【北海道ツーリング】バイクと宿泊!おすすめのキャンプ場3選(道東・道北エリア)

スポンサーリンク
北海道ツーリングにおすすめのキャンプ場

9月下旬の北海道ツーリング!バイクに乗る服装とキャンプ装備を徹底解説!」という記事では、“北海道ツーリングって、どれくらい寒いものなのか”について書きました。

まだ読んでいない方は、「9月下旬の北海道ツーリング!バイクに乗る服装とキャンプ装備を徹底解説!」も読んでみてくださいね。

さて、この記事では、“北海道のおすすめキャンプ場”という点に注目していきます。

 

北海道ツーリングの魅力のひとつは、広大な北海道の自然を堪能できる“キャンプ”

「北海道ツーリングに来たからにはキャンプを経験しないと損だ」と、僕は思っています。

そんな僕が、実際にキャンプをして良かったと思うキャンプ場だけをご紹介しますね。

「北海道ツーリングを計画しているけど、どこでキャンプをするか迷っている」

そんな方は、この記事を読んでいただくと、良い候補が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

北海道ツーリングでおすすめのキャンプ場3選(道東・道北エリア)

1.和琴半島湖畔キャンプ場

和琴半島湖畔キャンプ場

和琴半島湖畔キャンプ場の魅力はこれ!

美幌峠のすぐ近く、屈斜路湖のすぐそばでキャンプができるサイト。

控えめに言っても最高のロケーションです。

無料の露天風呂が徒歩3分程の場所にあるのもかなり魅力。

和琴半島湖畔キャンプ場の露天風呂

朝一(5時半頃)に僕が行った時は、貸し切りでした。

硫黄の香りがする良いお湯で、ちょっと熱めの湯加減も申し分ない。

すぐそばにある屈斜路湖を眺めながら、最高の時間を過ごすことができます。

温泉好きにはたまらない露天風呂のはずです。

 

この露天風呂は、大きな湯船がひとつ。

足下は砂利で、体や頭を洗うスペースはありません

脱衣所の簡易的な小屋がひとつありますが、ロッカーはなく男女の区別はないです。

なので、貴重品の管理には注意が必要。

湯船から見える位置に荷物を置いて自分で監視しましょう。

キャンプ場へのバイクの乗り入れは?

可能です。

敷地内は軽いダートなので注意しながら走行してください。

料金

バイクと大人1人:450円

買い出しと温泉

買い出しはやや不便。

近くにコンビニやスーパーはなく、バイクで約20分の弟子屈の町まで行く必要があります。

キャンプ場に行く途中に食料などの買い出しは済ませておくのがおすすめ。

早めにキャンプ場に到着してテント設営、荷物を下ろした後で軽いツーリングがてら、買い出しするのもいいでしょう。

キャンプ場の売店では、ビールとおつまみ、カップラーメン程度の食事は販売しています。

ただし売店は、18時頃には閉まってしまうのでご注意を。

温泉は、既に紹介した無料露天風呂とすぐ目の前に旅館がありますので、その旅館で日帰り入浴が可能です。

無料の露天風呂は体を洗う場所がなかったりと少々不便なので、お風呂はこちらを利用するのもありです。

湖心荘の看板

設備

綺麗なトイレと流しがあります。

さすがは有料キャンプ場と言ったところ。

場所詳細

 

2.兜沼公園オートキャンプ場

兜沼公園オートキャンプ場

兜沼公園オートキャンプ場の魅力はこれ!

道北にある静かな空間の中、良質のフィトンチッドを感じながらぼーっと過ごせる良いキャンプ場です。

自然溢れる森の中の静かなサイトはロケーション抜群

広い敷地内をバイクで走り回って好きな場所にバイクを置いてテントを張ることができます。

この自由な感じがなんとも言えない魅力。

稚内や宗谷岬までもそう遠くないので、道北をツーリングする拠点としておすすめですよ。

キャンプ場へのバイクの乗り入れは?

可能です。

敷地内はダートの場所もあるので、走行には多少の注意が必要。

料金

バイクと大人1人:410円

買い出しと温泉

やや不便です。

すぐ近くに買い出しできる場所や温泉はなく、豊富の町まで行く必要があります。

温泉は豊富温泉、買い出しは豊富温泉までの道にあるセイコーマートで。

豊富温泉まではバイクで約20分程度。

夜は街灯の少ない夜道を走ることになるので明るいうち済ませておきたいところです。

早めにキャンプ場に到着してテント設営、荷物を下ろした後に買い出しと温泉に出かけるのがおすすめです。

キャンプ場の受付で豊富温泉の100円割引チケットがもらえます。

僕が行った「豊富町ふれあいセンター」(温泉)は、上の割引券を利用して400円でした。

設備

綺麗なトイレと流しがあります。

特に受付横のトイレは土足禁止のかなり綺麗な空間。

場所詳細

※一番上がキャンプ場。
下2つは、セイコーマートと豊富温泉の位置です。

 

3.みさき台公園キャンプ場

みさき台公園キャンプ場

みさき台公園キャンプ場の魅力はこれ!

写真の通り、天気が良ければ利尻富士がバッチリ見える景色が抜群のロケーション

徒歩圏内に“温泉”と初山別の“道の駅”があります。

テント張ってからバイクに乗ることなく、徒歩でお風呂と食事が済んでしまうという最高に良い条件。

温泉施設内にはビールの自動販売機もあります。

今まで僕が経験した無料キャンプ場の中で一番快適かもしれません。

下の海岸に降りると、また雰囲気の良い場所。

みさき台公園キャンプ場下の海岸

朝コーヒーはここで頂きました。

ここは、星空と夕日が綺麗な場所です。

キャンプ場へのバイクの乗り入れは?

芝生のサイトに乗り入れはできないみたいです。

しかし、駐車場のすぐそばにテントを張ることができます。

  • 「朝起きてテントを開けるとすぐそばに愛車がある」
  • 「愛車を眺めながら酒を飲む」

これがやりたい僕からすると、駐車場に置いても位置的には乗り入れと遜色ありません。

料金

無料です。

買い出しと温泉

徒歩圏内で全て済みます。

設備

綺麗なトイレと流しがあります。

無料キャンプ場としては驚きのクオリティです。

場所詳細

スポンサーリンク

 

まとめ

どれも僕が自信を持っておすすめできるキャンプ場です。

少々荷物は増えますがキャンプ道具をバイクに積んで北海道の雄大な大地と綺麗な星空のもと、キャンプとかいかがでしょうか。

きっと最高の気分に浸れるはずです。

お互いバイクライフを思いっきり楽しみましょう!

最初の記事へ>>>日程や費用をもれなく公開!北海道ツーリングする方法を徹底解説!

▼北海道ツーリングの記事はこちらにまとめています。
ほくつーらいふ。~北海道ツーリング講座~

スポンサーリンク