バイクは高くない!乗りたいけど決心がつかない人におすすめの思考法

スポンサーリンク
バイクと投資

バイクに乗りたいけど、お金がかかるので決心がつかない・・・

この記事はそんな悩みを持っている人に向けて書いています。

僕がバイクに乗るようになって8年が経過し、今まで3台のバイクを乗り継いできました。

バイク関係で費やした金額をすべて合わせると、数百万円になるはずです。
※バイクに乗るためには数百万円が必要というわけではないです、念のため

ただ、バイクにそれだけのお金を使ったことに対して後悔したことは一度たりともありません。

なぜなら、僕はバイクにかけたお金を自分への『投資』だと思っているからです。

この記事では、僕がどのように考えてバイクを購入したかをお話ししていきます。

ここまでお読み頂いたあなたの悩みを解決するのに役立つ思考法です。

注意

バイクに乗りたいけれど乗れない、人それぞれ異なった事情があることは重々承知しています。
「なんでもいいから、とりあえずバイクに乗りなよ」と言う気はさらさらありません。
ただ、「お金がかかるから決心がつかない・・・」。
そんな方に新しい視点を提供するのがこの記事の目的です。

スポンサーリンク

バイクにお金を使うことが投資ってどういうこと?

投資のイメージ

まずは、世間一般的な『投資』についておさらいしますね。

例えば、あなたが40万円を持っているとします。

ずっと大事に持っていてもそのお金は40万円のまま。

では、その40万円で“マイクロソフトの株”を買ったとします。

3年後…購入した株の価値は40万円のままでしょうか?

違うはずです。

会社の業績によって35万円になっているかもしれないし、45万円になっているかもしれない。

この5万円が増えるというリターンを期待して、今持っている40万円を使う。

これが一般的な投資のイメージかなと。

 

さて、リターンがお金じゃなくても投資という考え方はできると思うんですよね。

40万円でバイクを購入して、40万円以上の価値を得る。

これも十分に投資です。

しかも、必ず勝てる投資だと僕は思っています。

なぜなら、自分への投資だから。

 

例えば、休みの日にバイクに乗ることでストレス解消になるなら、その時点でかなり価値のあることですよね。

そのおかげで普段の仕事に集中できて成果が上がれば、給料が増えるかもしれない。

リターンはお金じゃないとは言いつつも、結果的に目に見える形で投資の効果が戻ってくる可能性も十分に考えられます。

自分への投資はリターンが大きいものです。

そして、効果は自分次第。

「必ず勝てる投資」と言った理由はここにあります。

 

僕がXJR1300を買うときに考えたこと

XJR1300と富士山

2017年、僕はヤマハXJR1300を中古で買いました。

約40万円です。

僕はお金持ちではないのですごく悩みました。

でも、こう考えることにしたんです。

例えば、1年で40万円の貯金ができたとして「やった、40万円が貯まった!」と喜ぶのはやめて、「やべー、40万円分の体験を逃した・・・」と考えることにしよう。

そっちのほうが人生楽しそうだ。

そして僕はXJR1300のオーナーになりました。

関連記事:最高の大排気量空冷バイク】ヤマハXJR1300の魅力を徹底解説!

 

実際にどんなリターンがあったかを考えてみます。

今までよりもバイクに乗る機会が増えて、圧倒的に行動範囲が広がりました。

たくさんのグルメを堪能したり、様々な景色を見たり、旅先でいろんな人に出会ったり・・・

当時住んでいた横浜から北海道ツーリングに行こうと決心したのも、XJR1300が手元にあったからです。

このブログを立ち上げて、多くの方と交流ができるようにもなりました。

XJR1200に乗っている僕の父と話が盛り上がるのも嬉しいですね。

・・・もっとたくさんありますがこのくらいにしておきます。

 

お伝えしたいことは、文句なしで40万円以上の価値があったよ、ということ。

例えば、「XJR1300のおかげで手に入れた1年半の経験」が悪者の人質に取られたとします。

※ちょっと意味不明な展開ですがお付き合いください

「40万円用意しろ、さすればこの経験を返してやる」

そう言われたならすぐに用意します、僕にとってはそれ以上の価値があるので。

スポンサーリンク

 

この記事内容の要約と反響

このツイートへのファボやリツイートの多さからも、この思考法が悪いものではないということがわかります。

実際にたくさんの方から共感メッセージや「良い考え方を知れた」というお言葉を頂きました。

 

まとめ

「バイクに乗るためにはお金がかかる」

それ自体は否定しません。

今回はバイクを購入するときを例にしましたが、保険や税金、ガソリン代などバイクに乗り続けるにはお金がかかります。

ただ、それを“ただ消費するお金”として見てしまうのはもったいない!

お金を消費した結果、自分は何を得られるのか、何を得られたのか。

そこに焦点を合わせてみると、バイクに乗ることが意外に悪くない投資だと思えるかもしれません。

お互い最高のバイクライフを送りましょう!

▼僕はレッドバロンでXJR1300を購入しました
次の記事へ>>>必見!レッドバロンでバイクを購入するときに役立つ7つの知識

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!