「とにかくカメラは一眼レフが一番良い」と思っていませんか?

バイクツーリングなど、日常生活から少し離れた状況の場合は、その考えは必ずしも正解ではありません。

本日は僕が実際に愛用しているツーリングに最適なカメラをご紹介したいと思います。

もう先に言っちゃいます。

それはズバリ、「OLYMPUS STYLUS 1(s)」です。

スポンサーリンク

バイクツーリングにとってのカメラとは

もはやカメラはバイクの次に重要な相棒だと僕は思っています。

なので、どんなに近場に走りに行くときでも財布とカメラは常に持って行くことにしてるんです。

ツーリング先で心に留まったモノを写真で残しておきたいと思うのは人間の性。

可能なら常に一眼レフとたくさんのレンズと三脚をもって行くのがベストかもしれないですが、バイクの場合はどうしても積載に限界がありますよね。

気軽に走りたい。でも、ある程度の写真は撮りたい。

そんなわがままな人のためのカメラと言っても過言ではない気がします。

それが「OLYMPUS STYLUS 1(s)」です。

あの有名なHNKブラタモリでタモリさんが使っていたカメラでもあります。
※あのタモリさんと同じカメラを選んでいたことが少し嬉しかったです。
オリンパススタイラス1(Olympus stylus1)

 

OLYMPUS STYLUS 1の魅力

1.サンニッパの実力

サンニッパとは、「焦点距離 300mm 開放絞り値 2.8」のスペックを持つ、望遠レンズのことです。

すごく簡単に言うと、「十分なくらいズームできて、十分なくらい綺麗にボケる。」です。

カメラ好きな人が憧れるレンズで、一眼レフでこのスペックのレンズを購入するとなれば、相当お高いです。

それがコンパクトデジタルカメラとはいえ、比較的手の届く範囲の値段で手に入るのは非常に魅力としか言いようがないです、ほんとに。

景色、人、夜景、もちろんバイク、ちょっと頑張れば鳥など万能に撮影可能です。

僕には十分すぎるポテンシャルを持つ相棒です。

カワセミ
小魚を咥えたカワセミ
STYLUS 1でも鳥の撮影が可能です。

 

2.コンパクト

それでいて、もうほんと気軽に持ち運べる大きさです。

さすがに通常のコンデジよりは少し大きいですが、ミラーレス一眼よりは小さく、なんの気兼ねもなくタンクバッグに放り込んでお出かけできます。

本格的なEVF(電子ビューファインダー)もついていて、視界は良好。

バイクのお供に最高です。

 

ちなみに、このEVFですが、これから主流になってくると思います。

太陽を映しても目が痛まないので、逆光写真もどんどん撮影可能です。

 

また、付属のレンズキャップが僕のお気に入りです。

ボタンのONと同時にレンズに押されて勝手に開くのでレンズキャップをなくす心配がなく、外す動作が不要な分、シャッターチャンスを逃さずに撮影可能です。

本格的に写真を撮りに行くならば別ですが、僕のようにあくまでバイクで走ることがメインなスタイルの場合は、ツーリング先でレンズの交換はしたくないですし、レンズ自体も荷物なので持ちたくない。

つまり、レンズ交換は必要ないコンデジは逆に魅力です。

オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ
きちんとボケるので楽しく撮影できます。

 

3.カスタマイズ性の高さ

操作感も心地よく、欲しい場所に欲しいボタンがそこにあるという感じです。

ユーザーが自由に機能を設定できるボタンもあり、自分好みにカスタマイズできますので、もう愛着が止まらないです。

もちろん、絞り、シャッタースピード、露出等々は自由に変更できるので撮りたい写真を撮ることができます。

奥尻島の夜
北海道の奥尻島にて。光で遊んでみました(加工は一切してません)。
細かく設定が可能ですので、夜でも十分写真で遊べます。

 

スポンサーリンク

まとめ


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK

まだまだ魅力はたくさんありますが、このへんにしときます。

もちろんバイクツーリングだけではなく、普段使いや旅行、家族写真でも活躍することは間違いないです。

Wi-Fiでスマホと連携が可能なところも便利で使いやすいポイントです。

また、レンズの交換はありませんが一眼レフに近い操作性なので、「これからカメラに凝ってみたいけど一眼レフって重いし。。。」という方にもとてもおすすめです。

気軽なサイズと十分すぎる実力が一番の魅力かなあと僕は思います。

 

一眼レフがカメラの中で一番ではありません。

コンパクトなデジカメも用途によっては一番になり得ます。

先入観は捨てて、自分のスタイルに合ったカメラを選択してみてください。

結局道具は一緒に連れていってなんぼだと思いますので。

 

関連記事(スタイラス1で撮影)>>>【北海道ツーリング】バイクで行きたい絶景写真スポット9選(道東・道北編)

関連記事(スタイラス1を修理)>>>知らなきゃ損!故障したオリンパスカメラは「修理」した方がお得かも!

関連記事>>>無料で写真が上達する!簡単にカメラの技術を学べる効率的な方法

関連記事>>>旅行の写真が見違えるくらい良くなる!撮影時のたった3つのコツ

関連記事>>>楽しみ方のご提案!バイクツーリング旅のお供(三脚編)

バイクやツーリングに関する記事の一覧はコチラ>>>バイク情報記事一覧

スポンサーリンク