250㏄ならもっと楽しめるのでは?

そう思う方もいるかもしれませんが、「400㏄のパワーが前提にあってのアクセルを開ける楽しみ」という感じです、あくまで僕の感覚ですが。

<400㏄バイクのデメリット>

・パワーの差に比べて維持費は大型バイクとあまり変わらない
→車検がありますし、税金の差はありません。

・所有感は大型バイクの方がある
→バイクにもよりますが、ZRX400よりもXJR1300の方がパッと見たところ存在感があるという僕の印象です。
といいつつ、ZRX400も「このバイク、ナナハン(750㏄)?」ってよく聞かれていたので400㏄の中では大きいサイズのバイクではあります。

・大型バイクと比較すると高速を使用したロングツーリング時の疲労度が大きい

 

スポンサーリンク

【1300㏄】ヤマハ XJR1300 ’98

XJR1300
仕様

  • 国内最大空冷
  • キャブレター式
  • 四気筒エンジン

洗練されたデザインが最高。

とにかく遠くへ行きたくなる、そんなバイクです。

ハンドリングのヤマハと呼ばれるだけありますね、正直今まで乗ってきたクラブマンやZRX400よりも非常に曲がりやすいです。

<1300㏄バイクのメリット>

1.大型バイクならではの圧倒的な所有感と存在感

この所有感と存在感に憧れました。

必要以上の排気量のバイクに乗りたくなる、理屈を超えたバイク乗りの習性かなあと思います。

2.想像を絶するパワー

400㏄のパワーで満足してたので、本当に驚きました。

どの速度からでも、欲しいだけ加速する感じ。

追い越しは全くストレスなくできるので、高速道路での長距離移動が今までの排気量クラスのバイクに比べると非常に楽です。

この点は、250㏄と比べると全く別の乗り物。

この大きなパワー自体は乗りこなせる気が全くしませんが、少しアクセルを開ければそこら辺の車には負けないポテンシャルがあります。

なので、逆に無理やりスピードを出す気が不思議と起きないんですよね。

「本気出したら簡単に追い抜けるんだよー」っていう余裕だけが生まれる感じ。

ポテンシャルの高い大型バイクでゆったり走るのが僕のスタイルです。

<1300㏄バイクのデメリット>

・車体もパワーも大き過ぎて趣味性が高い分、実用性(日常性)が250㏄や400㏄に比べると劣る
→もちろん車に比べるとバイクであることの気軽さは十分にあります。

・維持費が高い
→税金や保険の費用は400㏄とは大して変わらないとはいえ、部品代(タイヤなど)は比較すると高価です。

 

まとめ

「250㏄・400㏄・1300㏄で一番はどれ?」というタイトルをつけましたが、正直なところ乗る人の目的次第だというのが僕の結論。

僕はその時々の目的にぴったり合ったバイクに乗っていたかなあと思っています。

250㏄のバイク

初めてのバイクに慣れるために気軽にバイクに乗り、魅力を十分に感じることが目的でした。

学生でしたので維持費が安く、気軽かつアクティブにどこでも行けるバイクがよかったので250㏄のクラブマンに乗っていました。

400㏄のバイク

今までよりももっと遠くの色んな場所に行きたくなりました。

社会人になって少々金銭的な余裕ができたので、車検はありますが250㏄よりもパワーのある400㏄のバイクを中古で購入しました。

1300㏄のバイク

バイクが非常に好きになりました。

それと同時にもっともっと遠くにバイクで行きたくなりました。

リッターバイクとはどんなものなのか普通二輪の先をどうしても知りたくなり、大型免許を取得してXJR1300を中古で購入しました。

 

このように同じ人間でもタイミングによって、一番のバイクが変わると思うんですよ。

もちろん大型だから全てが良いというわけではありませんし、大型に乗る方が偉いということは絶対にありえません。

それは、3種類の排気量に乗ってきた僕が経験上わかっています。

ただひとつ言えることは、「どの排気量でもどの車種でも、バイクである限り絶対におもろい!」ということ。

嘘はつけないですし、経験のないことは書けないので僕が所有した3台だけのバイクの紹介となってしまいましたが、世の中にバイクはたくさんあります。

あなたの目的に合ったバイクに巡り合って、最高のバイクライフを送られることを祈っています。

私も含めて、お互い安全運転で思う存分バイクを楽しみましょうね!

僕が乗ったバイクについての詳細記事はこちらへどうぞ

スポンサーリンク