なぜバイクは小排気量から乗ったほうがお得なのか?僕の実体験からわかるその理由!

スポンサーリンク
いままで乗り継いできたバイクたち

初めてバイクを選ぶ時、どの排気量を選べば良いか迷いますよね。

僕の意見としては、「自分が乗りたいバイクに乗るのが一番」です!

あれ?

それはわかってるけど、「コレだ!」と思うバイクがまだ見つからないから困っているんだよ……

という顔をしていますね?

そんな方に向けて、この記事では僕が

  • バイクは小排気量からステップアップしたほうがお得に楽しめる

と考えている理由をご紹介します。

※ここでの「小排気量」は、250cc以下を指しています

もし共感頂けたら、「小型排気量のバイクから検討してみる」という方針が決まって、バイクが選びやすくなるはずですよ。

スポンサーリンク

小排気量のバイクから乗った僕の体験談

250㏄バイクの例(GB250クラブマン)

僕は、250cc、400cc、1300ccのバイクを順番に乗り継いできました。

そのおかげで、バイクライフを最大限に楽しめていると感じています。

まずは、その理由をお話ししますね。

初めて所有したバイクは、ホンダGB250クラブマン(250cc)です。

一番最初にこの250ccのバイクに乗れたことは、とても幸せなことでした。

その理由は、

  • コンパクトな車体
  • 維持費が安い

からです。

バイクに慣れていない僕にとって、クラブマンは大きくて重い鉄の塊でした。

それでも、暇さえあれば乗っていました。

いや、「クラブマンだから乗ることができた」のです。

何が言いたいかというと、例えばもっと大きくて重い大型バイクだったら僕は、

  • バイクに乗らなくなっていた

かもしれません。

クラブマンでは、立ちゴケをたくさんしました。

ダート(砂利道)も走りまわりました。

道を間違えてUターンばかりしていました。

でも、気軽にそんなことができたのは、

  • クラブマンが250ccでコンパクトな車体だったから

に尽きます。

今乗っているXJR1300(大型バイク)なら、そんな乗り方は絶対にしたくありません。

つまり、バイクの楽しさは、

  • 最初に250ccのバイクに乗っていたからこそ最大限に感じられた

と僕は思っています。

もっと言うと、クラブマンは維持費も安かった。

学生の僕でもバイト代でなんとか維持できました。

※250ccは車検がない、部品代が安い、燃費が良いの3拍子が揃っているのです!(年式の古い車体など例外はあります)

というわけで、小排気量から乗り始めた僕は、

  • 物理的にも経済的にもバイクに乗り続けることができた

のです。

こうして、バイクにどっぷりハマりました。

大型バイクから乗り始めていたら、僕のバイクライフはまた違ったものになっていたかもしれません。

その後、カワサキZRX400に乗り、400ccのパワーに驚きました。

250ccに乗っていたからこそ、400ccが持つパワーの素晴らしさを知りました。

そして現在、ヤマハXJR1300に乗っています。

大型バイクが持つ圧倒的なパワーと安定感のある車体に魅力を感じられるのも、小型排気量に乗ってきた経験があるからです。

そう、小型排気量のバイクからステップアップしてきたことで、その違いに気付き、それぞれの魅力をヒシヒシと感じることができたのです。

▼排気量別バイクの感想はこちら▼

スポンサーリンク

小排気量のバイクから乗るとお得な理由

バイク旅(北海道)

僕の経験もふまえると、小排気量のバイクから乗るとお得な理由は、

  1. バイクのおもしろさを最大限に感じられる
  2. バイクに関する失敗が比較的軽くて済む

の2つあると思っています。

それぞれ詳しく説明しますね。

1.バイクのおもしろさを最大限に感じられる

バイクは、

  • それぞれの排気量に魅力が存在

しています。

大型バイクにはない魅力が小排気量のバイクにはあります。

そして、順番にステップアップしていくことで、その全ての魅力に触れることができるのです。

例えば、小型排気量は躊躇なくダートに突っ込めたり、気軽にUターンをすることができます。

大型バイクなら長距離でも楽に移動できますね。

じゃあ、大型からステップダウンしてもいいのでは?

たしかにそうかもしれません。

ただ、小型排気量の魅力に触れたことがない人が、わざわざ乗り心地を犠牲にして排気量を小さくしようと思うでしょうか?

僕はなかなか難しいと思います。

だから、最初に小排気量の魅力を知っていたほうがいい。

ステップアップしていったほうが、無理なくたくさんの魅力に触れることができてお得だと思うんです。

たまに「大型バイクのほうがすごいんだぞ」みたいなことを言う人がいますが、「ああ、バイクの楽しさをほんの一部しか知らずにここまできて、かわいそうだなあ」と思いながらその人を眺めています。

いろんな排気量のバイクに乗っていたら、そんな発想が生まれるはずがないんですからね。

2.バイクに関する失敗が比較的軽くて済む

実は僕、250㏄のクラブマンに乗っている時に数えきれないくらい立ちゴケをしました。

でも、そのおかげでZRX400やXJR1300では立ちゴケはしていません。

……すいません嘘をつきました、ZRX400では3回ほど立ちゴケました。

何が言いたいかと言うと、

  • 成長している

ということです。

その証拠に、クラブマンよりも圧倒的に扱いづらいXJR1300では未だ立ちゴケはしていません。

今になって思うのは「250㏄のクラブマンで失敗をたくさんしていてよかったなあ」ということです。

一般的に250㏄、400㏄、1300㏄の順番でパワーが大きくなるにつれて、バイクの操作も難しくなっていきます。

立ちゴケ程度なら可愛いものですが、250㏄のバイクなら小さな失敗でも、大型バイクの強大なパワーが加わると大事故につながることがたくさんありますからね。

例えば、カーブを曲がりきれなくて転倒したとしたら……250ccと1300ccのバイクではどちらのほうがダメージが大きいでしょうか?

