バイクツーリングには三脚を持って行け!活用法と積載のコツを伝授!

スポンサーリンク
三脚

この記事では、「三脚を使うメリット」をご紹介します。

カメラは持って行くけど三脚は持ってかないよ

そんな方に伝えたいのは、

  • 三脚を使うだけで他の人とは違った写真が撮れるよ!

ということです。

これから「三脚の魅力」「おすすめの持ち運び方」をお教えしますね。

ぜひ次回のツーリングには三脚を活用してみてください。

スポンサーリンク

【三脚の魅力1】暗い場所でも綺麗な写真が撮れる

キャンプツーリングのイメージ
パインウッドキャンプ場の夜景

三脚を使えば、カメラのシャッター速度を遅くできます!

……だから何?

と思ったかもしれませんね。

そもそも、写真は光によって写ります。

三脚に固定すればブレることがないので、たくさんの光を安定的にカメラに取り込むことができます。

つまり、三脚があれば

  • 暗い場所でも綺麗に(明るく)写真が撮れる

ということなんですよ。

例えば、プロ写真家が撮った夜景や星空の写真を思い出してみてください。

真っ暗な場所なのに風景や星が綺麗に写っていて不思議に思ったことはないでしょうか?

もちろん、カメラの性能や技術も必要ですが、三脚を使っているから暗くても綺麗な(明るい)写真が撮れるのです。

【三脚の魅力2】自分が写真に写ることができる

バイク旅(北海道)
北海道ソロツーリングで自撮り

三脚を使えば、撮影者自らが写真に登場できます

写真の中に人が写るメリットは、

  • 写真にストーリー性が出る

ということです。

旅の雰囲気が写真に表れるので、良い写真になることが多いですよ。

せっかく素敵な時間を過ごしているわけですから、バイクや景色だけではなくて自分の姿も写真に残してみましょう。

後で見返すと、当時のことをより鮮明に思い出せることに気が付くはずです。

【三脚の魅力3】みんなで写真に写ることができる

三脚があれば、みんなで集合写真が撮れます

例えば、誰かとツーリングした時に三脚を出すと結構喜ばれます。

スマホで手軽に写真が撮れる時代ですが、

  • みんなが写っている集合写真は特別な価値

があります。

誰かその辺にいる人に撮ってもらえれば一番ですが、観光地ならまだしもツーリング先では人がいないことも多いですよね。

自分のタイミングと好きな構図で集合写真が撮れるのは三脚のメリットです。

スポンサーリンク

どうやって三脚を持っていく?

コンパクトな三脚
三脚ってバイクでどうやって持ち運べばいいの?

僕は、

  • 小型になる三脚をタンクバッグに入れて

持ち運んでいます。

小型といっても足を伸ばせば1mくらいの高さになる三脚です。

収納時は30cmよりも短くなるのでタンクバッグにも楽々入ります。

そこまでこだわりがなければ、僕が使っている三脚(3千円くらい)でも十分だと思いますよ。

\僕が長年愛用している三脚はこれ!/

スポンサーリンク

まとめ

小さい頃、父が三脚を使って写真を撮っているところを見て、

「三脚って必要?」

「ただの荷物じゃない?」

と思っていましたが、今なら分かります。

  • ワンランク上の写真を撮るのに三脚は必要

です。

あなたもぜひ三脚を使ってみてくださいね。

きっと写真の幅が広がってツーリングの楽しみが増えるはずですよ。

お互い素敵なバイクライフを過ごしましょう!

▼ツーリングに最適な三脚の選び方▼

ツーリング写真と三脚の選び方

ツーリング写真に最適な三脚はどれ?僕が使っている商品と選んだ理由

もっと情報が知りたいあなたへ……

KindleUnlimited

バイク雑誌などたくさんの情報源をお得に読める方法があります。

例えば、BikeJINを書店で買うと1冊で1,000円くらいしますよね。

他の雑誌も読みたいけど月の予算には限りがあるし……とお悩みの方に朗報です。

僕も愛用しているAmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら月額980円で様々な雑誌(電子書籍)が読み放題です!

BikeJINはもちろん、バイク、カメラ、キャンプ、ガジェットなど旅好きには堪らないジャンルの雑誌が豊富に揃っていますよ。

最初の30日間は無料でお試しできるので、ご興味があるかたはぜひ一度この素敵な世界を体験してみてくださいね。

\途中で解約しても30日間無料で利用できます!/

Kindle Unlimited
無料体験はこちら

【参考】詳しいレビューを見る
【参考】Kindle Unlimitedを利用して家でバイク趣味を楽しむ方法

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。