実際に使用した上でお話します!バイク用のブーツはこれがおすすめ!

バイク用のブーツ

バイクに乗るときの「」って気にしていますか?

別に普通のスニーカーとかでいいんじゃない?

って思った方にお伝えしたい。

「革のブーツってすごくいいよ!!」

僕が今まで履いてきたブーツ経験をもとに、おすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめのバイク用ブーツ

AVIREX MUSASHI(YAMATO)

アメリカ空軍へ軍製品を納品していたAVIREX社のブーツです。

詳細な規格が設けられている軍製品を製作できるということは、高品質な商品を生み出すことができるメーカーだということ。

その品質は、バイク用品としても信頼できるものです。

本物だけが持つことができる、確かな存在感。

引用元:AVIREXホームページ(http://www.avirex-usa.com/brand/index.html)

僕はYAMATOではなくソールがよりカジュアルなMUSASHIを使っていたのですが、MUSASHIは廃版になっちゃったみたいなので、上のリンクはYAMATOのものです。

このブーツは、丈夫で足首はもちろんすねまで守ってくれるのが魅力のひとつ

クラッチのあたる甲部分にあしらわれたシフトガードのおかげで、クラッチによる破れや穴あきの心配がなく、さらに足を保護してくれます。

もちろん、クラッチやブレーキの操作も申し分なく、ある程度足首が固定されているので疲れにくい。

 

またカジュアルな見た目なので街中でも浮きませんし、軽いトレッキングなんかも問題なくできましたよ。

ツーリングでは、旅先でバイクを降りてその地を探索するのが醍醐味のひとつなので、靴もそれに合うモノである必要があると思うんです。

つまり、「歩きやすさ」がかなり重要だと考えているわけですが、その点でもこのAVIREXのブーツは優秀でした。

サイドがチャックになっていて、着脱が容易だったことも長く使えた理由のひとつですね。

 

なにより、これ…カッコいいじゃないですか。

 

僕は、5年間使いました。

まだまだ革の部分は使えますが、靴底がつるつるになったので買い換えざるをえなくなりました。

WILD WING ライダーズエンジニアブーツ イーグル

現在使用しているウィングローブのエンジニアブーツです。

ウィングローブというメーカーは企業理念がかっこいい!

”玄関で靴を履いた時 気分が上がる そんな靴を作りたい”

これが当社の企業理念であり満足感を上げる為の努力を惜しまず、やり続けていく事をお約束します。

引用元:ウィングローブホームページ(http://winglove.co.jp/)

僕自身、このブーツを履くようになって、玄関先でツーリングへの気分が上がっています。

企業理念はただの言葉だけではなく、本気で良い靴を作っているメーカーです。

 

厚底タイプもあるようで、バイクが大きくて足付きにお悩みの方は厚底の方がいいかもしれません。

既に紹介したMUSASHI(YAMATO)もそうでしたが、サイドがチャックになっているので着脱がしやすいのが魅力のひとつです。

 

僕がバイク用のブーツに「サイドがチャック」という要素を求める理由を少しご説明しますね。

「着脱」という行為自体は大したことないのですが、「塵も積もれば山となる」で回数を重ねることを考えると、着脱は楽な方がいいなあという結論に達しました。

ツーリング出発までに極力スムーズに流れていきたい僕は、ちょっとしたロスも省きたいという考えから「サイドがチャック」というのはかなり重要な要素です。参考まで。

 

さて、「WILD WING ライダーズエンジニアブーツ イーグル」のご紹介に戻りますね。

このブーツ、革が適度に柔らかくて履き心地が最高です。

通常、革のブーツは固くて履き始めは靴擦れすることが多いですが、このブーツは最初から適度に柔らかく非常に履きやすかったのが印象的でした。

しかも、丁寧にメンテナンスすれば長く使えそうな革質

それでいて、普段使いでも使えるレベルのカジュアルさも魅力です。

バイクを降りて歩き回るのも苦ではないので、バイクを降りてウロウロする僕のツーリングスタイルにぴったりのブーツだと感じています。

ソールの形状もバイク用にこだわっていて、初めて履いたときは多少クラッチの操作が慣れない感覚はありましたが、すぐにしっくりきました。

長く使える道具になる」予感がします。

スポンサーリンク

革のブーツのどこがいいのか?

なぜ僕がブーツ、その中でも革のブーツをおすすめするのか。

それは、「3つの魅力があるからです。

1.革のブーツは丈夫で安全

リアブレーキやクラッチってバイクを操作する上で大切ですよね。

ATでない限り、バイクに乗っていてクラッチとリアブレーキは操作する回数ってかなり多い。

バイクに乗ると言う行為は「靴」そして「足」にかなりの負荷がかかっているなあと改めて思うわけです。

クラッチを操作するときに足の甲が痛くなりませんか?

クラッチで足の甲の部分がボロボロになってきませんか?

ツーリングの後半に足が疲れてきませんか?

丈夫な革のブーツにしてみるとそのような悩みがなくなります、これは僕自身が経験で知ったこと。

また、革のブーツの丈夫さは万が一バイクで転倒した際にも自分の足を守ってくれるので、安全という面でも有益です。

2.革製品の手入れが楽しい

ブーツに限らず、革の製品は使えば使うほど味が出てきます。

これはご存知の方も多いかもしれませんが、紛れもない事実。

僕は、革のそういう所が好きなので、バイク用のブーツに限らず革の靴をよく使っています。

汚れを落としてクリームを塗って、磨くとピカピカになる皮のブーツは魅力的です。

革を育ててみるのはいかがでしょうか。

3.革のブーツはかっこいい

ブーツって無条件にバイクに似合うと思うんですよ。

ジーンズにも合いますし。

革のブーツって単純にかっこいいじゃないですか。

それで十分、選ぶ理由になりませんか?

まとめ

実際に僕が使用した革のブーツをご紹介しました。

常に一緒に走る道具は、後悔のないようにじっくり選びたいものです。

良い道具を選択して、お互い楽しいバイクライフにしましょう!

 

僕はグローブも革製品を選んでいます。

バイク乗り必見!良質なライディンググローブを発見しました!

2018.01.17

 

バイク・ツーリングに関する記事の一覧はコチラ>>>バイク情報記事一覧

スポンサーリンク