バイクでも使えるカメラバッグはこれ!Amazonベーシックのスリングバッグが良い理由

Amazonベーシックのスリングバッグへの入れ方

この記事では、「バイクでも使いやすいカメラバッグ」をご紹介します。

高価なカメラやレンズは、命の次に大切なの物なので大切に持ち運びたいですよね。とは言え、厳重な梱包は取り出しづらいので、そのあたりのバランスが悩みどころです。

そんなあなたの悩みを解決してくれるのが、

  • Amazonベーシックのスリングバッグ

僕自身、長年愛用していて、このバッグのおかげで快適なツーリング、カメラライフを送ることができています。

高機能なのにお手頃価格なので、ぜひチェックしてみてください。

\僕も愛用しています!/

スポンサーリンク

Amazonベーシック スリングバッグの魅力

Amazonベーシックのスリングバッグの外観
ぶっちゃけ、Amazonベーシックのスリングバッグはどこがいいの?

このバッグの魅力は、

  1. カメラが取り出しやすい
  2. 必要十分な保護性能
  3. お手頃価格

の3つだと思っています。

\Amazonのレビューでもかなりの高評価!/

Amazonベーシック スリングバッグのレビューを見る

【その1】カメラが取り出しやすい

カメラバッグで一番大切なのは、サッとカメラが取り出せることですよね。シャッターチャンスを逃した時の悔しさだけは味わいたくないですからね。

Amazonベーシックのスリングバッグはバッグを身体に掛けたまま、機材を迅速に取り出せるように設計されています。バッグを背中からお腹のほうへクルっ持ってくれば、そのままパカっと開いて瞬時にカメラへアクセスできるので、バイクに跨った状態でも簡単にカメラを取り出せますよ。

Amazonベーシックのスリングバッグから機材を取り出す
この部分が上にパカっと開きます

7.7リットルの容量は、財布、携帯、ミラーレスカメラ1台、デジタルカメラ1台、交換レンズ1個、予備バッテリー程度なら余裕で収納できるサイズ感です。

使い勝手が良いので、バイクツーリングに限らず色んなシーンで使えます。海外旅行(1週間)でも使用しましたが、素敵な旅をサポートしてくれました。

※コンパクトのほうがよければ4.5リットルサイズもありますよ(^ ^)

【その2】必要十分な保護性能

Amazonベーシックのスリングバッグは、保護性能も必要十分です。

外装は厚みがあり、外からの衝撃から機材を守ってくれます。

内側には厚めの仕切りパッドが内蔵されていて、機材同士がぶつかることもなく安心。しかも、仕切りはマジックテープになっていて、自由に配置を変えられます。

振動の多いバイクでも安心して持ち運びができますね。

【その3】お手頃価格

機能性が高い「Amazonベーシック スリングバッグ」ですが、価格はなんと3,000円以下。(2020/11/2時点の価格)

ちょっと安くない?耐久性とか大丈夫?

と心配していたのですが、問題はありませんでした。カメラ2台に交換レンズ、財布、その他諸々を詰め込んで使い倒してますが、1年経っても破損はないです。もし壊れてもまたこのバッグを買う勢いで気に入っています。

Amazonベーシック スリングバッグの使用例

事前チェックのイメージ

スリングバッグの中身

Amazonベーシックのスリングバッグの中身

僕のスリングバッグの中身はこんな感じです。

  • ミラーレス一眼レフ(超広角レンズ装着)
  • デジタルカメラ
  • 単焦点レンズ(交換用)
  • 地図
  • 財布
  • 予備のバッテリー
  • ポケットティッシュ

これだけ入れてもまだまだ余裕があるので、500mlのペットボトルを入れたり、小さな三脚を入れたり、交換レンズをもう一つ増やしたりとかなり便利に使ってます。

\ツーリングに最適なカメラの紹介はこちら/

収納の例

Amazonベーシックのスリングバッグへの入れ方

仕切りパッドはマジックテープで自由に動かすことができるので、僕は上の写真のような配置にしています。

Amazonベーシックのスリングバッグの使用例
取り出す時の僕の目線

ミラーレス一眼レフ(中央)とデジタルカメラ(右側)、そして地図がすぐに取り出せてとても便利です。ちなみに、交換レンズは仕切りに囲まれた所に厳重に保管。

財布は上部に別のスペース(チャック付き)に入れています。

三脚を固定するための機能もあるので、カメラバッグとしての申し分なし。その他の機能はAmazonの商品ページをご覧ください。>>>Amazonベーシック カメラバッグ スリングバッグ 一眼レフ用 7.7L ブラック

Amazonベーシック スリングバッグのデメリット

デメリットのイメージ
「Amazonベーシック スリングバッグ」の魅力はわかった。デメリットはないの?

僕が感じたデメリットは、バッグの宿命でもありますが肩がこりやすいです。

カメラとレンズを入れると結構な重さになるので、長距離ツーリングなど長時間同じ体勢で持ち続けるのは少し辛いですね。

その場合は、バイクに括り付けるなどの工夫が必要です。

スポンサーリンク

Amazonベーシック スリングバッグはこんな人におすすめ

以上、愛用している「Amazonベーシック スリングバッグ」のご紹介でした。

こんな方におすすめ!
  • とにかくカメラやレンズを傷付けずに持ち運びたい人
  • 2台のカメラを同時に持ち運びたい人
  • シャッターチャンスを逃したくない人

「今日はツーリング写真を撮るぞ!」という日は、このバッグだけでツーリングしています。日帰り撮影にはぴったりのバッグだと思いますよ。

お互い素敵なカメラライフを送りましょう!

\気軽に買えるお手頃価格です!/

\ツーリング写真をうまく撮るコツはこちら/

ツーリング写真のコツ

なぜ僕のツーリング写真はヘタクソだったのか?その理由と上手く撮る方法

月額980円でバイク雑誌や情報誌が読み放題!
コスパ最強『Kindle Unlimited

200万冊以上が読み放題。BikeJINやるるぶなどバイク乗りに嬉しい情報誌が豊富です。30日間は完全無料で体験可能!まずはラインナップだけでも確認ください。

30日間無料体験はこちら

会員数2,000万人以上・継続率90%以上・50年以上の実績!
安心・安全・信頼の『JAF

会員なら「無料」で「何度でも」受けられる高品質ロードサービス(故障、パンク、ガス欠、バッテリー上がりもれなく対象!)が、バイクライフを強力サポート。しかも充実の会員特典で年会費は実質タダにできます。

JAFの詳細をみる
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

ぺけらいふ。管理人
普通のサラリーマンです。このブログでは10年以上のバイク歴で学んだ、バイクや旅のリアルな情報を発信しています。バイクや旅が好きな人のお役に立てたら嬉しいです(^ ^)