混雑は避けられる!ひたち海浜公園のネモフィラを快適に見る方法【2018年版】

スポンサーリンク

「ひたち海浜公園のネモフィラを見に行きたいけど、混雑が予想されるから行くか迷っている」

「ひたち海浜公園の混雑が、できるだけ回避できる方法があれば知りたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

僕も昨年(2017年)の4月30日にひたちなか海浜公園のネモフィラを見に行きました。

彼女と行ったので、「せっかくのデートだから、渋滞や混雑はできるだけ避けたいなあ」と思ったんです。

これから詳しくご紹介しますが、僕が選んだ方法は「朝活をする」ということ。

その結果、ネモフィラの見頃であったにも関わらず、渋滞や混雑を最小限におさえて快適な旅になりました。

最初は少し眠たがっていた彼女も、最終的には大満足の様子でしたよ。

この記事は、2017年のネモフィラ観覧に成功した僕が「もし今年もひたち海浜公園のネモフィラを見に行くならこうする」という観点で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ひたち海浜公園ネモフィラの見頃は?(例年)

ひたち海浜公園の公式ホームページを見る限りで「ネモフィラの管理スケジュール」をまとめてみました。

ネモフィラが咲いている期間

  • 4月上旬
    咲き始め
  • 4月中旬
    5分咲き~見頃
  • 4月下旬
    見頃
  • 5月上旬
    見頃~見頃(後半)
  • 5月中旬
    見頃(後半)

参考:ひたち海浜公園・ネモフィラ紹介ページ(http://hitachikaihin.jp/hana/nemophila.html)

「咲いている期間が意外と長い(1ヶ月くらいある)から、見頃のど真ん中を逃しても諦める必要はない」

上記の管理スケジュールから、僕ならそう判断します。

 

2018年のひたち海浜公園ネモフィラの見頃は?

例年よりも2018年はネモフィラの開花が早いようです。

見頃のど真ん中を逃したくない方は、混雑を恐れずに強行突破(対策なし)したほうがいいかもしれません。

 

しかし、僕は焦りません。

ひたち海浜公園の開園カレンダーをじっくりとチェックするべきです。

 

ひたち海浜公園の開園日カレンダーは重要?

ぺけらいふ
ひたち海浜公園の開園日カレンダーは重要!

開園日カレンダーのどこをチェックするか?

それは「早朝開園日」です。

早朝開園日とは
通常は9:30の開園時間が、早まる日のこと。
僕が訪れた2017年4月30日は、早朝開園日で開園時間は7:30でした。

僕がひたち海浜公園のネモフィラを見るなら、間違いなく「早朝開園日」を利用します。

「早朝開園日」を利用するメリット3つ!

  1. ひたち海浜公園までの道が空いている
  2. ひたち海浜公園の駐車場にスムーズに車が止められる
  3. ひたち海浜公園自体の混雑度も比較的ゆるい

冒頭で「朝活をする」と書いたのは、「早朝開園日を利用する」ということでした。

僕は自宅の横浜市から出発し、車でひたち海浜公園を目指したのですが、「首都高速」「常磐道」の両方とも渋滞はなくてスムーズに進めましたよ。

なぜなら、家を朝5:00に出発したから。

ひたち海浜公園には7:30頃に到着したのですが、その時間でも最寄りのICは少し渋滞気味でした。

「もしも、もっと出発が遅れていたら目的地(ひたち海浜公園)に到着する前の渋滞で・・・」

そう思ってゾッとしたことを覚えています。

 

2018年のひたち海浜公園の早朝開園日は?

ひたち海浜公園の早朝開園日(2018)

  • 4月
    4/28(土)・29(日)・30(月)
  • 5月
    5/1(火)・2(水)・3(木)・4(金)・5(土)・6(日)

参考:ひたち海浜公園・開園日カレンダー(http://hitachikaihin.jp/hana/nemophila.html) 

今年に限ったお話をすると、「4/14の時点で満開(見頃)なら上記GWあたりの「早朝開園日」は、少し見頃を過ぎてしまっているなあ」という印象はあります。

なので、「見頃のど真ん中を逃したくない方は、混雑を恐れずに強行突破(対策なし)したほうがいいかもしれません」と前に書いた気持ちに偽りはありません。

スポンサーリンク

 

僕が今年もひたち海浜公園のネモフィラを見に行くなら

僕の結論はこれです。

「多少見頃を過ぎてしまうことに目をつぶって、4/28(土)の早朝開園時間ぴったり(おそらく7:30)に現地到着を目指す」

「ひたち海浜公園ネモフィラの見頃は?(例年)」でも書いたとおり、「ネモフィラの咲いている時期は意外と長い」というデータを信用しての選択でもあります。

見頃は捨てがたいですが「渋滞や混雑による膨大なストレス」を天秤にかけると、「僕はゆっくり快適に残りのネモフィラたちを見たいなあ」という結論に達します。

結局は、「ひたち海浜公園でネモフィラを見るだけ」ではなくて「ネモフィラを穏やかな気持ちで鑑賞する」というのが本質な気がするので。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ひたち海浜公園のネモフィラを見に行きたいけど、混雑が予想されるから行くか迷っている」

「ひたち海浜公園の混雑が、できるだけ回避できる方法があれば知りたい」

そんな方々の参考になればうれしいです。

お互い旅を楽しみましょうね!

※この記事はあくまで僕の経験と考えをもとに作成しています。「混雑しない」「綺麗なネモフィラを見られる」ことを保証するものではありません。実際の状況は、国営ひたち海浜公園のTwitter(@HitachiKaihin)等をご活用ください。

 

実際に鑑賞した僕の感想ですが、ひたち海浜公園のネモフィラは一見の価値があります。

遠方からコストをかけてでも訪れる価値のある景色だと思いますよ。

ただ、移動費は安く抑えたいですよね。

僕は、さくらトラベルで航空券を比較して購入しています。

航空券が確保できたら、楽天トラベルを利用して宿やレンタカーを予約。

この方法でかなり移動費を抑えられています。

>>>ひたち海浜公園周辺の人気ホテル・旅館ランキング(楽天トラベル)

楽天カードがあれば、楽天トラベルの利用でお得にポイントが貯まりますよ

>>>年会費永年無料の楽天カード

スポンサーリンク