知らないと損かも!一人旅やソロツーリングが最高な理由3つ

スポンサーリンク
一人旅の魅力

突然ですが、あなたは『一人旅』にどのようなイメージを持っていますか?

Aさん
一人で旅するって・・・ちょっと不安
Bさん
一人ぼっちで旅をして・・・なにが楽しいの?

ちょっとマイナスなイメージを持っている方も多いかもしれませんね。

実は以前の僕もそうでしたが、今はまったく逆。

一人旅、主にソロツーリングが大好きなんです。

なぜこんなにイメージが変わったのか?

バイクの免許を取得して8年、5万km以上の距離をソロツーリングしてきて、その魅力に気づいたからです。

この記事では、僕が実感している一人旅やソロツーリングの魅力のすべてを書いていきます。

一番お伝えしたいことは、「一人旅やソロツーリングは最高!やってみて損はない!」ということ。

自分に合うか合わないかは、やってみてから判断しても遅くはありません。

スポンサーリンク

1.ソロツーリングで一人旅ならではの自由を味わう!

一人旅のプランを考えるイメージ

一人旅やソロツーリング の最大の魅力は、「自分ですべてを決めることができる」ということ。

 

例えば、誰かと旅行に行ったときを思い出してみてください。

  • 天気悪くて気が進まないけど、せっかくみんなで予定合わせたから行くしかない
  • 行きたいとこがあったけど一緒にいる人たちに同意を得られなくて行けなかった
  • 旅先で目に入ったとこが気になる(写真を撮りたい)けど、団体行動中のため止まれない(寄れない)
  • ってゆーか、おまえら寝坊し過ぎやろ!スケジュールがグダグダやんけ!

こんな残念な経験はないでしょうか?

これら全てが一人旅なら解決します。

 

なぜなら、一人旅はあなただけのものだからです。

  • 自分の好きなタイミングで
  • 自分の好きなところへ
  • 自分の好きなペースで
  • 満足いくまで
  • 旅を楽しむことができる

これが一人旅の最大の魅力。

もちろん、写真だって好きな時に、好きな場所で、好きなだけ取り放題です。

関連記事:なぜ僕のツーリング写真はヘタクソだったのか?その理由と上手く撮る方法

 

誰にも同意を求める必要がないことは想像以上に快適です。

旅に出発した後でも気軽に予定変更が可能。

朝起きて旅をする気分ではなかったら中止をしてもいい。

誰にも迷惑をかけないから実現する、圧倒的にフリーな世界。

これこそ、一人旅の醍醐味です。

 

ぺけらいふ
お、今日は天気がいいぞ
ぺけらいふ
今日と明日は予定が空けられそうだし…なんか、焚き火したい気分だなあ
ぺけらいふ
よし、バイクでキャンプツーリングに行くか!

これはある日の僕の頭の中。

10分後にはバイクにキャンプ道具を積み始めてます。

こんなゆるい感じで進行していく一人旅って魅力的だと思いませんか?

あわせて読みたい

▼キャンプツーリングはおすすめの一人旅です
ソロでも行くべき!キャンプツーリングがおすすめな理由3つ

 

スポンサーリンク

2.一人旅に出れば人と会話する機会が増える

一人旅やソロツーリングをすると、自然に旅先で会話をする機会が増えます

なぜなら常に一緒にいる人がいないからです。

寂しいと思うかもしれませんが、実際にソロツーリング をしてみると想像以上に誰かと会話をしていることが多いことに気づくはずです。

 

例えば、「どちらへ行くんですか?」「どこから来たんですか?」と話しかけられることは日常茶飯事。

そんな会話のきっかけから初対面の人と会話を楽しんでいることが多々あります。

もちろん、こちらから話かけることもできます。

道に迷った時は地元の人に聞く。

地元の人しか知らないようなレアな情報を教えてもらえることもあります。

宿に泊まるなら、近くの居酒屋にご飯を食べに行って地元の方とお話するのもおすすめです。

僕はよくソロでキャンプツーリングに出かけますが、キャンプ場で隣にテントを張った人と一緒にご飯を食べたり、お酒を飲みながら会話を楽しんだことは一度や二度ではありません。

特にバイク乗り同士なら気軽にお話しできます

 

日常では自分の周りにいないタイプの方と会話をすることは、シンプルに楽しい。

新しい考え方や知識を吸収できる絶好の機会でもあります。

もちろん、友人や家族との旅行が楽しいことは僕も重々承知しています。

ただ、旅先で出会った人と会話を楽しむのも旅の醍醐味かなあと思うのです。

あわせて読みたい

▼人見知りだから初対面の人との会話はちょっと・・・という方はこちらもどうぞ
人見知りを克服したいなら、バイクで一人旅して道に迷ってしまいなさいよ!

