バイクツーリングを今よりさらに楽しくする方法を教えます!

ツーリングを楽しむ為の一工夫として、前々回は「野花」、そして前回は「文庫本」を取り上げました。

詳しくはこちらをどうぞ。
楽しみ方のご提案!バイクツーリング旅のお供(野に咲く花編)

楽しみ方のご提案!バイクツーリング旅のお供(文庫本編)

本日はそのシリーズの第三弾です。

さて、本日のお供は、「三脚」です。

スポンサーリンク

三脚の魅力3つ

①カメラのシャッター速度を遅くできる

三脚を使うと何ができるか?

ずばり、カメラのシャッター速度(シャッタースピード)を遅くしてもブレずに写真を撮影できるんです。

「は?」って感じですか?

これ、今ほど写真に詳しくなかった当時の僕が聞いても全く同じ気持ちになると思います。

なので、当時の僕でもわかるように説明しますね。

 

シャッター速度を調整することで写真の幅はかなり広がります。

これは紛れもない事実。

特に、シャッター速度を遅くした場合に撮影できる写真ってどんなのがあると思います?

具体的には、夜景や星空、絹の様な川の流れなどです、もちろん他にもたくさんあります。

 

星空を撮ろうとして、真っ暗の写真になった経験はありませんか?

実は、シャッター速度を遅くすると綺麗な夜空が撮れるんですよ、多少の調整は必要ですが。

シャッター速度を遅くすると言うことは、長い間シャッターを開けているということです。

長い間画像を撮り続けて、一枚の写真を作るイメージですね。

星の写真で、星が糸みたいに線に写っている写真を見たことがありませんか?

例えば、こういう写真です。

これは、星が動いている軌跡が写真に写っているんです。

つまり、星が動いている間ずっとシャッターが開いてるわけですね。

正確には、シャッターを開け続けるには限界があるので、上の写真のように星の軌跡が長いものは、何枚も合成していることがありますが、基本はそういうことです。

写真の中で、車のライトが線のようになっていることも同じ理屈です。

 

この写真の世界を知った写真素人の僕は、鳥肌が立つくらい驚きました。

写真とは「実際、目に見えるモノを残す」ものだと思っていたのですが、「実際、目に見えないモノでも残せる」と知ったんです。

「これ、めっちゃおもろいやん!」と思ったことを覚えています。

ただ、それと同時にシャッター速度を遅くすると写真がブレてしまう可能性が高いことを知りました。

手持ちでの撮影だと、どうしても限界があります。

その限界を突破するための道具が「三脚」なんですよ。

や、ほんとに。

僕が小さい頃、父が三脚を使って写真を撮影しているところを見て思ってました。

「その三脚いる?」って。

「ただの荷物じゃね?」って正直思ってました。

ただ、今なら分かりますよ。

あれ、全然荷物じゃないですね。

その証拠に、ツーリングに行くときは毎回タンクバッグに入れて持って行ってますからね、僕。

というわけで、シャッター速度を遅くすることで思ったような写真が撮れるときがあるので、三脚をお供にしてます。

スポンサーリンク

②自分が写真に登場できる

三脚の強みです。

撮影者自らが写真に登場可能です。

ナルシストなわけではないです。

 

例えば、キャンプの場面を撮影する場合。

あ、僕ソロキャンプよく行くんですよ、バイクで。

友達に言ったら軽く引かれるんですけどね。

 

キャンプのあの独特な時間、ゆったりした時間を写真に撮りたいときってあるじゃないですか?

まあ、あるんですよ。

テントとバイクとキャンプ道具だけを写真に撮ってもいまいちなときってないですか?

や、あるんですよ。

なので、コーヒー飲んでくつろいでる自分の後ろ姿をテントとバイクとキャンプ道具と一緒に写真に入れてみると、かなり印象が変わります。

写真にストーリー性が出るというか、雰囲気が出るというか、僕は満足する写真が撮れたなあって思うことが多いです。

だまされたと思って、試してみてください。

意外に良い写真が撮れますよ。

③みんなで写真が撮れる

「自分が写真に登場できる」というメリットと被っている部分もありますが、これは明らかにメリットです。

誰かとツーリングしたときに、僕がタンクバッグから三脚を取り出すと「おっ!」(いい仕事してるね。)という声が必ず飛びます。

記憶ってすぐ忘れるんですよ。

一枚でも写真が残ってたら、いいきっかけになるじゃないですか。

スマホとかで手軽に写真を撮れる時代ですが、やっぱりみんなで写っている写真は特別な価値があるように思います。

 

誰か他人に撮ってもらえばよくね?

確かに。

ただ、観光地ならまだしもツーリングだと人がいない場所に行くことが多々あります。

自分のタイミングで、自分の好きな構図で集合写真がとれる三脚は非常に魅力があります。

まとめ

三脚の魅力をご紹介しました。

三脚といえば荷物になるイメージですが、コンパクトなタイプもありますので、バイクのお供としてみるのはいかがでしょうか。

写真の幅が広がると楽しいですよ。

一緒に楽しいバイクライフを過ごしましょう!

スポンサーリンク