誰でもすぐできる!バイクに荷物を“美しく”積載するために知っておくべきこと3つ

スポンサーリンク
バイクの積載例

「バイクに荷物が上手く積めない」

「簡単な積み方を知りたい」

そんな方に朗報です。

ちょっとしたコツを知っておくだけで、ある程度の荷物なら簡単にバイクへ積めるようになります

そのコツとは・・・

  1. “コンパクト”と“兼用”で荷物を少なくする
  2. “バランス”と“利便性”を考慮した積み方をする
  3. 適正な道具で積載する

この3つです。

この記事では、僕が1週間以上の北海道ツーリングへ4度行って学んだ、積載のコツをご紹介します。

美しくスタイリッシュに長距離ツーリングに出かけましょう!

スポンサーリンク

1.ツーリングの荷物は“コンパクト”と“兼用”で減らす

キャンプツーリングの道具

荷物の積み方を考える前に一旦落ち着いて考えたいのです。

「そもそもこんなに荷物って必要?」という疑問を持ってみましょう。

バイクは積載スペースが極端に少ない乗り物。

積み方の工夫よりも、荷物自体を減らすほうが簡単かつ効果的です。

Aさん
じゃあ、荷物ってどうやって減らせばいいのよ?
ぺけらいふ
僕が実際にやっている具体的な方法をご紹介します!

荷物の減らし方は主に3つ。

  • 【その1】必要のない荷物は除く
  • 【その2】コンパクトなものを選ぶ
  • 【その3】兼用できるものを選ぶ

順番に説明していきますね。

 

【その1】必要のない荷物は持たない

Bさん
なんかあったら困るから、念のため持って行きたい!

お気持ちはよーくわかります。

万が一の場合に備えるのは大切なことですが、ほどほどにしておきましょう。

そんな気持ちで用意した荷物なんて、旅先でまったく使わずにそのまま持ち帰ってくる場合がほとんどです。

 

それでも不安なら、“現地調達”も視野に入れてみてください。

海外の辺境へ行くならまだしも、日本国内ならコンビニやホームセンター、スーパーは探せばあるはずです。

下着や日用品くらいならコンビニで簡単に手に入ります。

寒いなと感じたらユニクロに寄ってヒートテックを購入すればいい。

さらに旅先で洗濯をすることを考慮すれば、衣服は最小限で済みますよね。

「全部を荷物として持っていかなければならない」

その考えは捨ててしまうのがおすすめです。

 

【その2】コンパクトなものを選ぶ

Cさん
これはどう考えても必要な物だぞ!

そう判断したのなら、次は「これはもっとコンパクトにならないだろうか?」と考えてみてください。

ここからは僕がよくバイクに積載している、キャンプ道具を例に考えていきますね。

 

例えば、寝袋。

寝袋なんてピンからキリまで種類があるわけですが、僕は「モンベルのダウンハガー800 #5」を愛用しています。

理由は、必要十分の機能を備えていて、コンパクトに収納できるから。

 

もうひとつの例をあげるなら、下に敷くマット。

銀マットのような安価なものもありますが、僕は「モンベルのエアーマット」を使っています。

収納すると500mlのペットボトルよりもコンパクトになります。

コツコツとコンパクトなものを集めていくことで、塵も積もれば山となる・・・

荷物はかなり減ります。

 

【その3】兼用できるものを選ぶ

Aさん
必要なものを絞ったし、コンパクトなものを選んだ!

それなら、次は「これは兼用できないだろうか?」と考えてみましょう。

1つで2役ができると荷物は減りますよね。

 

例えば、スプーンとフォークにもなるナイフ。

8年以上愛用しています。

 

実はカッパ(雨具)も兼用の道具として使用できるのをご存知でしょうか?

