ソロキャンプのテントにコールマン「ツーリングドームST」をおすすめする理由

コールマンのツーリングドームST

「ソロキャンプに最適なテントを知りたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

ソロキャンプを始めて10年のあいだ、何度もテントを変えてきました。

そんな僕が現在愛用しているテントが、コールマンのツーリングドームSTです。

この記事では、ソロキャンプテントの決定版だと信じてやまない「ツーリングドームSTの魅力を徹底解説」します。

スポンサーリンク

コールマン「ツーリングドームST」とは?

ツーリングドームSTの外観

コールマン(Coleman)は超有名なアウトドアメーカーです。

そのコールマンが商品名に“ツーリング”と名付けて発売したテントが、ツーリングドームシリーズです。

その名のとおり、キャンプツーリングに嬉しい機能がたくさん詰まっています。

補足

コールマンのツーリングドームには、「ツーリングドームST」と「ツーリングドーム LX」の2種類があります。大きな違いはサイズ。STは定員1〜2人の小規模テント、LXは定員2〜3人の少しゆったりサイズのテントです。
この記事では「ツーリングドームST」について紹介しています。

それでは「ツーリングドームST」のスペックを見てみましょう。

【使用サイズ】210×120×100(h)cm
【収納サイズ】直径23×54cm
【重量】約4.4kg
【耐水圧】約1,500mm
【材質/フライ】75Dポリエステルタフタ
【材質/インナー】68Dポリエステルタフタ
【材質】ポール/FRP
【定員】1~2人
【仕様】メッシュドア×2、前室あり

ソロキャンプを楽しむには十分なスペックです。

ちなみに先日、妻とこのテントを持ってキャンプに行きました。

荷物は前室に置きましたが、問題なく大人2人が寝られました。僕の身長は181cm、妻は163cm。

ソロ用ではありますが、2人でも寝られるサイズです。

「ツーリングドームST」をおすすめする理由

前室の広さ

ツーリングドームSTの前室

僕が一番気に入っているのは、「ツーリングドームST」の前室です。

椅子に座った僕(大人1人)が、前室内にスッポリと収まるくらいの広さがありますからね。さらに、前室の幕をポールや木の枝で跳ね上げれば、簡単なタープにもなります。

荷物置き場、日よけ、雨の日に調理する場所など、「ツーリングドームST」の前室にはたくさんの使い道がありますね。

北海道ツーリングなど長期の旅では雨の日にどこで寝るかが悩むところです。「ツーリングドームST」があれば雨の日でも問題なくキャンプができるというのは心強いですね。

設営の手軽さ

ツーリングドームSTの設営風景
前室があるから、テントを組み立てるのが面倒なんじゃないの?

と思いますよね。

心配は無用です。一人でも簡単に設営できます。

ポイントは「ポールポケット式」「インナー吊り下げ式」を採用していること。

「ポールポケット式」とは、テントの骨組みであるポールを簡単に固定できる仕組みです。ポケットにポールを入れるだけ。イメージが湧かない方はとにかく簡単なんだなあと思って頂ければ大丈夫です。

そして「インナー吊り下げ式」は、フックでポールに引っ掛けるだけで、おおよそのテントの形が出来上がる仕組みです。

前室用のポールも専用のフックも色分けしてあるので、すぐにわかります。このあたりは「さすがコールマン、親切だなあ」と思いました。

コストパフォーマンスの良さ

節約のイメージ
「ツーリングドームST」のポイント!

