【北海道ツーリング】自走とフェリーはどっちがおすすめ?北の大地まで行く方法を比較してみた

自走とフェリーはどっちがおすすめ?

この記事では、初めての北海道ツーリングを企画する際に悩むであろう、「北海道までどうやって行くか?」について書いていきます。

“自走”“フェリー”の両方を経験した僕の感想を、メリットとデメリットに分けてご紹介するので、後悔のない選択のお役立てください。

スポンサーリンク

北海道への移動で自走フェリーに注目する理由

大洗港フェリーターミナル正面玄関

そもそもなぜ自走とフェリーを取り上げるのか?

それはこの2つが、現実的かつバイク乗りのニーズにマッチしている方法だからです。

そう言うと、「他にも方法はあるよね?」と思う人もいるでしょう。たしかに、飛行機や電車を使うなど、北海道への移動手段は他にもあります。

例えば、『人間は飛行機(新幹線)で行き、バイクは輸送(もしくは現地でレンタル)する』みたいな感じですね。でも、個人的にこの選択肢はなしです。

まず、バイクの輸送にはお金がかかりすぎます。たしかに、金銭的な余裕があれば、移動時間が短縮できるので素敵な選択肢かもしれません。でも、残念ながら僕はお金持ちではないので、現実的ではありません。

次に、レンタルバイクを利用する方法ですが、これでは自分のバイクで北海道ツーリングができません。これは寂しいので、この選択肢は選びません。

というわけで、消去法の結果、僕に残る選択肢は、“自走”“フェリー”の2つとなります。だから、この2つの方法に注目してお話ししていきます。

自走フェリーはどっちがおすすめ?

どっちがおすすめか

では、自走とフェリーどっちがいいのか?

結論を言うと、『どっちもいい!』です。

両方とも経験して、どちらにもメリットとデメリットがあると思いました。と言うと、「は?どっちがいいか言えや!」と怒られそうなので、もう少し具体的な意見を書くと、

  • 一度は自走を経験して、後はフェリーを利用する

のがいいと思います。

個人的に自走は疲れるので、何度もしたくありません。でも、やっといて損はないと思うの。

「じゃあ、私は自走とフェリーのどれから始めればいいの?」という質問が来そうなので、これから両方のメリットとデメリットをご紹介します。そのうえで、あなたの好きなほうから始めてみてください。

自走で北海道に行くメリットとデメリット

バイクとツーリング

自走のメリット

僕が実際に自走して感じたメリットは、

  • 自分の力で北海道まで移動したという達成感
  • 途中で本州のツーリングスポットに立ち寄れる
  • 好きな時間に出発できる
  • 交通費を安く出来る(かもしれない)

です。

様々な公共交通機関がある中であえてそれを利用せず、自分の運転だけで長距離を移動し切る。その時の達成感たるや、何にも代えがたいものがあります。途中で「僕は一体何をしているんだろう?」という、虚無感にとらわれつつも前進した経験は、のちに良い思い出となります。

さらに、北海道に向かう途中でツーリングを楽しめるのも、自走のメリットです。僕は、東北に立ち寄ってツーリングを楽しみました。関西以西から出発する人は長野県に寄れるので、ビーナスラインも堪能するドリームプランも不可能ではありません。

船の出航時間に縛られないのも自走の特権です。仕事が終わってから仮眠して、関西から夜通し走って北海道を目指す人もいます。(僕の父は昔そうしていたらしいです)

自走のほうが交通費は安くなる傾向ですが、これは出発地にもよりますね。自走でかかるガソリン代と高速代とフェリー代(青森ー北海道間)を全行程フェリー代と比較して確認できます。

自走のデメリット

自走のデメリットは、

  • 体力的に疲労する
  • 時間が読みにくい
  • 交通事故のリスクがある

かなと思います。

多くの人にとって北海道は遠いはずなので、自走はとっても疲れます。その状態で、北海道ツーリングに突入するとこになるので、ここはデメリットですね。

また、スケジュールにズレが生じやすいのも、デメリットかなと思います。フェリーなら寝ていても決まった時間に到着しますが、自走の場合は休憩を増やすとどんどん到着が遅れていきます。これはツラいところですね。

交通事故のリスクも見逃せません。長距離かつ夜間に走ることも想定されるので、注意して運転したいところです。

以上、自走のメリットとデメリットでした。次項ではフェリーのメリットとデメリットを紹介します。

フェリーで北海道に行くメリットとデメリット

新造船さんふらわあ さっぽろ(フェリー)

