楽しみ方のご提案!バイクツーリング旅のお供(野に咲く花編)

バイクツーリングを今よりさらに楽しくする方法をご紹介します!

バイクはツーリングだけでなく「バイク×〇〇」という風に別の何かと組み合わせることで無限大に楽しみを生み出せるところも大きな魅力のひとつだと思うんです。

バイクと組み合わせることで楽しさの相乗効果を生む要素、つまり僕が考える「バイク×〇〇」の〇〇にあたる部分をご紹介していきます。

今回のお供は野に咲く花

はい、大丈夫です。これからご説明致します。

スポンサーリンク

ツーリングと「野花」は相性が良い?

「野に咲く花」つまり「野花」に注目したことはありますか?

意識していないと全く気付かないのが「野花」です。

僕も以前は全く注目していませんでした、ほんとにもったいないことをしていたなあって今になって思います。

ツーリングと「野花」は非常に相性が良いと、僕は思っています。

相性の良い所以

  1. バイクは走っていても視野が広いので花の姿がよく目に入る
  2. ツーリングで多くの場所に訪れるので、必然的に野花を観察する機会に恵まれている
  3. バイクはUターンも容易で駐車に気を使わなくてもいいので、軽いフットワークが野花観察に適している

「野花」がツーリングのお供になる理由

綺麗な野花は癒しになる

【カタバミ】

「綺麗な花を見ると癒される」、これは老若男女問わず人間の共通認識ではないでしょうか。

写真の花はどれも、5月頃にどこでも咲いてる野花たちです。

そうなんですよ。

野花ってかなり綺麗なんですよ。

僕も今までは意識して見てなかったので完璧に見落としていましたよ、損してたなあって思います。

スポンサーリンク

野花は無料

【ニワゼキショウ】

野生で咲いている花を写真に撮ろうが眺めてほっこりしようが自由。

お金は一切かかりません。

まさに究極の旅のお供だと僕は思っています。

それでいて、場所や季節によって種類を変えてくるのでこちらを飽きさせないというサービス精神に溢れているわけです。

旅をする者にとっては最高、感謝しかないですね。

利用しない手はないんじゃないかなあ。

ツーリングから帰った後にも楽しめる

【トキワツユクサ】

野花に注目するようになると、ツーリング先で見つけた花の名前が気になって仕方なくなります。

これは僕が経験しているので事実。

写真を撮っておいて家に帰って部屋着に着替え、コーヒーを飲んでくつろぎながら、花の名前を調べるのがおすすめです。

このツーリングの延長戦が自宅に帰ってからもできる、この感覚がちょっとした幸せ。

主に僕が使っている野花の名前を調べる方法をご紹介しておきますね。

  • とれたてドットコム
  • Google検索で下記のキーワードで検索
    (例)「色 花びらの枚数 観察した月」 → 「黄色 花びら5枚 5月」

とれたてドットコムという検索サイトがとてもよくできていて、高確率で探している花が候補にあがってきます。

僕がよく使っているサイトですので興味がある方は覗いてみてください。

探していた花の名前がわかったときは、シンプルに嬉しいものですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ツーリング旅を楽しむ要素のひとつとして野花にスポットを当ててみるのはいかがでしょうか。

野花は身近に存在しているものですが、意識しないと情報として自分の中に入ってこないもの。

同じ景色を見るならより多くの情報を得られた方が絶対楽しいし、お得じゃないですか。

お互いバイクライフをお得に楽しんでいきましょう!

 

バイクツーリング旅のお供シリーズの第二弾は「文庫本」です。

スポンサーリンク