「ヤマハXJR1300」

はっきり言いましょう、これは最高のバイクです。

僕は小学5年生のころから父が乗っているXJR1200に憧れてました。

そして、とうとう26歳にしてXJR1300 ’98年製のオーナーになったわけです。

このペケジェイを所有してから2か月半、実際に3,000㎞走ってみてその魅力を体感中です。

購入を迷っている方がいましたら、是非最後まで読んでください。

僕が知る限りの、このバイクの魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

 

XJR1300の魅力

1.見た目が美しすぎる

美しいの一言です。

元々バイクらしいネイキッド型が大好きなのですが、その中でも最も美しい見た目をしていると本気で思っています。

タンクとテールそしてエンジンのボリューム、対照的にくびれた中央部が絶妙なバランスで、かつ流れるように一体化しているんですよ。

「これ、見惚れない人とかこの世にいるの?」

「いや、いない。」

僕は頭の中でこの反語的なやり取りを何億回したかわかりません。

よく女性的な魅力があると言いますがまさにその通りです。

その見た目からツーリング終わりは、どんだけ疲れていても磨きたい衝動にかられます。

そして、大型らしい大きさとパーツのこだわりに由来する所有感が非常にあります。

2000年のマイナーチェンジで少しスタイリッシュになりましたが、僕の1998年製はまだタンクの形状もXJR1200の頃と同じでどっしりとした大型らしい感じが強いです。

大型らしい大きさといえども、身長180㎝で体重60㎏の僕がなんの問題もなく取りまわせますので過剰な心配はいりません。

また、パーツ一つ一つにもこだわりが感じられます。

元々の価格が違うので当たり前ですが、ZRX400㏄に乗っていた時に感じていた作りの粗々しさは全く感じられません。

つまり、所有感を完璧に満たしてくれます。

1998年製は、オーリンズとブレンボのキャリパーが純正でついています。

海外製のものと区別して「ヤマリンズ」、「ヤマンボ」と呼ばれているようですが、僕のレベルでは十分な性能です。

というか、多分海外製のものと比較しても違いなんてわからないと思います。

性能とかよりもその見た目の豪華さによる所有感が強いという意味合いが大きいです。

とにかく、興味がある方はまず実物を見て欲しいです。

2.国内最大排気量の空冷エンジン

エンジンは1250cc、空冷4ストローク直列4気筒です。

現在は、排ガス規制の影響で、ほとんどのバイクが水冷エンジンに代わってきている時代です。

そんな中、2017年まで新車で購入できた大排気量の空冷エンジンにはヤマハさんの並々ならぬこだわりが感じられます。

ヤマハさんには大きな声で言いたい。

「ありがとうございます!」

 

さて、このエンジンで一番目につくのは側面に綺麗に並ぶフィンではないでしょうか。

水冷エンジンにあるデザイン要素が大きいものではなく、しっかりと役割を果たしている、空冷ならではの「機能美」です。

もちろん耳で感じる部分もあります。

エンジンを回したときのスムーズでシルキーなエンジン音もそうですが、エンジンを切った時の「キンッキンッ」という音が「ああ、空冷だなあ」としみじみ思えるポイントです。

ただし、乗っているとエンジンが半端じゃないくらい熱いです。

気温の高いときに渋滞にはまろうもんなら足元からあがってきた熱気で割と地獄です。

が、逆にそんなところも大排気量の空冷エンジンのバイクであることが体感できるポイントで僕は気に入っているわけです。

バイク乗りで「エンジンが熱くてほんと大変」と言っている人は、大概そんなにつらいとは思っていませんね。

それを楽しんでいる場合がほとんどだと認識しています。

なぜなら僕や僕の周りの人がそうだからです。

もはや変人です。

 

エンジンの印象ですが、400㏄のバイクから乗り換えた僕にとって、パワーは十分すぎるくらいあります。

欲しい時に欲しい分だけスムーズに加速する、まさにリッターバイクの楽しみを提供してくれています。

それでいて加速をする中で「この辺でいいかな」とアクセルを戻したところが丁度、法定速度なんです。

つまり法定速度周辺でもストレスなくゆったり走れるようになっています。

よくできているなあと思わざるを得ません。

馬力やトルクの数値を見ればスーパースポーツには及びませんが、僕では使いこなせない水準のポテンシャルを感じます。

国内最大排気量の空冷エンジンは本当に魅力的です。

3.2本出しマフラーからのサウンド

僕のバイクは純正の2本出しマフラーです。

正直、このマフラーはすごくかっこいいと思っています。

そして、その音が魅力です。

うるさくないんですよ。

本当にジェントルな音がしますので、近所への配慮も最低限で済んでいます。

それでいて心地いい重低音。

僕は大満足です。

そして、アクセルを開けるときちんと大型らしく吠えてくれるます。

もともとうるさいバイクは苦手なんですよ、うるさいバイクは疲れます。

その点、このXJR1300の純正のマフラー音は心地よくて、逆に疲労軽減効果があるくらいです。

バイクで様々な場所に行くことを第一の目的としている僕としては、こういう点でもペケジェイに魅力を感じざるを得ません。

 