  • 魅力たっぷりの前室が付いている
  • キャンプに必要な機能を備えている(耐水性や通気性など)
  • コールマンという安心感

この3拍子が揃っているテント「ツーリングドームST」は1万円台で購入できます。素晴らしいですね。

レビューにも、『コストパフォーマンスが良い』という感想が多く寄せられています。

>>>「ツーリングドームST」のレビューを見る

例えば、前室付きのソロキャンプ用テントとしてモンベルには「クロノスキャビン 2型」という商品があります。価格は大体3万円。

もちろん性能は全く同じではありませんが、「ツーリングドームST」を買った僕は「三分の一のお値段で満足できるテントを購入できたな」と思っています。

逆に、1万円より安いテントはたくさんありますが、あまりおすすめしません

僕は5千円程度のテントを買い替えながら使っていたので知っているのですが、あまり性能がよくないものが多いです。通気性や耐久性が悪く、設営に手間がかかりがちでした。

使っているとどこかがダメになって買い換えることにもなり、結果的にコストパフォーマンスは良いとは言えません。

その点でも、「ツーリングドームST」は機能と価格のバランスが良いと思っています。

スポンサーリンク

コールマン「ツーリングドームST」のデメリット

収納時のツーリングドームST

収納時のコンパクトさに欠ける

「ツーリングドームST」のデメリットは特にないのですが、強いて言うならば収納時に少し大きくて重いかなという印象です。

前室用のポールがあるので、どうしてもその分だけ大きくはなってしまいます。あと、コスト面の都合でポールの材質が少し重いです。

ただ、このあたりはキャンプ場にどうやって行くかにもよりますね。車やバイクなら基本的にあまりデメリットにはなりません。

人間が持ち運ぶ登山用のテントと比べれば、大きくて重いかなあというくらいです。

グランドシートが付属されていない

付属されていないテントはたくさんあるので、僕はデメリットとは感じていません。

ただ、準備しておいたほうがいいのでここに書いておきますね

グランドシートですが、僕はロゴスの防水シートをテントの下に敷いています。

テントの下側が汚れないだけでなく綺麗なまま畳んで収納することができるので、テントの劣化を防ぐことができます。さらに、地面からの湿気や冷気を遮断してくれるので、グランドシートは必須アイテムですよ。

「ツーリングドームST」で快適なキャンプライフ

「ツーリングドームST」はおすすめのテントです。

デメリットも書きましたが、大した弱点ではありません。少なくとも、僕はあまり気にならないので、ソロキャンプの時はずっとのこのテントでキャンプを楽しむ予定です。

「ソロキャンプに最適なテントを知りたい」

そんな方はぜひ「ツーリングドームST」を選んでみてくだいね。

お互いキャンプライフを楽しみましょう!

▼僕も愛用しています!▼

▼こちらもおすすめ▼

月額980円でバイク雑誌や情報誌が読み放題!
コスパ最強『Kindle Unlimited

200万冊以上が読み放題。BikeJINやるるぶなどバイク乗りに嬉しい情報誌が豊富です。30日間は完全無料で体験可能!まずはラインナップだけでも確認ください。

30日間無料体験はこちら

会員数2,000万人以上・継続率90%以上・50年以上の実績!
安心・安全・信頼の『JAF

会員なら「無料」で「何度でも」受けられる高品質ロードサービス(故障、パンク、ガス欠、バッテリー上がりもれなく対象!)が、バイクライフを強力サポート。しかも充実の会員特典で年会費は実質タダにできます。

JAFの詳細をみる
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • こんにちは、いつも楽しく読ませていただいています。

    私は125ccネイキッドに乗っています。
    キャンプツーリングを始めようと思い、この記事のテントを検討しているのですがかさばることがデメリットと書かれていました。
    125ccのバイクでも積めるでしょうか?

    • ルビー1221さん、コメントを頂きましてありがとうございます。
      まず結論からお伝えしますね。おそらく「125ccのバイクでも積める」と思います。
      ただ、他のキャンプ道具の量や積み方にもよるので絶対大丈夫だとは言い切れません。
      僕が使用している道具一式の大きさについて、僕が書いたこちらの記事をご参照ください。
      >>>https://pekelife.com/touring-camp-tool

      僕のキャンプツーリング道具一式はトミーのボストンバッグに全て入っています。
      もちろんこのツーリングドームSTもこのバッグの中に収納できています。
      僕と同程度の道具でトミーのボストンバッグをルビー1221さんのバイクに積めるイメージが湧くようであれば、問題なく積めるかなと思います。

      キャンプツーリングはとても楽しいですよ!
      ツーリングドームSTならきっと素敵なキャンプツーリングができると思います(^ ^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    ぺけらいふ。管理人
    普通のサラリーマンです。このブログでは10年以上のバイク歴で学んだ、バイクや旅のリアルな情報を発信しています。バイクや旅が好きな人のお役に立てたら嬉しいです(^ ^)