 

3.ソロツーリング や一人旅をすれば成長できる

一人旅をすることは、楽しいことばかりではありません。

なぜなら、トラブルの対処も自分で行う必要があるからです。

「予測できないトラブルが不安だから一人旅やソロツーリング を敬遠してしまう」

そんな方もいらっしゃると思います。

ただ、これは考え方次第だと思うんです。

急に起こるトラブルに立ち向かうこと。

初めは怖いですが自分の力だけで困難を乗り越えたときに身につくものはかけがえのないものです。

逆にそんな経験から逃げていては、いつまでたっても急なトラブルに対処ができない人間になってしまいます。

自分が成長できるチャンスとしてソロツーリングや一人旅を利用してみるのも悪くない。

前述したような「自由さ」や「会話」という一人旅ならではの魅力も体感できるのだから、一石二鳥です。

 

例えば、僕はソロツーリングの最中に次のようなトラブルに見舞われたことがあります。

  • 走っている途中でバイクのクラッチワイヤーが切れて走れなくなった
  • バイクのエンジンがかからなくなった
  • エンジン始動後にチョークが元の位置に戻らなくなって困った

焦りながらもなんとか切り抜けてきました。

そして、「何が起きてもなんとかなる」という自信がついてきました。

これは旅だけではなく、日常生活でも活かされています。

例えば、仕事中のトラブルでも冷静に対処法を考えられている自分にふと気がつくことがあるのです。

 

また、「トラブルが起きないようにするためにどうするか」を考えられるようになりました。

バイクで例えるなら、愛車のメンテナンスですね。

関連記事:初心者でも簡単にできる!工具不要のバイクメンテナンス

「準備をすることの重要さを知っていること」や「少々のトラブルでも動じなくなったこと」は、一人旅の経験で得た僕のかけがえのない財産になっています。

 

ソロツーリング の始め方

念願の北海道ツーリング

「ソロツーリング や一人旅の魅力はわかったけど、何から始めればいいの?」

具体的にお話ししていきますね。

 

まずは、自分が日帰りで行ける範囲でのソロツーリングから始めてみるのがおすすめです。

一度行ったことのある場所を目的地にするとより安心ですね。

目的地が決まらない方は下の記事を参考にしてみてください。

バイクツーリング旅の目的を決める、おすすめの方法5選!

 

目的地が決まったらそこまでのルートが明確になっているほうがソロツーリング に集中できます。

事前にルートを確認しておきましょう。

ツーリングに慣れていない方は国道など広くてわかりやすい道を通るようにツーリングルートを決めていくのがおすすめです。

また、往復の距離が300kmを超えないようにしておきましょう。

人にもよりますが、300kmが日帰りツーリングをして疲れ過ぎない距離の限度かなと思います。

ルートが決まらない方は下の記事を参考にしてみてください。

ツーリングルートはどうやって決める?おすすめの決め方とコツ

 

“ソロツーリング” という名前に圧倒されて、「遠くに行かなきゃ」とか「宿泊しなきゃ」と考える必要は一切ありません。

「まずはやってみること」が重要です。

「目的地もルートも決まらない!」

そんな方は、とりあえずバイクに乗って一人で近所のコンビニまで行ってみてください。

缶コーヒーでも買って、コンビニの駐車場でバイクを眺めながら飲んでみてください。

それだって立派なソロツーリング です。

僕がやっているソロツーリング もそれも延長みたいなものなので。

 

「寂しい」や「不安」という感情があるとは思いますが、できれば「自由だ」ということに注目してみてください。

のんびりゆっくりソロツーリング を楽しんでみてくださいね。

 

まとめ

この記事が「一人旅をしたいけど躊躇している」という方の第一歩を応援できたら幸いです。

一人旅に不安はあると思いますが、「やらない後悔より、やって後悔」という気持ちでやってみると意外に色んなものを得られたりしますよ。

大切なことなのでもう一度言いますね、一人旅は基本的に誰にも迷惑をかけません。

どんどん挑戦してみればいいんです。

お互い一人旅(ソロツーリング)を楽しみましょう!

次の記事へ>>>一人旅に出る勇気がない人へ。僕が不安を克服した方法と得たものを徹底解説!

 

ツーリング先のトラブルに備えてJAFに加入しておこう!

バッテリー上がり、タイヤのパンク、急にバイクが動かなくなった・・・

ツーリング先では様々なトラブルが想定されます。

ソロツーリング や一人旅ならそのトラブルに“自分で”対処しなくてはなりません。

「そんな不安は忘れて思いっきりバイクライフを楽しみたい!」

だから僕は、10年間ずっと「JAF」の会員です。

JAFは、24時間体制でバイクライフをサポートしてくれます。

ツーリング中に速度計のワイヤーが切れた時もすぐに駆けつけてくれましたよ。

年会費は4,000円。

サポート内容を考えると決して高くはなく、身近なお店(全国約39,000の会員優待施設)でJAF会員割引や優待が受けられるということを考えれば、年会費は負担とは感じません。

「たった4,000円で安心が買える」を考えて加入しておくのがおすすめですよ!

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