趣味の時間がない方へ。人生が激変するおすすめ本!僕がバイクライフを楽しめている理由

スポンサーリンク
読書の痕跡

もっとバイクに乗る時間があればいいのに・・・

仕事、家族(恋人)、交友関係・・・

どれも大切なので、本当に“自分のやりたい事をする時間”を確保するのは難しいですよね。

僕も悩んでいたのでよくわかります。

この記事では、“趣味の時間”を作りたい方におすすめの本をご紹介します。

「え、なんで本?」と思われるかもしれませんね。

実は、これから紹介する本を読んで、僕自身が思い描いた通りのバイクライフ(僕はバイクが趣味です)を送れるようになってきたからです。

年間で約100冊は読んでいる僕が厳選した本です、と言えば少しは興味をもってもらえるでしょうか。

僕の人生を変えてくれた優秀な本をあなたにお教えします!

スポンサーリンク

趣味(バイク)をやり続けていいんだ!と自信が持てる本

まず、時間を作る前にそもそも「何のために時間を作るのか?」をはっきりさせておくことは大切だと思うんです。

補足

例えば、「とにかく俺はバイクが大好きなんだ、そのために時間を作りたいんだ」という確固たる信念がある方は、ここは読み飛ばしてもらっても構いません。

※めちゃくちゃ良い本なのでおすすめではありますが・・・

「やりたい事のためにそこまでして時間を作る必要なんてあるのかな?」

そんな不安について僕にひとつの答えをくれたのが、この「空想教室」です。

一言で言うと、「忘れかけていた、好きな事への情熱を思い出させてくれる本」です。

「あ、このまま自分の大好きなバイクや旅をやり続けていいんだな」と自信が持てました。

著者は、小さな町工場から自家製ロケットを打ち上げ、宇宙開発の常識をひっくり返した、植松努さん。

池井戸潤の小説「下町ロケット」のモデルにもなった方です。

(阿部寛さん主演でドラマ化されています)

 

せっかくなので少し内容を紹介しますね。

この本はこんな文から始まります。

あなたはなにが好きですか。
ぼくはロケットが好きです。

引用元:「好奇心を“天職”に変える空想教室」植松努

「自分の夢ってなんだったっけ?」を思い出すきっかけをくれた後に、「それって叶うんじゃない?」という熱いメッセージをくれます。

もちろん今まで植松さんが経験してこられた事をそのメッセージの根拠として示してくれます。

語り口調の文章が植松さんとお話ししているようで読みやすいのもポイント。

絵本を読んでいるような感覚で一気に読みきってしまいました。

読み終わった後に「何かに挑戦してみようかな」という気になりますよ。

その気持ちのまま、次にご紹介する本(エッセンシャル思考)を読むと人生が変わると思います。

 

趣味の時間を作る方法を教えてくれる本

冒頭で書いたように「もっとバイクに乗る時間があればいいのに・・・」と思っているということは、今のやり方では時間が作れないということです。

だったら、やり方・考え方をガラっと変えるしかない

この本に書いている事は・・・

「やらなくては」ではなく「やると決める」。
「どれも大事」ではなく「大事なことはめったにない」。
「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない」。

引用元:「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
グレッグ・マキューン[著]高橋瑠子[訳]

いかがでしょう?

僕が初めてこの文を読んだ時に、衝撃を受けました。

「やらなくては」という作業にあふれていて、「どれも大事」だと思い込んでいたからです。

だから、「全部やらなくてはいけない」と思っていたんですね。

「より少なく、より良く」が重要だったんです、仕事においても、私生活においても。

この本を読むと今までいかに時間を浪費していたかに気がつきます。

その浪費の時間を減らす事で時間を作ることができる。

その時間でやりたい事(趣味)をするんです。

 

さて、僕は理想だけを紹介する気はありません。

「こうすればいいよ」なんて書くのは簡単ですが、実際に習慣化できないと意味がないですからね。

なんとか実現できる方法をお伝えしたい。

なので、エッセンシャル思考を読んだ後は次に紹介する本、「PDCAノート」を読んでみてください。

エッセンシャル思考に書かれていることを習慣にする方法を知ることができます。

 

趣味(やりたいこと)を楽しむ習慣を身につけるための本

せっかく「エッセンシャル思考」を読んで時間の作り方を理解しても、実際にそれが習慣にならないと意味がない。

しっかりと習慣化するには、PDCAを回していくのが一番です。

「PDCA」とは・・・

「計画(Plan)」→「実行(Do)」→「評価(Check)」→「改善(Action)」
で表される、本来は品質管理や業務改善のためのビジネスフレームワークです。

「PDCAって聞いたことはあるけど、ビジネスでよく使われる言葉だし・・・なんか難しそう」というイメージがある方、ご安心ください。

僕がこの本をおすすめしたい理由は“とにかくわかりやすい”からなんです。

PDCAを回すことができれば、ほとんど全てのことが解決できます。

引用元:「自分を劇的に成長させる! PDCAノート」岡村拓朗

この主張のもと、PDCAの回し方が具体的に書かれています。

ノートを使ってPDCAを回す方法なのですが、試しにやってみたらすぐにできました。

“ノートをどうやって区切って使うか”というテンプレートまで丁寧に説明してくれているのがポイント。

A4ノートを買ってきて、テンプレ通りに線を引っ張って書き込むだけ。

簡単なので続けられますよ。

スポンサーリンク

 

ここまでのおさらい

砂時計(時間が流れるイメージ)

この記事でご紹介するのは「趣味の時間を作ること」でした。

まず、“趣味(やりたいこと)をすること”に自信をもつために「空想教室」を読むことをおすすめしましたね。

そして、時間を作る方法として「エッセンシャル思考」をご紹介しました。

エッセンシャル思考を読んだ方は、おそらく「こうすれば時間ができるんだな」というイメージがついているはずです。

そのイメージに近づいて行くために「PDCAノート」を読んで欲しいのです。

イメージに近くことができたのか、実際に時間は作れたのか・・・それをPDCAを回しながら確認・改善していく。

これを続けて行くことで一時的なものではなく、きちんと習慣化できます。

つまり、趣味の時間が継続して作れますし、人生が変わります。

少なくとも僕はそうでした。

▼この本の影響もあって転職し、以前とは比べものにならないほどの趣味の時間を作ることに成功しました。

 

まとめ

「エッセンシャル思考」がこの記事で一番おすすめしたい本です。

具体的に時間を作る方法が書かれています。

「3冊とも読むのはちょっと・・・」と思われた方はエッセンシャル思考から読んでみてください。

ただ、この本を読んだだけでは「へー」と言うところで終わってしまう気がするんです。

僕もこの本だけは何も変わらなかったかもしれません。

なので・・・

  1. 空想教室
  2. エッセンシャル思考
  3. PDCAノート

この3冊、1セットでご紹介しました。

僕がたくさんの本を読んで厳選した、この記事を読んだ方だけが知っている世界で一つだけの本の組み合わせです。

▼この記事で紹介した本

【空想教室】

【エッセンシャル思考】

【PDCAノート】

お互い素敵なバイクライフを送りましょう!

 

こちらの記事も読まれています