その温泉って本物?ただの温かい水で満足しないための知識

温泉

僕の場合、バイクでのキャンプツーリングや息抜き旅行の時に入る機会が多い温泉。

突然ですが、温泉の定義って知っていますか?

つまり、温泉法によれば、温度か、含まれる物質のどちらかの条件を満たせばよい。湧き出た水の温度、すなわち泉温が二十五度未満と冷たくても、十九項目のうち、一つでも物質の規定を満たせば、法律上は「温泉」と認められるということである。逆に、物質の条件をどれ一つ満たせなくても、湧出した泉温が二十五度以上ありさえすれば、やはり「温泉」と認められる。

引用元:石川理夫「温泉♨法則」より

僕が衝撃を受けたのは、25℃以上の「タダのお水」でも温泉法上は「温泉」になり得るということ。

ぺけじぇい
イメージしてた温泉と全然違う…

僕もそう思いましたよ。でも、事実なんです。

温泉って身近ですが、あんまり詳しく知らないと思いませんか?

それって損をしているかもしれませんよ。

世の中にあふれている見かけ倒しの「お風呂遊び」に騙されない為に。

僕が実際に勉強して学んだことをご紹介しますね。

スポンサーリンク

温泉に対する無知は怖い

ぺけじぇい
家庭のお風呂よりとにかく大きい浴槽!それが温泉の醍醐味でしょ!
ぺけじぇい
露天風呂とサウナがないと物足りない!

今までの僕は、これが良い温泉だと思ってたんです。

確かに、それ自体は悪いわけではない。僕自身それなりに体調改善の効果はあったし、満足でした。

でも、それは「大きなお風呂」というのが良かったのであって、「温泉」の楽しみ方じゃないかも。。。

この本を読んで、僕はそんなことを感じたわけです。

温泉法則で僕がどう変わったか

まず、温泉法則を読んで僕が具体的にどう変わったかを少しお話しますね。

先日、内湯と外湯がある温泉に行った時、「どちらの方が本物の温泉に近いか」が分かりました。

内湯は「タダのお湯」外湯は「有効成分が多く溶けこんだ温泉」だったわけですが、この違いが分かったんです。

そして、自分が感じたその「違い」を、脱衣所にあった「温泉分析書」で確認することができました。

素直に「おおっ!」って言いましたよ。嬉しかった。

明らかに今まで見落としていた要素をつかみ取れたという感覚。

以前の僕なら、内湯と外湯で「違う」という概念すらなかった。さらに、暗号の様な「温泉成分表」を読む気すら起きなかったはずです。

温泉の楽しみ方を損してたなと思いましたよ。

僕の中で今までになかった温泉に対する興味があふれ出した瞬間です。

温泉の現状

冒頭の通り、「温泉」と公言するためのハードルは思った以上に低かった。これって、条件さえ満たせば「温泉」として存在できるということ。

少なくとも僕が今まで利用していた大衆温泉は、「お風呂遊び」でした。

「本物の温泉」とは

源泉とは地上に湧出した、そのままの温泉水のこと。新鮮な源泉に入浴したり飲泉できて、その個性や持ち味を体感できる温泉が「本物の温泉」である。

引用元:石川理夫「温泉♨法則」より

「タダのお湯」ではなくて有効成分(水素イオンとか、ラドンとか...)がしっかり溶け込んだ、新鮮な温泉。

「タダの広い浴槽や豪華な設備」ではなくて、温泉の湧出量に合った湯船でその温泉の個性や持ち味を体感できる温泉。

そんな温泉に浸かりたい、探したいと思うようになったわけです。

「本物の温泉」の探し方

ぺけじぇい
じゃあ、どうやって「本物の温泉」を探すの?

「循環湯」を知る

循環湯とは

本物の温泉かどうかを見分けるための知識として、「循環湯」を知ることが重要だということもこの本から学んだこと。

循環湯とは、源泉掛け流しの「対極」に位置するものだと考えればいいのではないかと。

つまり、掛け流すのではなく循環させてお湯を「再利用」する仕組み。

循環湯にも種類があり「循環湯 = 悪い」ではないですが、少なくとも温泉が持つポテンシャルを最大限に活かす方法ではないはずです。

循環湯の見分け方

ぺけじぇい
この浴槽のお湯は循環しているのか否か…

浴室の戸を開けたとたん、漂う塩素殺菌臭が鼻についたら、塩素殺菌をかなり強化しているろ過循環湯と考えて間違いない。

引用元:石川理夫「温泉♨法則」より

「僕は、そう言われてみれば。。。」という記憶が多々ありました。

「温泉♨法則」には、他にもろ過循環湯を見分ける方法が記載されています。

循環湯を知るとどうなるか?

正直僕のような素人には、完全に見分けるのは不可能ですし、必要以上に敏感になっても仕方がない。

ただ、知識としてこのことを「知っているかどうか」って大きな意味があると思うんですよ。

温泉に入った習慣、「これは循環湯なのだろうか?」って考えてみる。たまに明らかな特徴に気が付いて、循環湯かそうじゃないかが分かることがある。

これって、本物の温泉に近づく第一歩だと思いませんか?

親切な所だと、脱衣所に循環湯かどうかの説明が書いてありますので答え合わせができたりしますよ。正解したら嬉しいし、経験になります。

今までの僕では想像できなかった温泉の楽しみ方です。

温泉分析書を読む

「温泉分析書」を読んだことありますか?

よく脱衣所に貼ってある、住所や成分が暗号の様に書かれているアレです。

僕もこの本を読んで勉強してから注意して探すようになったんですが、ほとんどの温泉に貼ってあります。

ある程度「温泉成分表」の意味が分かると、読むのが楽しいですよ。そしてかなりの情報が詰まっています

特に「温泉の湧出量」を読み取ることができれば、浴槽の規模と比較して循環湯かどうかの見当が付きます。

つまり、「温泉成分表」を理解できると本物の温泉に近づくんです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 家庭のお風呂よりとにかく大きい浴槽!それが温泉の醍醐味でしょ!
  • 露天風呂とサウナがないと物足りない!

「温泉♨法則」を読む前は本気でこんなことを考えていた僕ですが、全く考えが変わりました。

  • 大きい浴槽より、温泉の湧出量に合った湯船が理想。
  • 1人しか入れない湯船でも、絶えず新鮮な源泉がとうとうと流れている「本物の温泉」の方がいい!!

露天風呂もどうしても必要な条件ではないと思っています。「露天風呂がないと嫌だ」という理由で、本物の温泉を逃してしまう方がもっと嫌だ。

僕の中で温泉に対する見方を180度良い方向に変えてくれた本。おすすめですよ。

近くにある大衆温泉で満足していませんか?

大衆温泉の手軽さはもちろんメリットですが、ワンランク(時にはそれ以上)上の本物の温泉は間違いなく存在しますよ。

僕がそうだったように今まで知らなかった温泉の魅力に気づいてみませんか。

スポンサーリンク