冬でも快適にバイクを楽しめる、おすすめグローブ!防寒・安全・耐久性に優れた一品

スポンサーリンク
ライディンググローブ

冬でも快適にバイクが乗れる、おすすめのグローブがあれば教えて欲しい

この記事はそんな方に向けて書いています。

バイクに乗る際にグローブは重要な道具。

グローブに求めたいのは「安全性」と「防寒性」、そして「耐久性」ではないでしょうか?

自分の肌に直接触れるもので、使用頻度が高く、機能性を求める道具だからこそ、バイク用のグローブはこだわりを持って選びたい。

だからこそ、この記事では僕が実際に使用して「このグローブは本当にいいぞ!」と感じたものだけをご紹介します。

その製品とは「JRP製のウインターツーリンググローブ」です。

 

スポンサーリンク

JRPというバイクグローブのメーカーをご存知ですか?

JRPは、1987年に生まれました。

それ以来オートバイを愛するライダーの手を守り、より快適なライディングを
楽しんでもらおうと、一途にグローブを作り続けて参りました。

QUALITY OF JAPAN を掲げているように、JRPのグローブは
香川県 東かがわ市の地で生産されております。

引用元:JRPホームページ(http://www.jrp.co.jp/jrp.html)

そもそもJRPというメーカーをご存知でしょうか?

JRPは、バイク用のグローブを長年作り続けています。

そして、上記はJRPのホームページのトップに掲載してある言葉。

“職人が作った道具を販売する、信頼できるメーカー”

そんな印象を受けます。

職人が作った道具は、長く使えるモノ、愛着が湧くモノが多い。

少々値が張っても、良い道具を長く使っていきたい。

そんな方におすすめのメーカーです。

そして、僕はJRPの製品に惚れています。

 

JRP製のウインターツーリンググローブの魅力

▲僕が購入した「JRP製ウインターツーリンググローブ(TB-GR002 )」

早速ですが、僕が実際に使用しているグローブの魅力を書いていきます。

同時にこれはJRPの魅力でもありますので、「このグローブいいなあ」と感じるようであれば、JRP製グローブの購入を検索してみてくださいね。

1.バイク用のグローブに不可欠な「安全性」と「耐久性」に優れている

しっかりとした革で作られているので、万が一の衝撃からも手を守ってくれます。

また、素材の良さだけではなく、職人が丹精込めて作った製品なので長年使える道具であることは間違いありません。

「安全性」そして「耐久性」は抜群です。

 

2.「防寒性」に優れた冬ツーリングの強い味方

僕が購入したグローブは、生地の真ん中に透湿・防水・防風素材の特殊なフィルムが挟まれた3層構造になっていて保温性が抜群。

このグローブを装着して真冬(1月)に関東をツーリングしたのですが、感動しました。

ぺけらいふ
まったく手が寒くない!

信号待ちの度にバイクのエンジンに手をあてて暖をとっていた僕でしたが、もはやその必要はまったくなし。

ぽかぽかの快適ツーリングが実現しました。

特筆すべきは、冬の寒さで下がりつつあったツーリングへのモチベーションが回復したことですね。

ツーリングへいく回数が増えそうです。

 

3.バイクの操作感が大きく低下しない

冬用のグローブって暖かいけど分厚くてクラッチやアクセルの操作がしづらいイメージがある

そんな不安を持っている方に朗報です。

実は僕も同じような不安があったのですが、まったく心配いりませんでした。

もちろん、夏用と比べれば多少の操作のしづらさはありますが、慣れてしまえば気にならない程度です。

グリップヒーターにも対応してますよ。

さすが、バイクで使うことを想定して作られたグローブですね。

 

JRP製のグローブを購入する

JRP製バイク用防寒グローブ

僕が購入したのはアウトライダー(バイク雑誌)とJRPがコラボした「旅具屋」の商品。

在庫が多くないようで、僕が買った商品はあとわずか。

「旅具屋のホームページ」から10,800円で購入しました。

注意
旅具屋のホームページは2018/9/30に閉鎖されました

 

JRP製のウィンターグローブはAmazonや楽天でも購入可能

こちらのほうはJRP独自の商品なので、素材や機能の種類が豊富です。

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。