転倒しないように色々と経験を積む必要があるわけですが、いきなり大型バイクに乗ってしまうと1度の些細なミスでも命取りになり得るのです。

比較的安全に運転技術を磨いてこれたという意味でも、僕は順番にステップアップしていってよかったと思っています。

常に身の丈に合ったバイクに乗り続けることで、ずっとバイクを楽しめているのです。

補足
小排気量のバイクが全く危険ではないというわけではありません。クルマと比べるとバイクは全て危険です。その中でも排気量が大きく、パワーがあるほど危険だということです。
スポンサーリンク

いきなり大型バイクを選んで大丈夫?

ぺけらいふのXJR1300

さて、最後に僕が聞いた悲しいお話をご紹介しますね。

免許を取って初めてバイクを選ぶ時を想像してください。

バイクを選ぶにあたって、雑誌を読みあさり、バイク屋の店員さんの話を聞き、経験者の話を参考にしますよね。

このときに注意して欲しいことは、

  • 初めてバイクに乗る人(あなた)」と「アドバイスをしてくれる人」の感覚は全く違う

ということです。

例えば、僕が今乗っているヤマハXJR1300は、排気量が1,250ccもある大型バイクです。

車体は大きくて重いですし、とてつもなく大きなパワーがあります。

にも関わらず、「XJR1300は乗りやすいバイクだ」とよく言われます。

間違っていません。実は、僕も同じように思っています。

ただそれは、今までバイクに乗ってきた、僕たちの経験があるからこその感覚なのです。

初心者の人も同じように「XJR1300は乗りやすいバイクだ」と感じるかと言えば、そうではないはずです。

正確に表現するならば・・・

  • (大きくて重くて取り回しは大変だけど動き出したら)乗りやすい
  • (他の大型バイクに比べると)乗りやすい
  • (すさまじいパワーを今までの経験で自制できるなら)乗りやすい

という感じでしょうか。

この()の部分を知らずに、

へえ、XJR1300は乗りやすいバイクなんだ、私にも簡単に乗れそうだな

という軽い気持ちで、初めてのバイクにXJR1300を選んでしまうと、ミスマッチが起きてしまうかもしれません。

僕は、

  • 乗りやすい大型バイクなんてこの世の中にはない

と思っています。

あんな大きくてバケモノみたいにパワーのある乗り物が「乗りやすい」わけがないんですよ。

雑誌、店員さん、バイク乗りの先輩は、初めてバイクに乗る人のことを考えてアドバイスはしてくれますが、完全に初心者の感覚に戻ることはできません。

なぜこんな話をしているのか。

初めてのバイクで大型バイクを買ってしまったが故に、バイク熱が冷めてしまった人の話を聞いたことがあるからです。

大型バイクの大きさと重さが負担になったのと、パワーが大きすぎるのも怖くて、バイクに乗らなくなってしまったとのこと。

本人いわく、「このバイクは乗りやすいと人から勧められた」というのです。

「初心者が大型バイクなんて乗るなよ!」と言いたいわけでは、決してありません。

おそらく心の底から乗りたいバイクであれば、苦労をしながらもそのバイクに乗り続けられるはずですよね。

僕が言いたいのは、

  • なんとなく、他人に勧められたという理由で大型バイクを買うのはやめたほうがいい

ということです。

せっかくバイクに興味を持ったのに、バイクが合わないが為にバイクの良さを知らずに終わるなんて、悲しいですよね。

そんなことになるくらいなら、小排気量からステップアップする道を検討してみて欲しいのです。

まとめ

「なにがなんでも、絶対に、小排気量から乗ったほうがいい!!」

なんてことを言う気はさらさらありません。

『自分が乗りたいバイクに乗るのが一番』です。

でも、僕が250㏄のバイクから乗り始めて「よかったなあ」と思っていることもまた事実です。

だから例えば、

「バイクに乗りたいけど、乗りたいバイクは特にない

そんな方がいたとしたら、

『バイクは小排気量からステップアップする』という道も検討してみて欲しいと思います。

せっかくなら悔いのないバイクライフを楽しみましょう!

▼バイクについて必要な知識をまとめました!▼

もっと情報が知りたいあなたへ……

KindleUnlimited

バイク雑誌などたくさんの情報源をお得に読める方法があります。

例えば、BikeJINを書店で買うと1冊で1,000円くらいしますよね。

他の雑誌も読みたいけど月の予算には限りがあるし……とお悩みの方に朗報です。

僕も愛用しているAmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら月額980円で様々な雑誌(電子書籍)が読み放題です!

BikeJINはもちろん、バイク、カメラ、キャンプ、ガジェットなど旅好きには堪らないジャンルの雑誌が豊富に揃っていますよ。

最初の30日間は無料でお試しできるので、ご興味があるかたはぜひ一度この素敵な世界を体験してみてくださいね。

\途中で解約しても30日間無料で利用できます!/

Kindle Unlimited
無料体験はこちら

【参考】詳しいレビューを見る
【参考】Kindle Unlimitedを利用して家でバイク趣味を楽しむ方法

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

2 件のコメント

  • 優しい表現、勉強になります!
    自分は250までしか乗ってませんけど、
    50ccから初めたから、バイクという乗り物を凄く楽しめていると自覚してます。

    一言 お伝えしたくなりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。