スポンサーリンク

4.走行性能

実際乗ってみて驚きました。

本当に乗りやすいです。

走り出すと400㏄に乗っていたときと変化が感じられないくらい軽快に動いてくれます。

特に曲がりやすさに感動しました。

さすが「ハンドリングのヤマハ」という感じですね。

今まで乗っていたGB250やZRX400よりもダントツで曲がりやすいです。

元々スピードを出す乗り方はしないので、コーナーでの速さは大したことないのですが、思った通りに曲がってくれます。

これ、ほんとに楽しいです。

5.燃費

僕のXJR1300はキャブレター式なのですが、ツーリングで16~17km/lくらいを記録しています。

少し混雑しているルートを走っても14km/lは下回りません。

キャブで四発空冷ということを考えると、燃費はそんなに悪くないのではないでしょうか。

6.XJR1200㏄との違い

父が17年間、1台のXJR1200に乗り続けています。

僕がXJR1300を購入してから、一度一緒に走りました。

その際、バイクを交換して走ってみたのでXJR1200の印象をお伝えします。

外観はほとんど一緒なので、主にエンジンの印象です。

XJR1200とXJR1300、エンジンがびっくりするほど全く違います。

カタログ上は62㏄の違いですが、別物です。

XJR1300の方が低速域のトルクがあります。

そのため、XJR1200は低速である程度エンジンを回してあげる必要があります。

加速してしまえば同じようなものなのですが、低速域の感覚が全く違うんです。

ただし、こればっかりはどちらが良いというものではないです。

確かに乗りやすいのはXJR1300の方ですが、大型である程度アクセルを回す楽しみがあるのはXJR1200なんです。

結局どちらも良いバイクだというしかないです。

17年以上も特にトラブルなく動いていて、そろそろメーターが1周するようなバイクはなかなかないです。

作りがしっかりしている証拠です。

 

ちなみにメーター周りですが、XJR1300はオドメーターとトリップメーターがデジタル式になっています。

トリップメーターが2つあり、時刻表示機能もあるので、利便性は向上しています。

僕はくるくる回る旧式のメーターの方が好きですが。

 

XJR1300のデメリット

魅力ばかりを語っても仕方がないので、僕が感じるデメリットもお伝えします。

・普通二輪と比較すると、取り回しは不便
→大型バイクの中でもそこそこ大きいバイクなので、取り回しには注意が必要です。
まあ、その大きさが所有感につながるのですが。

・消耗品のパーツが高価
→大型バイクの宿命ですが部品が高いです。
例えばタイヤを前後交換すると、工賃を含めて平均で5万円くらいはします。
普通二輪だと平均4万前後ではないでしょうか。

・エンジンが熱い
→大排気量の空冷エンジンの性です。
僕は好きなのですが、シンプルにかなり熱いです。
ジーパンを履いていても、エンジンにあたると「熱っ!」ってなります。

 

まとめ

結局ペケジェイというバイクをべた褒めするような記事になりましたが、ほんとに良いバイクです。

僕自身このバイクからの乗り換えは考えていません。

今現在、走行距離約15,000kmで購入しましたが、メーター1周するまでは乗ります。

XJR1300も今年で生産中止になったようですが、中古市場には程度の良いものがまだまだあります。

是非購入を検討してみてください。

 

XJR1300の前に4年間乗っていたZRX400も良いバイクでしたよ。
記事にしましたので、興味のある方は是非ご覧ください。
【漢のバイク】カワサキZRX400の魅力を徹底解説!

今までGB250クラブマン(250㏄)、ZRX400(400㏄)、XJR1300(1300㏄)を所有しました。
そんな僕が考える排気量について記事にしました。
バイク選びの参考にして頂ければ嬉しいです。
排気量別バイクの徹底比較!250㏄・400㏄・1300㏄で一番はどれ?

スポンサーリンク