メルヘンの丘とクラブマン

ホンダの「GB250クラブマン」というバイクをご存じでしょうか?

僕がとても愛するバイクのひとつです。

そして、大学生だった僕が免許取得後に初めて所有したバイクでもあります。

距離にして約3万㎞。

北海道から本州までこのクラブマンで走り回った僕が、その経験をもとにこのバイクの魅力をご紹介します。

まだまだ中古で手に入るバイクなので、購入時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

GB250クラブマンの魅力4つ

至高のデザイン

北海道の景色とクラブマン

1983年12月に初期型が発売されたバイクなんですが、現代になっても古さを一切感じさせない見た目だと思いませんか?

完成された素晴らしいデザインだなあと、ネイキッドバイク好きの僕なんかは思ってしまうわけです。

大きくて曲線美を感じる、魅力的な形のタンク。

250ccなのにギッシリと車体に収まっているエンジン。
厚みのあるDOHCのエンジンヘッドが特に存在感があって格好いい!

そんな魅力的なパーツが合わさって造り上げられるGB250クラブマンは、全体バランスが本当に最高。

ネイキッドバイク、カフェレーサー好きにはたまらないはずです。

ツーリング先でコーヒーを飲みながらいつまでも眺めていられるバイクですよ。

良く回る単気筒のエンジン

テントから見たクラブマン

空冷、4ストローク、DOHC、4バルブ、単気筒。

高回転型のDOHCの恩恵か、ストレスなく良く回る、良いエンジです。

単気筒ならではの振動も魅力のひとつですね。

トップギアの5,000回転で大体80km。この条件で走ると振動が少なくなって心地よく走れます。

とにかく乗ってて楽しいんですよ。

アクセルをひねった分だけ「ドドドッ」と振動しながら前に加速するあの感覚。

トットットと前に行きたがる、単気筒らしいちょっとした曲がりづらさ。

普段はXJR1300に乗っている僕ですが、大型にはないエンジンのフィーリングが楽しくてしょうがない。

単純に「当たり前」として片付けたくない、全く違う楽しさがGB250クラブマンのエンジンには存在します。

頑丈なことに由来する圧倒的な安心感

奥尻島の景色とクラブマン

さすがホンダのバイクと言ったところでしょうか。

壊れないんです。

実は僕が乗っていたGB250クラブマン、昔に僕の父が中古で購入して乗っていたバイクです。

実家の倉庫で10年くらい眠っていた期間を経て、僕が倉庫から引っ張り出しました。

このクラブマンはおそらく1型(H型1987年発売)なので、僕が乗り始めたときは既に24年落ち。

そっから3万㎞、現在もなおノントラブルで走っています。

当時の僕がクラブマンで北海道を2周したり、北海道から兵庫県まで自走したり、嵐の中、大雨の中、ダートもガシガシ走りましたがノントラブル。

実は、今も実家にありまして。

父が乗ったり弟が乗ったり、帰省した時は僕が乗ったりしているのでまだまだ現役。

もう30才です。

これは特筆に値する頑丈さだと思っています。

この頑丈さが安心に変わり、気軽にどこへでも行けます。

もちろん最低限のメンテナンスは必要ですが。

長く一緒にいてくれる条件が揃っている

夕日とクラブマン

まず、250㏄だから車検がない。

これは維持していく上で大切なことです。

そして、車体のコンパクトさから扱いやすい。

さらに、単気筒だから燃費もいい。(平均で燃費は38㎞/L)

もっと言うと、まだまだ世間に出回っている個体数が多いので、比較的容易にパーツが手に入る。

とにかく、長く一緒にいたいと思わせてくれるバイクです。

実際に僕も父も一切手放す気はありません。

スポンサーリンク

僕のGB250クラブマンは今

元気に実家で暮らしています。

父はXJR1200に乗っているのですが、たまにクラブマンに乗ってぷらぷらしているようです。

やはりXJR1200とGb250クラブマンの違いが楽しいとのこと。

弟もバイクの免許を取得し、当時の僕ほどではないですがたまにクラブマンに乗っています。

なんだかんだで今も一番乗っているのは僕で、実家に帰省する度にクラブマンで出かけています。

僕のXJR1300との違いが楽し過ぎて仕方ない。

 

XJR1300の四気筒エンジンにはない、単気筒ならではの振動。エンジンの上に跨がっている快感をより感じることができます。

リッターバイクとは違ってアクセルをある程度多めに回せるのも楽しいポイント。

クラブマンですが、僕が乗り始めた時より調子が良くなっていて(ギアの入り具合とか)愛着が湧き過ぎて大変です。。

もう30才なので、労わりながら乗り続けたいところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

GB250クラブマンを購入しようか迷っているあなた。

ほんとに良いバイクですよ。

是非乗ってみてください。あなたのクラブマンもいろんな所へあなたを連れて行ってくれるはずです。

僕がそうでしたので。

 

スポンサーリンク