バイクのギアが入りにくい時の簡単な対処法

スポンサーリンク
HELP

バイクのギアが入りづらくて困っている

この記事はそんな方に向けて書いています。

特に、N(ニュートラル)に入らなくて困っているなら、これから書いていく方法をぜひ試してみてください。

僕が初めて乗ったバイク(GB250クラブマン)で同じような現象が出ていた時にやってみて、実際に効果があった対処法です。

注意
ギアに致命的な故障がある場合は、この方法は使えません。
バイク屋さんでの修理が必要です。
この記事では、走行中は問題なくギアチェンジができるけれど、完全に停止するとギアが入りにくい場合を想定しています。
例えば、製造されてから年数が経ったバイクや前オーナーの癖が付いた中古バイクなどが対象です。
スポンサーリンク

1.アクセルを開けてからギアを入れる

ギアが入りやすいタイミング

ギアが入りづらい状況になってしまうと、力任せにギアを入れようとしても無駄です。

一旦落ち着きましょう。

ギアの噛み合わせがよくないことが原因のひとつとして考えられます。

対処法は少しギアを動かしてあげること。

 

まず、クラッチを切った状態でアクセルを一回だけ捻ってみてください。

重要なのでもう一度言いますね。

“一回だけ”アクセルを開けてみてください。

空ぶかしです。

エンジンの回転数が上がりますね。

一度上がった回転数が下がるくらいのタイミングでギアを入れてみてください。

僕が乗っていたクラブマンの場合、その方法で8割くらいはギアが入りました。

 

文字で書くと簡単ですが、バイクによってタイミングが微妙に異なるので慣れるまでは難しいと思います。

“アクセルを開ける量”や“ギアを入れるタイミング”をズラしながら、何度もチャレンジしてみてください。

きっとあなたのバイクにとって、ちょうど良い具合が見つかるはずです。

何度もやっていると慣れてきて、一発で対処ができるようになりますよ。

 

2.車体を前後に動かしながらギアを入れる

新発想なイメージ

空ぶかしをしてギアを入れても上手くいかない場合は、車体を少し動かしながらギアを入れてみてください。

立ちゴケ防止のためにバイクに跨りながらやるのがおすすめです。

バイクに跨りながら足で地面を蹴るようにして、少しでいいので車体を動かしてみましょう。

 

この時のポイントは、ギアを入れたい方向へ足でシフトペダルを押しておくことです。

そうすることで、車体が動いて上手くギアが入るタイミングでスコンとギアが入ります。

 

エンジンオイルは定期的に交換してますか?

ネイキッドバイクのエンジン部分

上記の方法で上手く改善しないようなら、ひとつ確認して欲しいことがあります。

エンジンオイルの交換を定期的にしているでしょうか?

エンジンオイルはギア周りの潤滑油としての役割もあります。

当然、劣化していると正常に機能しないのでギアの入りも悪くなります。

エンジンオイルを交換する目安

  • 3,000kmを走行
  • 半年が経過

上記のいずれかに該当したタイミングで交換するのがおすすめです。

ちなみに、僕もこの基準は守っています。

交換時期を過ぎているようなら、オイル交換をしてみてから再度ギアの入り具合を確認してみてください。

オイルの潤滑機能が上手く働いて、ギアの入りにくさが改善されているかもしれません。

スポンサーリンク

 

「ギアが入りにくい」のもあなたの愛車の個性です

いままで乗り継いできたバイクたち

製造されてから年数が経ったバイクや前オーナーの癖が付いた中古バイクは、ギアが入りにくいことが多々あります。

なので、あまり深刻に考えなくても大丈夫かなあと思います。

もちろん、ギアがすんなり入るのが理想なのでバイク屋さんに相談等をしてみる価値はあります。

 

ただ・・・

「自分のバイクはギアが入りにくいからダメだ」

そんな風には考えないてください。

「ギアが入りにくい」のもあなたの愛車の個性です。

その個性と上手く付き合いながら乗り続けるのもバイクに乗る楽しみのひとつ。

 

例えば、初めはギアがなかなか入らなくて苦戦していたとしても、そのバイクと辛抱強く付き合っていれば必ずコツがつかめます。

必ずです。

コツがつかめれば、嘘みたいに簡単にギアを入れることができるようになります。

それこそ、バイクが本当の相棒になった瞬間。

これは嬉しいですよ。

ちなみに、これは僕とGB250クラブマンの実話です。

他の人が僕のクラブマンに乗ったことがあったんですが、ギアが上手く入らずに苦戦していました。

「よくこんなバイク乗ってるなあ」と言われた時、正直なところ僕はご機嫌でした。

だって、他の人が簡単には乗れないバイクに僕は乗れるのですから。

 

ギアの入りやすさに限らず、バイクには一筋縄ではいかないところが多々があります。

そこに愛想を尽かすのではなく楽しむのがおすすめ。

諦めないでくださいね。

きっとあなたのバイクは答えてくれます。

オーナーの癖が付きやすいのもバイクの特徴。

良く言えば、あなた色に染まってくれるのもバイクの魅力です。

 

まとめ

「バイクのギアが入りにくいぞ」

そう思ったら、次のことを試してみてください。

  1. 一度アクセルを開けてからギアを入れる
  2. 車体を前後に動かしながらギアを入れる
  3. オイル交換をする

それでもダメならバイク屋さんに相談してくださいね。

そして、一番大事なことはあなたが諦めないこと。

バイクに愛想を尽かさないことです。

多少の乗りにくさはバイクの個性だと思って、受け入れるとバイクライフを楽しめますよ。

 

そうそう、この記事に登場したクラブマンは今、実家にあります。

たまに父が乗って楽しんでいるようです。

もう製造されてから30年くらいの車体ですが、僕が乗り始めた頃より今のほうが圧倒的に調子がいい。

ギアの入りにくさも解消されました。

乗りにくいバイクも大切に乗り続けていると、調子が良くなるんですね。

お互いバイクライフを楽しみましょう!

次の記事へ>>>初心者でも簡単にできる!工具不要のバイクメンテナンス

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。