おすすめは一眼レフではありません!バイクツーリングに最適なカメラ

スポンサーリンク
オリンパススタイラス1

「とにかくカメラは一眼レフが一番良い」と思っていませんか?

バイクツーリングの場合、その考えは必ずしも正解ではないと、僕は思っています。

結論から申し上げます、僕がツーリングに最適なカメラだと思っているのは、OLYMPUS STYLUS (スタイラス)1です。

この記事では、なぜ一眼レフではないOLYMPUS STYLUS 1がバイクツーリングに最適なのか、その理由を書いていきますね。

バイクツーリングにとってのカメラとは

北海道ツーリングの写真

僕はどんなに近場に走りに行くときでも財布とカメラは常に持って行くことにしています。ツーリング先で心に留まったモノを写真で残しておきたいからです。

 

「気軽に走りたい。でも、ある程度のレベルで写真を撮りたい」

可能なら常に一眼レフとたくさんのレンズと三脚をもって行くのがベストかもしれないですが、バイクはどうしても積載に限界がありますよね。

OLYMPUS STYLUS 1は、そんなわがままな人のためのカメラと言っても過言ではありません。

僕にとってツーリングで使うカメラとは、バイクの次に重要な相棒なのです。

 

ちなみに、スタイラス1はブラタモリ(HNKの番組)でタモリさんが使っていたカメラでもあります。

 

スタイラス1がツーリングに最適なカメラである理由

1.サンニッパの実力でワンランク上のツーリング写真が撮れる

オリンパススタイラス1(オリンパススタイラスOlympus stylus1)

スタイラス1が持つ、サンニッパの性能はとても優秀

サンニッパとは

「焦点距離 300mm 開放絞り値 2.8」のスペックを持つ、望遠レンズのことです。

すごく簡単に言うと、「十分なくらいズームできて、十分なくらい綺麗にボケる」です。

カメラ好きな人が憧れるレンズで、一眼レフでこのスペックのレンズを購入するとなれば、相当お高いです。

実際のところ、スタイラス1が1台あれば、景色や人、夜景、もちろんバイク、鳥など、万能に撮影できます。僕には十分すぎるポテンシャルです。

 

一眼レフのカメラとサンニッパのレンズを揃えようとすると、スタイラス1を購入する費用とは比べ物にならないくらいお高い。

そういう意味でスタイラス1は、コストパフォーマンスに優れているとも言えます。

カワセミ

▲「小魚を咥えたカワセミ」
STYLUS(スタイラス)1なら野鳥の撮影だって可能です

 

2.コンパクトだからツーリングに持って行きやすい

ぺけらいふ
カメラは使ってなんぼだと思う

スタイラス1は、一眼レフよりは圧倒的に小さいコンパクトデジタルカメラです。

非常に性能が良いカメラなのに、気軽に持ち運べる大きさなんです。なんの気兼ねもなくバッグに放り込んでお出かけできるので、バイクのお供に最適です。

 

また、スタイラス1は、コンパクトデジタルカメラなので交換するレンズを持つ必要がないという点でも魅力的ですね。

一眼レフは、レンズを交換できることがメリットのひとつですが、そのためには交換レンズを持ち歩く必要があります。

本格的に写真を撮りに行くならば別ですが、僕のようにバイクで走ることがメインの場合はツーリング先でレンズの交換はしたくありません。レンズという荷物が増えるのも避けたいと思ってしまいます。

北19号で撮影した素晴らしい道の写真

▲「波打つ道(北海道の北19号)」
STYLUS(スタイラス)1は、コンパクトなのでツーリングに集中できます。
かなり望遠で写真が取れるので道や山などの背景を大きく映すこともできますよ。

 

3.ツーリング写真を撮るための機能が充実

まずは、本格的なEVF(電子ビューファインダー)が搭載されていること。これは写真を撮る上で非常にありがたい装備です。

なぜなら、ビューファインダーがないと画面を見て撮影するしかないわけです。どんな不都合が起こるかと言うと……

日差しが強くて、画面が見にくい!

特に快晴の時は、光が反射して画面が見にくいので構図もピントも上手く調整しにくくなります。

 

その点、EVFが付いているスタイラス1なら、どんな天候でも視界は良好、快適です。

EVF(電子ビューファインダー)とは
ファインダーの奥に小さな液晶画面があって、そこに映し出された映像を見る仕組み。
ファインダーをのぞき込んで液晶画面を見るから、まわりの明るさに左右されないのが魅力。

ちなみに、このEVFですが、「これから主流になってくるだろう」とプロのカメラマンさんがおっしゃっていました。

理由は、2つ。

  • 技術の新派によって、従来のビューファインダーと機能的な差(タイムラグなど)がなくなった
  • 太陽を映しても目が痛まないので、逆光写真もどんどん撮影できる

 

EVFだけではありませんよ。個人的には、スタイラス1の付属レンズキャップがお気に入りです。

電源を入れると同時にレンズに押されて勝手に開くレンズキャップです。

レンズキャップをなくす心配がなく、外す動作が不要な分すぐに撮影できます。

バイクに乗っていて道端で小動物や絶景に出会っても安心です。スタイラス1なら、すばやく撮影できるのでシャッターチャンスを逃しません。

オオイヌノフグリ
▲「オオイヌノフグリ」
STYLUS(スタイラス)1は、きちんとボケるので楽しく撮影できます。

 

4.スタイラス1はカスタマイズ性が高い

ぺけらいふ
とにかく、使いやすいよ!

操作感も心地よく、欲しい場所に欲しいボタンがそこにあるという感じ。

さらに自分の使いやすいように機能を設定できるカスタムボタンがたくさんあるから、愛着が止まらない。

絞り、シャッタースピード、露出を簡単に変更できるので、撮りたい写真を撮ることができます。

パインウッドキャンプ場の夜景

STYLUS1は、夜景撮影でもポテンシャルを存分に発揮してくれます。

 

5.ツーリング先でもスマホと連携できる

ぺけらいふ
SNSが盛んな今の時代には必要不可欠な機能を搭載!

スタイラス1には、Wi-Fiが搭載されているのでスマホとの連携も簡単。

カメラで撮った写真はその場でスマホに保存して、SNSに掲載することができます。

例えば、

「今日はここにツーリングに来ています」

というTwitterへの投稿に、スマホで撮った写真よりもワンランク上の写真が使用できるということ。

僕もよく使っている機能です。

 

スポンサーリンク

まとめ

補足
スタイラス1Sという後継機種も発売されています。
どちらもカメラ性能に変わりはありません。
※スタイラス1もスタイラス1Sと同じ性能に無料でアップデートができます。

スタイラス1には、まだまだ魅力が満載。

バイクでのツーリングだけではなく、旅行、家族(子供)写真を撮影する場合でにも、大活躍することは間違なしのカメラです。

レンズの交換はありませんが一眼レフに近い操作性なので、「これからカメラに凝ってみたいけど一眼レフって重いし…」という方にもおすすめです。

 

一眼レフがカメラの中で一番ではありません。

コンパクトなデジタルカメラも、用途によっては一番になり得ます。

先入観は捨てて、自分のスタイルに合ったカメラを選択してみてください。

結局のところ道具は一緒に連れていってなんぼだと思いますので。

 

▼ツーリング写真はちょっとしたテクニックを知っているだけで見違えるほど上手くなります!
次の記事>>>なぜ僕のツーリング写真はヘタクソだったのか?その理由と上手く撮る方法

 

▼オリンパスのスタイラス1はコンデジなので、メーカーでの修理もお得!メンテナンスも安心です。

 

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