使い続けたからわかる!カメラバッグとしてAmazonベーシックのスリングバッグをおすすめする理由!

スポンサーリンク
Amazonベーシックのスリングバッグへの入れ方

この記事では、「おすすめのカメラバッグ」をご紹介します。

悩んだ末に大枚をはたいて購入したカメラやレンズ。大切なのものなので傷ひとつ付けずに持ち運びたいですよね。

とは言え、厳重に梱包しすぎていざという時に取り出しづらい……なんてことは避けたい。

そんな悩みを解決するのが「Amazonベーシックのスリングバッグ」。快適なカメラライフをサポートしてくれるバッグなので、僕も愛用しています。

これから魅力をお話しますので、あなたのカメラライフにぴったりだと感じたらぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、先月、僕はこのバッグとスーツケースだけでイタリアに1週間行ってました。このバッグは海外旅行でもメインに使用できるポテンシャルも秘めています。

スポンサーリンク

Amazonベーシック スリングバッグの魅力

Amazonベーシックのスリングバッグの外観
Amazonベーシック スリングバッグのどこがいいの?

結論から言うと、このバッグの魅力は2点です。

  • 圧倒的な使いやすさ
  • コストパフォーマンスの良さ

Amazonのレビュー記事を見てもわかりますが、多くの方に大絶賛されています。

 

【その1】とことん使いやすいカメラバッグ!

まず、カメラバッグとして重要なのは「保護性能」ではないでしょうか?

このバッグは外装に厚みがあり、外からの衝撃から中の機材を守ってくれます。

また、厚みのある仕切りが付属されているので、バッグの中で機材同士がぶつかることもなく安心です。しかも、仕切りはマジックテープになっているので、自由に配置を変えられるのも嬉しいポイントですね。

 

さて、しっかり保護されていても、いざという時にカメラを取り出しにくいのはイマイチですよね。

その点、このスリングバッグならくるっと体の前に持ってくれば、そのままパカっと開くので、いざという時に必要な機材が取り出しやすいのです。これが僕のイチバンのお気に入りポイント。

Amazonベーシックのスリングバッグから機材を取り出す

 

容量は7.7リットル。財布と携帯、ミラーレスカメラ1台、デジタルカメラ1台、交換レンズ1個、予備バッテリーなら余裕で収納できます。日帰りの撮影なら十分な容量です。

後ほど、僕の使い方(バッグの中身)もお見せするので、参考にしてみてくださいね。

 

【その2】コストパフォーマンス最強のカメラバッグ!

とても使いやすい「Amazonベーシック スリングバッグ」はAmazonで3,994円にて販売されています。
※2019/8/4現在の価格です

ちょっと安くない?耐久性とか大丈夫?

そんな不安を抱いた方もいるのではないでしょうか。

 

僕が半年間使った感覚ですが、問題ない耐久性だと感じています。

カメラ2台に交換レンズ、財布、その他諸々を詰め込んで、休日の度に使い続けて半年以上が経過しましたが未だに破損の兆しすらありません。

先週のイタリア旅行(1週間)もこのバッグをメインに使用しましたが、耐久性や性能の不満はなし。素晴らしい旅をサポートしてくれましたよ。

個人的には、安かろう悪かろうではない商品だと考えています。というか、もし壊れても僕はまたこのバッグを買います。

 

Amazonベーシック スリングバッグの使用例

事前チェックのイメージ

さて、魅力をお話ししたところで、実際に僕が使用している様子をご紹介しますね。

Amazonの商品ページを見るよりも具体的なイメージが湧くかなあと思います。

 

どんなものを入れてるの?

Amazonベーシックのスリングバッグの中身

僕がAmazonベーシックのスリングバッグに入れている基本的なものは下の通りです。

バッグの中身

  • ミラーレス一眼レフ(超広角レンズ装着)
  • デジタルカメラ
  • 単焦点レンズ(交換用)
  • 地図
  • 財布
  • 予備のバッテリー
  • ポケットティッシュ

これだけ入れてもまだまだ余裕があります。

500mlのペットボトルを入れたり、小さな三脚を入れたり、交換レンズをもう一つ増やしたり……その時々に合わせて中身をカスタマイズしています。

関連記事
▼僕が使用しているデジカメはこの記事で紹介しています!
おすすめは一眼レフではありません!バイクツーリングに最適なカメラ

 

どうやって入れているの?

Amazonベーシックのスリングバッグへの入れ方

仕切りはマジックテープになっていて、自由に動かすことができます。

 

僕の仕切り方は上の写真のとおり。

写真の手前がバッグを前に持ってきた時の取り出し口になるので、ミラーレス一眼レフとデジタルカメラ、そして地図がすぐに取り出せるように配置しています。

交換レンズは写真右奥の仕切りに囲まれた所に厳重に保管。

 

▼取り出す時の僕の目線

Amazonベーシックのスリングバッグの使用例

ミラーレス一眼レフ(真ん中)とデジカメ(右)にすばやくアクセスできるので、シャッターチャンスを逃しません。

 

財布は上部に別のスペース(チャック付き)に入れています。

三脚を固定するための機能もあるので、カメラバッグとしては必要最低限の機能は備えています。詳しくはAmazonの商品ページをご覧ください。>>>Amazonベーシック カメラバッグ スリングバッグ 一眼レフ用 7.7L ブラック

 

Amazonベーシック スリングバッグのデメリット

デメリット・弱点

さて、ここまで「Amazonベーシック スリングバッグ」の魅力ばかりをお伝えしてきました。

魅力があることはわかった。デメリットはないの?

そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

僕が使用して感じたデメリットは一つだけ。

ワンショルダーなので片方の肩に負荷がかかります。カメラを2台入れていると結構な重さになるので、長時間同じ体勢で持ち続けるのは少し肩が痛くて辛いです。
※紐の位置は変更不可です

なので、後ろで持ったり、前で持ったり、掛ける肩を変えたりして負荷を分散させてあげましょう。

スポンサーリンク

 

Amazonベーシック スリングバッグはこんな人におすすめ

以上、僕が愛用している「Amazonベーシック スリングバッグ」のご紹介でした。

こんな方におすすめ!
  • とにかくカメラやレンズを傷付けずに持ち運びたい人
  • 2台のカメラを同時に持ち運びたい人
  • シャッターチャンスを逃したくない人

僕はバイクに乗って写真を撮りに行くのが好きなので、このバッグだけでツーリングすることもあります。日帰りの撮影にはぴったりなバッグです。

お互い素敵なカメラライフを送りましょう!

▼写真が上手くなるコツはこちら

関連記事>>>なぜ僕のツーリング写真はヘタクソだったのか?その理由と上手く撮る方法

 

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