【ホンダが誇る名車】GB250クラブマンの魅力を徹底解説

スポンサーリンク
メルヘンの丘とクラブマン

この記事では、カフェレーサーモデルの元祖「ホンダGB250クラブマン」をご紹介します。

結構古いんでしょ?今でも乗れるようなバイクなの?

そんな方にお伝えしたいことは、

  • GB250クラブマンは素晴らしいバイクである
  • 今でも十分楽しく乗れるバイクである

の2つです。

これからGB250クラブマンの魅力を書いていきますね。

僕が初めて所有し、今でも年に数回は乗っているバイクなので、生のレビューをお届けします。

まだまだ中古市場で手に入るバイクなので、興味がある方はぜひ実車を確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

GB250クラブマンの魅力4つ

1.GB250クラブマンはデザインが素晴らしい

北海道の景色とクラブマン

GB250クラブマンは、1983年12月に初期型が発売されました。

もう30年以上も前になりますね。

そんな昔のバイクにも関わらず、

  • 古臭さを全く感じさせないデザイン

です。

今後もGB250クラブマンのデザインが廃れることはないと思います。

なぜなら、もともと流行を追い求めるようなデザインではないからです。

流行に逆らうようなコンセプトで、いわゆる「バイクらしいバイク」として売り出されたGB250クラブマン。

「バイクらしいバイク」のような根本的な概念に古いも新しいもないですよね。

その証拠に14年間も生産されたロングヒットモデルとなりました。

個人的にGB250クラブマンの見た目でお気に入りなのはエンジンですね。

250ccの車体にギッシリと収まっているDOHC単気筒エンジンは、抜群の存在感です。

そんなエンジンと全体のデザインが素晴らしく、ツーリング先でもついつい見とれてしまうバイクです。

2.GB250クラブマンのエンジンは楽しい

テントから見たクラブマン

GB250クラブマンのエンジンは、

  • 空冷
  • 4ストローク
  • DOHC
  • RFVC採用
  • 4バルブ
  • 単気筒

です。

……と言われても、詳しくない方にとっては暗号みたいですよね。

ものすごく簡単に言うと、

  • こだわって作られたエンジン

です。

※どのバイクのエンジンもこだわって作られているのですが、ここではそのツッコミはご勘弁ください

高回転型のDOHCの恩恵でしょうか、ストレスなくとても元気に回るエンジンです。

単気筒ならではの振動も魅力ですね。

アクセルをひねると「ドドドッ」と振動しながら前に加速するあの感覚は病みつきになります。

ちなみに僕のお気に入りは、トップギアの5,000回転。だいたい80km/hくらいですね。

この条件で走るとちょうど良い振動で心地よく走れますよ。

とにかくGB250クラブマンは走っていて楽しいバイクなのです。

3.GB250クラブマンは頑丈なので安心できる

奥尻島の景色とクラブマン

GB250クラブマンは、

  • とてつもなく頑丈なバイク

です。

さすがホンダのバイク、壊れないんです。

僕が乗っていたGB250クラブマンは、昔に父が乗っていたバイクです。

おそらく1型(H型1987年発売)なので、僕が乗り始めたときは既に24年落ちだったのですがトラブル知らずで走ってくれました。

実家の車庫で10年くらい眠っていた期間があるにも関わらずです。

あんまり酷使してないだけじゃないの?

いえいえ、北海道を何周もしたり、大雨の中やダートもガシガシ走りました。

それでもノントラブルなんです。

僕が乗り始めてからオドメーターを3万km以上のばしていますが、現在もなお元気に走っていますよ。

もう30年落ちのバイクであることを考えれば、驚異の頑丈さですよね。

この頑丈さは、

  • 気軽にどこへでも行ける安心感

につながります。

もちろん最低限のメンテナンスをすることが前提ですが。

▼基本メンテナンス(磨く)のやり方▼

バイクメンテナンスまとめ

バイクメンテナンスって何をすればいいの?初心者でも簡単にできる整備まとめ

4.GB250クラブマンは維持しやすい

夕日とクラブマン

GB250クラブマンは、

  • 長く乗り続けられるバイク

です。

まず、250ccなので車検がありません

また、単気筒なので燃費も良いです。(平均燃費は約38km/Lでした)

金銭的な負担が小さいことは、維持し続けるために重要ですよね。

次に、車体がコンパクトなので扱いやすいです。

細い道やダートでも躊躇なく進むことができます。

行動範囲が広がるので、バイクを存分に楽しむことができますよ。

さらに、世間に出回っている台数が多いので比較的容易にパーツが手に入ります

GB250クラブマンは、とにかく長く乗り続けられるバイクなのです。

実際、僕も父もこのバイクを手放す気は一切ありません。

スポンサーリンク

GB250クラブマンは大型バイクとは違った魅力がある

XJR1200とGB250クラブマン

この記事で登場したクラブマンは今も実家にあります。

父の手元に戻ったというのが正しいかもしれません。

父はXJR1200に乗っているのですが、たまにクラブマンに乗るのがとても楽しいそうです。

この感覚は、現在XJR1300に乗っている僕も体感しています。

何が言いたいかというと、

  • GB250クラブマンは大型バイクとは違う魅力を持っている

ということです。

たまに「排気量が大きいほうが良い」というバイク乗りがいますが、僕はその意見に反対です。

大型バイクを所有していても、クラブマンには乗りたくなるからです。

セカンドバイクとしてクラブマンに乗れる父が羨ましく思います。

▼排気量別の魅力まとめ▼

排気量によるバイクの違いを徹底解説

排気量によるバイクの違いを徹底比較!250・400・1300㏄に乗ったからわかった!

スポンサーリンク

まとめ

  • GB250クラブマンは素晴らしいバイクである
  • 今でも十分楽しく乗れるバイクである

僕はそのように感じています。

この記事で僕が感じているGB250クラブマンの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。

お互いバイクライフを楽しみましょう!

▼興味があればレッドバロンで実車を確認しよう!▼

レッドバロンでバイク購入

必見!レッドバロンでバイクを購入するときに役立つ7つの知識

▼乗り換えなら一括査定でお得に売却!▼

バイクブロス愛車無料一括査定はこちら

【関連】バイクを手放す時の注意点とは?後悔しないために知っておくべきこと

もっと情報が知りたいあなたへ……

KindleUnlimited

バイク雑誌などたくさんの情報源をお得に読める方法があります。

例えば、BikeJINを書店で買うと1冊で1,000円くらいしますよね。

他の雑誌も読みたいけど月の予算には限りがあるし……とお悩みの方に朗報です。

僕も愛用しているAmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら月額980円で様々な雑誌(電子書籍)が読み放題です!

BikeJINはもちろん、バイク、カメラ、キャンプ、ガジェットなど旅好きには堪らないジャンルの雑誌が豊富に揃っていますよ。

最初の30日間は無料でお試しできるので、ご興味があるかたはぜひ一度この素敵な世界を体験してみてくださいね。

\途中で解約しても30日間無料で利用できます!/

Kindle Unlimited
無料体験はこちら

【参考】詳しいレビューを見る
【参考】Kindle Unlimitedを利用して家でバイク趣味を楽しむ方法

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。