愛車を手放したくない方必見!ずっと自分のバイクに乗れる魅力とその方法

バイクに乗っている方がいつか必ず経験するのが「愛車との別れ」。

バイクを降りるとき、乗り換えのとき...なにかしらの理由で今の愛車とお別れする瞬間が間違いなくやってきます。

そのとき、あなたはどうしますか?

バイクに乗れる間はできるだけ長い間コイツ(愛車)と一緒にいたい!

そう思うのもバイク乗りの性だと思うんです。

もちろん、僕もそのひとり。

僕自身、今のバイクが3台目です。

250cc、400cc、1300ccとステップアップしてきたわけですが、もちろんその度に愛車との別れがありました。

1度は愛車との別れを経験しているわけですが、運よく1台目のバイクは実家に今も現役(走れる状態)で存在しています。

実はこれがすごく魅力にあふれた選択でした。

この「気に入ったバイクは手放さない」という選択肢は正直アリだと、個人的には思っています。

近々バイクを手放そうかと考えている方の参考になればと、僕が感じてるその魅力と手放さずに済むひとつの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

バイクを手放さない勇気は必ず報われる

気軽に違うバイクの魅力を体感できる

実家にあるバイクは「GB250クラブマン」。

>>>GB250クラブマンについては「【ホンダが誇る名車】GB250クラブマンの魅力を徹底解説」で詳しく説明しています。

僕が大学生の時に初めて所有した排気量が249ccのバイクです。

もともとは父のバイクでしたが、学生の頃に僕が乗ってました。

現在はXJR1300に乗っている僕ですが、たまに実家に帰ってGB250クラブマンに乗るとその違いに驚きます。

クラブマンの単気筒250ccってこんなにおもしろかったのか!!

そんな感覚に包まれるわけです。

この感覚は、クラブマンに乗っていた当時学生の僕では全く感じることができなかった感覚。

なぜなら、そのときの僕はまだZRX400やXJR1300というバイクを所有して乗り倒す経験をしていなかったから。

つまり、別のバイクに乗って初めて理解できる魅力が1台のバイクにはあると思うんです。

 

その魅力に気付く方法のひとつが、歴代の愛車を手放さずに置いておくこと。

複数台のバイク所有は置き場所やコスト的な制限で難しいことかもしれません。

僕の場合は運が良くて、環境に恵まれていたから実現しているだけなので偉そうなことは言えないのですが…

メインで乗り倒しているバイクがある状況で、昔乗っていたバイクに乗ってみる。

そして、そのバイクの魅力を今まで以上に濃く感じる感覚。

この感覚は多少無理をしてでも、体感する価値のあるものだと感じています。

複数台のバイクを眺める至福感

実家の車庫にはGB250クラブマンと父のXJR1200が並んで置いてあります。

一緒に並んでいるのが僕のXJR1300ではないところが少し残念なところではありますが、この2台のバイクが並んでいる光景はわくわくが止まらない見応えがあります。

複数台のバイクが車庫で自分を待っている、そんな景色を想像してみてください。

支度をして車庫に行く度に「今日はこっちのバイクにしようか...」、そんな選択ができるとしたら。

これが複数台のバイクを所有する魅力のひとつだと思っています。

スポンサーリンク

複数台のバイクを所有するために

複数台のバイク所有はハードルが高い?

ぺけじぇい
バイクを複数台所有するなんて、時間もお金も相当な余裕がないと無理だよ…

実際に僕自身が、今すぐにXJR1300ともう1台バイクを所有するのは厳しいものがあります。

賃貸で2台も置く場所がないし、なによりたまにしか乗らないバイクにメンテナンスの時間もお金も割く余裕がない。

ただ、可能性はゼロじゃないと思うんです。

なぜなら、いまの僕は実際に、時々クラブマンに乗って楽しんでいるから。

僕が未だにクラブマンに乗れている理由

メルヘンの丘とクラブマン

複数台のバイク所有が難しいと思ってしまう理由は、主に「置き場所の問題」「コストの問題」の2つではないでしょうか。

僕の場合は、実家に車庫があるということ自体はもはや感謝しかないわけですが、コストやメンテナンスの面では父も弟も僕もバイクに乗っていることがポイントになっている気がしています。

つまり、1人で複数台は厳しいですが、複数人で1台の所有は比較的ハードルが下がってくるということ。

 

参考までに、僕たちの例を少し詳しくお話しますね。

GB250クラブマンはもともと父が乗っていたバイクでした。

その後、父はXJR1200を購入したので、約10年ほどクラブマンは廃車状態で実家の車庫に眠っていました。

そんなクラブマンを僕が大学生になったときに引っ張り出して、北海道で乗り始めたわけです。
※ちなみに父もクラブマンでよく関西から北海道ツーリングをしに来てたらしく、親子2代でクラブマンには北海道を楽しませてもらいました。

修理や部品交換、登録や保険等々で15万円ほどかかったと思います。

このとき、僕のバイト代をつぎ込みました。

僕が北海道で乗り倒し、社会人になったタイミングで実家の車庫に返したのが、その2年後の話。

それからすぐに弟がバイクの免許を取得してクラブマンに乗り始めました。

そのときは弟が自費で部品等交換し、乗れる状態を整えたわけです。

今は弟が乗らなくなって父のもとに戻り、僕が実家に帰ったときに乗らせてもらってます。

僕が乗り始めたときより、はるかに調子が良くなったクラブマンがそこにはあります。

要するに、クラブマンを家族でシェアしているイメージなんです。

これなら、1人にかかる負担は大したことがない。

ましてや250㏄以下のバイクは車検がないのでなおさらです。

「乗る人が任意保険や整備など最低限のメンテナンスをする」、そんな緩いルールで幸せな運用が成り立っています。

まとめ

複数台のバイク所有を諦めていませんか?

「複数人で1台のバイクをシェアする」という切り口はいかがでしょうか?

もちろんメインのバイクは自分でしっかり所有する前提です。

友達同士でもいいですが、最も融通が利いてやりやすいのは家族(兄弟)とのシェアだと、僕は思っています。

親や兄弟を巻き込んで、一緒にバイクの魅力にハマればいいと思うんですよ。

車検のない250ccのバイクなら、意外となんとかなったりします。

もしあなたが乗り換えを検討しているなら、今のそのバイクを兄弟に譲ってみるのはどうでしょう。

「バイクに乗れる間はできるだけ長い間コイツ(愛車)と一緒にいたい!」が実現しますし、きっと楽しいバイクライフになりますよ!

スポンサーリンク