初心者でも簡単にできる!工具不要のバイクメンテナンス

バイクのメンテナンスって具体的に何をすればいいの?

そんな悩みを抱えていませんか?

実は僕もバイクに乗り始めた頃は同じ悩みを抱えていました。

タイヤを交換したり、タンクを外したり…そんなことを自分でしなくてはならないのかと不安になったこともありましたが、6年以上バイクに乗り続けてみてその不安は一切なくなりました。

僕はこれだけやって楽しいバイクライフを送っている」というメンテナンスをご紹介します。

バイクメンテナンスは全て自分でやらなくてもいい

かれこれ6年以上バイクに乗ってきてわかったことを正直にお話しますと…

バイクを良い調子で保てれば、楽しくバイクライフを送ることができれば、結果としてはそれでいいんですよ。

自分で全てやる必要なんて全くなくて、必要に応じてプロに任せてしまえばいいんです。

実際に僕は、タイヤ交換なんてできません。

それでも、十分すぎるくらいにバイクライフを満喫しています。

最低限のメンテナンスをしていれば、十分楽しめるということは経験で知っています。

タイヤ交換やブレーキパッド交換の様にバリバリ工具を使うものだけがバイクメンテナンスではありません。

じゃあ、整備素人の自分でもできることは何か?

僕が実際にやっている、簡単で工具なんていらないたった3つのメンテナンスをご紹介します。

スポンサーリンク

工具不要の簡単バイクメンテナンス3つ

1.定期的にバイクを磨く

ぺけじぇい
磨くだけがメンテナンス?

最も大切なメンテナンス」です。

磨くということは、バイクをよく見るという状態確認の面も持ち合わせています。

普段目につかないところでも磨いて綺麗にしようとすると嫌でもよく見ると思うんです。

これが大事。

全てのメンテナンスは違和感に気付くことから始まります。

そして、違和感に気付くためには普段の状態を知っておく必要があるというわけです。

なので、定期的にバイクを磨く習慣をつけておくことで愛車の寿命は延びますよ。

実際に僕がバイクを磨いていて気が付いた不調を挙げてみます。

バイクを磨いていて気が付いた不調例

  • ボルトが緩んでる
  • ボルトが1本抜け落ちてる
  • サイドカバーが割れている
  • エンジンヘッドからオイルが滲んでいる
  • クラッチレリーズからオイルが漏れている
  • チェーンが錆びている
  • チェーンオイルの注油が必要
  • 冷却水が漏れている

これに気付けたこと自体に十分なバイクメンテナンスの価値があると思いませんか?

自分で対処してもいいですし、お店に持って行ってプロに見てもらってもいい。

大切なのは気付くことさえできれば、対処の為にアクションをすぐに起こせることなんですよ。

工具がなくても、バイクをいじる技術が自分になくてもバイクは磨けます。

いかがでしょうか。

まずバイクを磨いてみませんか。

参考までに僕がバイクを磨いている方法をご紹介しますね。

まず、僕が使用している商品は2つです。

  • カークリーム
  • プレクサス

いずれも使いやすくて愛車がピカピカになる商品なのでご紹介しておきます。

カークリーム

かなり汚れが落ちて、さらにピカピカに光沢が出ます。

撥水効果も確認済み。

バイク屋も使っている有名なクリームです。

何よりあまり高くないのでたっぷりと使えるところが嬉しいポイント。

タンクは砂埃や細かなゴミが付着しているので一発目で乾拭きすると傷がついてしまう恐れがあります。

なので僕は、このカークリームを多めに使って細かいごみを取り除きながら磨いています。

これ一本でバイクのほとんどのパーツを磨けますのでおすすめです。

プレクサス

「洗浄」「つや出し」「コーティング」効果がある、まさに最強にマルチなクリーナー。

2005年度にカーグッズオブザイヤーのカーケア部門賞を受賞している優れもの。

「つや出し」「コーティング」効果が非常に実感できる1本です。

ピカピカになりますし、かなり撥水効果を実感できています。

効果は約1ヶ月間と書いてますので、1ヶ月に1回くらいの頻度でこのプレクサスを使って拭き上げています。

またコーティング効果のおかげか、次回の磨き上げの際に汚れが落ちやすくなります。

バイクのタンクを磨く程度なら1本で数年は持ちますし、僕はバイクだけではなくヘルメットとかも磨いてピカピカにしています。

ヘルメットって意外に水垢や虫が付いて前が見にくかったりするじゃないですか?

