運転初心者必見!怖い首都高速をスムーズに通過するたったひとつのコツ

首都高速

関東圏を通る際に避けては通れないのが「首都高速」。

道幅は狭いし、出口や分岐が右側にも左側にも出現するし、さらには周りの車たちのスピードが速い...

正直なところ、僕は首都高速が怖くて仕方がなかったです。

「仕方がなかった」と過去形なのは、いまはもうそこまで恐怖を感じていないから。

僕が首都高速の怖さを克服した方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

首都高速の怖い点

ぺけらいふ
首都高速が怖い理由を分析するよー

首都高速って普通の高速道路と違って、とにかく難易度が高過ぎなんですよ。

僕が感じた首都高速の怖い点ランキング

1位 分岐路が多い(迷路みたい)
2位 車が多い
3位 道が狭い
4位 車線変更の難易度が高過ぎ
5位 周りの車の速度が速い

カーナビの通りに運転しても分岐が多くて迷ったり、車が多くて車線変更できなくて思うように走れない!

この感覚、僕だけではないはずです。

首都高速の怖さの原因は何か?

1位 分岐路が多い

どの道が正解なのか分からなくて悩む。

カーナビのお姉さんに急に曲がれと言われても(多分、急には言ってないけどこっちは必死なのでそう聞こえる)曲がるべき方向がわかりづらいから怖い。

2位 車が多い

車が多いので、周りの車にぶつかりそうで怖い。

基本的に車に囲まれているので圧迫感があり、余裕を持って運転できないから怖い。

3位 道が狭い

シンプルに怖い。

4位 車線変更の難易度が高過ぎ

車が多く、道幅も狭いので車線変更は非常に怖い。

急な車線変更には対応できる気がしない。

5位 周りの車の速度が速い

ペースが速いので、運転に余裕がない。

精神的に疲労してしまう。

 

このように自分がなぜ首都高速を怖いと思っているのかということをひたすら考えた結果、ひとつの結論にたどり着いたんです。

運転に余裕がない上に、道がわかりにくいから怖い

運転の余裕に関しては技術的な部分でもあるので徐々に慣れていくことにし、もうひとつの要素である道順をしっかり事前に準備しておけばなんとかなるのではないかと思ったんです。

首都高速をスムーズに通過するたったひとつのコツ

僕が実践している方法は、走行ルートを「完璧に」予習しておくことです。

首都高速へ挑むための準備

  • あらかじめ曲がるところを知っている
  • あらかじめ走るべき走行車線を知っている

→自分が走るべきルートをしっかり把握している

カーナビに任せて、事前準備を怠っていませんか?

出発の前に3分でも良いので

  • 首都高速にどこから入って
  • 首都高速のどういうルートを通って
  • 首都高速からどこに出るか

を把握してください。

僕の経験上、びっくりするくらい落ち対いて首都高速を通過できるようになるはずです。

スポンサーリンク

首都高速予習の具体的な方法

僕はツーリングマップルを使用してますが、持ってない人はグーグルマップでも大丈夫です。

例えば、下記のルートを走行する予定があるとして説明しますね。

神奈川県の浮島周辺から首都高速で東京を縦断。

東京上部の川口JCTを通過して東北自動車道に出るルートです。

この場合、予習事項はこんな感じ。

1.簡単なルートを選択する

ナビやグーグルマップが提案する最短距離に奴隷のごとく従っていませんか?

今回の場合ですと、東京のど真ん中を突っ切るルートは避けるべきです。

なぜなら、苦手な人にとっては間違いなく複雑で走りづらいルートだからです。

今回の場合では、上の地図の様に比較的分岐が少なく分かりやすい外側のルートを選択すべきです

外側の少々遠回りなルートを選択したからと言って、時間的に大幅な差が発生することはほとんどない。

それよりも精神的に安定した運転ができる方がよっぽど価値があると思いませんか?

2.首都高速の何号線を走るか

首都高速の道路には名前と記号があります。

首都高速の号線記号を含めた全体図は下記サイトを参考にしてみてください。
首都高ドライバーズサイト

今回の場合は下記のルートを走行します。

首都高速湾岸線(B) → 首都高速中央環状線(C2) → 首都高速川口線(S1)

 

ルートは、道路の名前ではなくB、C2、S1といった記号で覚えておくのがおすすめですよ。

首都高速上の標識は主に記号で表示されているからです。

道路標識を見ながら、自分が走るべき号線をたどっていくのが基本。

自分が走るべき号線を把握しておけば、後は道路上の標識を確認しながら進むだけです。

正直、首都高速の標識は親切かつ丁寧です。

ある意味カーナビより頼りになるかもしれません。

僕自身が体感していることです。

3.通過するJCT名(交差点名)と方向を把握しておく

今回の場合は下記を把握しておくイメージです。

 

  1. 大井JCTを直進
  2. 有明JCTを直進
  3. 東雲JCTを直進
  4. 辰巳JCTを直進
  5. 葛西JCTを左折(B → C2へ変更)
  6. 堀切JCTを直進
  7. 小菅JCTを左折
  8. 江北JCTを直進(C2 → S1へ変更)

 

忘れそうならメモをして、運転中に目に入る位置に貼っときましょう。

少なくとも号線が変わる太文字のJCTだけでも把握しておきましょう、これがかなり重要。

曲がる方向が分かっていたら、車線もあらかじめ曲がる方向に変更できるので、急な車線変更も発生しません。

まとめ

たったこれだけの準備で、劇的に変わりますよ。

頭の中に進むべき道のイメージさえあれば、余裕が生まれて、道路上にある標識に注目できる様になります。

「次はどこをどっちにいくんだろう...」

「どっちの車線を走ってればいいんだ?」

こんなこと考えてて、運転に集中できるはずがないじゃないですか。

結果、考えることが多すぎでテンパるから怖いんですよ。

運転に集中して、JCTの度に標識を確認しながら進んで行くだけで驚くほどスムーズに首都高速は通過できます。

 

カーナビに任せて、事前準備を怠っていると標識なんて全く意味不明じゃないですか?

そもそも標識なんて見てない人もいるんじゃないかなあ。

その結果、急な車線変更を余儀なくされて、怖い思いをするんですよ。

僕がそうだったので痛いほどわかります。

 

一度予習をして、首都高速に挑んでみてください。

きっと怖さが軽減するはずです。

スポンサーリンク