僕は、雨が降っていなくても防寒着としてカッパを着ることがあります。

考え方次第で道具は色々な使い方ができるものです。

それを考えるのも楽しみのひとつですね。

 

さて、おさらいしますよ。

  • 必要のない荷物は除く
  • コンパクトなものを選ぶ
  • 兼用できるものを選ぶ

この方法でまずは荷物を減らしてみましょう。

バイクに荷物を“美しく”積載するための基本です。

 

荷物の中身についてはここまで。

次は、“積み方”に注目していきます。

スポンサーリンク

 

2.バイクには“バランス”と“利便性”を考慮した積み方をする

バイクの積載例

バイクに上手く荷物を積む最大のポイントは、“バランス”です。

簡単にバランスがとれるコツはたった2つ。

簡単にバランスがとれる2つのコツ

  • 重いものは下
  • 大きいものは下

「え、それだけ・・・」

と思われるかもしれませんが、この基本を守っておけばある程度の荷物は積めます。

ちなみに、僕の積載スタイルは上の写真のとおり。

キャンプ道具は重いので下に配置して、強固な土台を作成。

ボストンバッグをその上に載せて、さらにその上に軽くて小さい荷物(リュックサック)を積む。

先ほど紹介した「簡単にバランスがとれる2つのコツ」を忠実に守っています。

おかげで安定感は抜群。

ちなみに、写真の荷物で7泊8日の北海道ツーリングができました

 

さて、せっかくなのでバイクへの積載に関連した小ワザをいくつかご紹介しておきますね。

まずは、ひとつめ。

僕の場合、キャンプ道具を詰めたバッグが運転中に自分の背中にあたることになります。

テントなどゴツゴツしたものがあたると痛いので、寝袋が背中にくるように配置を調整しています。

自分の背中に柔らかい物がくるように考えて積載するのがベターです。

 

ふたつめ。

出来るだけ荷解きはしないで済むように“利便性”を考えておくほうがいいです。

何も考えずにバイクに荷物を積んでしまうと、中身を取り出すのがとてつもなく面倒。

なので、ツーリングネットを活用しましょう。

ツーリングネットとは、かぶせるだけで荷物を固定できる優れもの。

重い荷物や大きいものはロープなどでキツく固定し、軽くてすぐに取り出したいものはツーリングネットだけで固定しておくのがおすすめ。

例えば・・・

【ロープできちんと固定】

  • キャンプ道具
  • 着替えなど

 

【ツーリングネットで簡単に固定】

  • 雨が降った時に使うカッパ
  • 体温調節用の上着

このように利便性を考えて積載しておくと、快適なツーリングができます。

 

3.ツーリングの荷物は適正な道具で積載する

大きいツーリングネット

ここまでのおさらいです。

まずは、「1、ツーリングの荷物は“コンパクト”と“兼用”で減らす」

続いて、「2、バイクには“バランス”と“利便性”を考慮した積み方をする」

最後に、「3、ツーリングの荷物は適正な道具で積載する」

 

バイクに荷物を固定する道具はたくさんありますが、僕が使用している道具をご紹介します。

どんな道具を買えばいいのかわからない人は、次のものを入手するだけでOKです。

以上です。

 

ゴムロープは100円均一で買った自転車用のもので十分です。

ひとつだけ注意点をあげるとすれば、ツーリングにネットのサイズ

断然、“大きめ”がおすすめです。
※なので、上のリンクは“3L”です。僕もこのサイズを使用しています。

「大きすぎると、小さい荷物を固定する場合にネットが余るんじゃないの?」

そんな心配はいりません。

ツーリングネットは好きな所に引っ掛けることで、テンション(張り具合)の調整が簡単にできるのがメリットのひとつ。

「ちょっと余ったなあ」と思ったときは、適当な所に引っ掛けて固定の具合を調整すればいいだけ。

ツーリングネットは大きめを買いましょう!

ちなみに僕は小さいツーリングネットを購入して失敗し、大きいものを再度購入した経験があります。

 

まとめ

ちょっとしたコツを知っておくだけで、数日分くらいの荷物なら簡単にバイクへ積めるようになります。

この記事でご紹介したコツとは・・・

  1. “コンパクト”と“兼用”で荷物を少なくする
  2. “バランス”と“利便性”を考慮した積み方をする
  3. 適正な道具で積載する

この3つだけ。

お互いバイクで旅をして、『非日常』を堪能しましょう!

次の記事へ>>>なぜ泊まりのツーリングは最高なのか?8年間バイクに乗った僕が出した答えとは?

 

▼北海道ツーリングへ行く方法をまとめました!
ほくつーらいふ。~北海道ツーリング講座~

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!