これで磨けば新品同様、本当にピカピカになるので気持ちいいです。

バイクの磨き方

バイクの磨き手順(僕の場合)

  1. 古いTシャツにカークリームやプレクサスを付ける
  2. 汚れを落としながらクリーム(プレクサス)を伸ばす
  3. ひたすら乾拭き

バイクの足回りを磨くTシャツは砂埃や小石が付着します。

そのままタンクを磨くと傷を付ける原因になるので、きちんと分けた方がいいですよ。

タンクやカウル、メーター類は、そのパーツ専用のTシャツ(磨く為の布)を用意しています。

 

僕は、ツーリングから帰ってくると、エンジンがある程度冷めるまで、毎回バイクを磨いています。

そのため、異変があるとすぐに気付くので早く対処できます。

スポンサーリンク

2.チェーンの注油

チェーンはエンジンの動力を後輪に伝える大切なパーツですので、注目しておくべきです。

僕は、「円陣家至高のチェーンオイル」を使っています。

いつものチェーンオイルと円陣家至高のものを体験ブースで実際に比較したことがあるのですが、明らかにタイヤの動きのスムーズさが円陣家至高の方が良かったのを覚えています。

なので、即購入しました。

興味がありましたら是非試してみてください、違いに気付くと思います。

ちなみに、このチェーンオイル。値段の割に少ないと思いますか?

正直、普通のチェーンオイルより多い回数使えますよ。

僕、このサイズで頻繁に注油しながらも4年以上は使ってます。

劣化はしているかもしれませんが、まだ残ってます。

なんでそんなに長い間使えるのか?

これ、注油の仕方にコツがあります。

これを使います。

100均で売っています。

これを使ってチェーンひとつひとつの連結部に米粒大ずつ注油していきます。

時間はかかりますが、そのメリットは大きいですよ。

よくあるスプレー式のチェーンオイルだと、どうしても連結部以外のオイルが不要なところにもオイルが付着してしまいますが、そのオイルは走行しているうちにゴミや砂をくっつけてしまうんです。

必要以上に汚れるので、チェーンの寿命も短くなります。

一方で連結部分だけに注油する方法では余分な場所にオイルがつかないので汚れも最小限で済みます。

実際、僕のバイクのチェーンは洗浄をあまりしなくても、いつも綺麗。

もちろん汚れてないので錆びも出ず、交換までの期間が非常に長くなります。

大型バイクのチェーンは結構高価なので、かなりのメリットだと思っています。

もちろん、オイルが必要な連結部にきっちりと注油しているので最大限にチェーンの機能を発揮しますし、見た目も美しいので、多少面倒でもやってみることをおすすめします。

3.オイル交換

ぺけじぇい
…工具いるよね?

はい、いります。

ただし、「自分でやる場合は」です。

お店にまかせるなら工具は不要。

ここで言いたいのは、「エンジンオイルは定期的に早いサイクルで交換するべきだ」ということです。

自分でやるのが面倒なら、多少お金を払ってでもお店でやってもらえばいい話。

オイルはよくエンジンの血液に例えられます。

自分の体に置き換えて考えてみてください、オイル交換の重要性がわかりますよね。

半年もしくは3,000kmで交換するようにしています。

これをきっちりやっていたから、古いバイクでも調子の良い状態で乗り続けられたと、僕は考えています。

まとめ

いかがでしょうか。

難しそうなバイクメンテナンスのイメージを少しでも和らげることができたら嬉しいです。

僕はこの6年で3台のバイクを乗り継ぎましたが、どのバイクも20年落ちの中古車でした。

もちろん全てキャブレター式(アナログ方式)です。

それでも大きなトラブルなく、今まで楽しんでバイクライフを送れているのはご紹介した簡単なメンテナンスを継続しているからだと思っています。

店の人にやってもらってもいいんです。

自分の大切なバイクの不調を素早く察知して対処するだけで、愛車の寿命は確実に延びます。

上手くバイクと付き合って、お互いバイクライフを楽しみましょう!

スポンサーリンク