フェリーのメリット

フェリーのメリットは、

  • 体力を温存できる
  • 時間が読みやすい
  • 交通事故のリスクがない
  • 下船するときのワクワク感がたまらない

です。自走のデメリットを反対にした感じですかね。

寝てても北海道に着くので、万全の状態で北海道ツーリングを開始できるのは大きなメリットです。

船内で過ごす時間も魅力のひとつで、お風呂に入ったり景色を眺めたりと、普段の生活よりのんびり過ごせるので、僕は好きです。

「いよいよ下船!」となった時のワクワク感も、フェリーの魅力。バイクに荷物を積んで、同じくウキウキしている旅人に混じって、下船の合図を前のめりで待っている時間は、本当に最高です。船から下りれば、そこはもう北の大地ですからね。

フェリーのデメリット

逆に、フェリーのデメリットは、

  • 出港時間が決まっている

というところでしょうか。

出航時間が決まっているし、都会のJRのように1日に何十本もあるわけではないので、少々融通がききにくいです。しかし、それ以外で大きなデメリットは感じません。

ただ、出発場所によっては自走のほうが、所要時間は短く、交通費は安くなる可能性はあります。

\バイクでフェリーに乗る方法はこちらにまとめてます/

北海道ツーリングのフェリーの疑問解決

【北海道ツーリング】フェリーの予約・バイクの乗せ方・船旅のコツを徹底解説!

あなたにあった移動で北海道ツーリングを楽しんでください

アイデアのイメージ

以上、僕の経験から自走とフェリーのメリットとデメリットをお話ししました。

正直に言うと、僕はフェリーを使った回数のほうが多いです。自走は体力的にツラい……(笑)

でも、自走は経験したほうがいいです。『北海道まで自分の運転で移動したことがある』というのは想像以上に自信になりました。もはや、どこにでも行ける気がしてきます。

フェリーに大きなデメリットはありませんが、自走と同じメリットを享受できるわけではありません。自走には自走にしかない良さが間違いなくありました。

それぞれの良さを比較検討して、後悔しないほうを選んでください。

お互い北海度ツーリングを楽しみましょう!(^ ^)

\北海道ツーリングに役立つ知識はこちらにまとめてます/

北海道ツーリングのやり方講座

北海道ツーリングのやり方まとめ

バイクのトラブルに備えてJAFに加入しておこう!

JAF会員のイメージ

北海道ツーリングのように遠出をする際は、万が一のトラブルが心配ですよね。

なので、僕は10年以上ずっとJAF会員です。

JAF会員なら、

  • バッテリー上がり
  • パンク対応
  • ガス欠対応
  • 故障車けん引

これらが全て24時間365⽇、何度でも、無料で対応してもらえるので、安心してツーリングに集中したい方にはとてもおすすめです。

※バッテリーやガソリンなどの部品・燃料代は別途実費払い。けん引は15kmまで無料。

年会費は4,000円。サポート内容を考えると安いです。

さらに、身近なお店(全国約39,000の会員優待施設)でJAF会員割引や優待が受けられるので、年会費は全く負担とは感じません。

「たった4,000円で安心が買える」と考えて加入しておくといいですよ。

\僕もJAF会員です(^ ^)/

JAFについて詳しく見る

【参考】年会費は実質無料!僕がJAF会員を10年以上続けている理由を徹底解説!

もっと情報が知りたいあなたへ……

KindleUnlimited

バイク雑誌などたくさんの情報源をお得に読める方法があります。

例えば、BikeJINを書店で買うと1冊で1,000円くらいしますよね。

他の雑誌も読みたいけど月の予算には限りがあるし……とお悩みの方に朗報です。

僕も愛用しているAmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら月額980円で様々な雑誌(電子書籍)が読み放題です!

BikeJINはもちろん、バイク、カメラ、キャンプ、ガジェットなど旅好きには堪らないジャンルの雑誌が豊富に揃っていますよ。

最初の30日間は無料でお試しできるので、ぜひ一度この素敵な世界を体験してみてくださいね。

\途中で解約しても30日間無料で利用できます!/

Kindle Unlimited
無料体験はこちら

【参考】詳しいレビューを見る
【参考】Kindle Unlimitedを利用して家でバイク趣味を楽しむ方法

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

ぺけらいふ。管理人
普通のサラリーマンです。このブログでは10年以上のバイク歴で学んだ、バイクや旅のリアルな情報を発信しています。バイクや旅が好きな人のお役に立てたら嬉しいです(^ ^)