絶対後悔しないために、一生モノの腕時計の選び方

スポンサーリンク
一般的な腕時計

「一生モノの腕時計を購入しようと考えている」

この記事はそんな方に向けて書いています。

それなりに良い腕時計を買うとなると、数十万円の買い物になります。

安い買い物ではないので、後悔のないように選びたいですよね。

「でも、何を基準に選べばいいかわからない・・・」

今の腕時計を購入するまでの僕も、全く同じ気持ちでした。

そんな僕が、雑誌やインターネットの情報を読み漁り、人におすすめの時計を聞いたりして蓄積した知識を貴方にお教えします。

 

ちなみに、僕が最終的に“一生モノの腕時計”として選んだのは「1969年製OMEGA(オメガ)シーマスタークロノメーター cal.564」というアンティーク時計です。

アンティーク時計にについて詳しく知りたい方は、「知らないと損!機械式アンティーク腕時計を「一生モノ」としておすすめする理由」も後ほどお読みください。

スポンサーリンク

1.腕時計は見た目で選んでもいい!

腕時計(オメガシーマスター)

「人を見た目で判断するな」とはよく言われますが、「腕時計は見た目で判断してもいい」と僕は思っています。

だって、常に身に着けているものなんですよ。

もはや体の一部と言っても過言ではない腕時計の見た目を、自分が気に入っていないなんて・・・

想像しただけでも辛いです。

というわけで、ブランドや機能なんかは二の次。

「腕時計は見た目で判断してもいい」という前提で選びましょう。

 

腕時計は、ケースの形、文字盤のデザイン、針の形、カレンダーの有無などデザインの選択肢は多岐にわたります。

迷ってしまったら、自分が使う場面(どんな服を着ることが多いか、いつ使うのかなど)を想像してみるのがおすすめです。

例として、僕が今の時計を選んだときに考えたことを記載しておきますね。

  • 一生モノにしたいので流行に左右されず、飽きのこないデザイン
  • 使用する場面はビジネスが中心なので、スーツに合う時計である
  • 仕事で使うのでカレンダー機能は欲しい

以上より、丸形かつ3針のシンプルな時計(飽きのこないデザイン、スーツに合う)で、カレンダー機能が付いているもの・・・というように絞っていきました。

また、針の形は僕の好みから「ドルフィンハンド」(太くて力強い針の形)と決めてました。

その結果たどり着いた「1969年製OMEGA(オメガ)シーマスタークロノメーターcal.564」(上の写真参照)は、見た目が僕の好みにぴったりなので、見てて飽きません。

とても愛着がある相棒になっています。

 

2.腕時計はムーブメントにこだわって選ぶ

ムーブメントは時計の本質的な部分なのでこだわりたい。

精度や耐久性にも関わってくる重要な部分ですから。

僕なら「自社製ムーブメント」に注目します。

「自社製ムーブメント」とは、オメガやロレックスといった有名な時計ブランドが、自社で製造しているムーブメントのことです。

特徴は、自社で製造しているため、ブランド独自のこだわりが盛り込まれた素晴らしいムーブメントであること。

「自社製ムーブメント」を搭載するということは手間や時間、そしてコストがかかるので、まさにメーカーの本気の一品となります。

この自社製ムーブメントを搭載している腕時計を探すものひとつの手だと思います。

ちなみに、僕の時計(オメガシーマスターcal.564)のムーブメントは比較的手の届く範囲の値段でありながら、オメガの自社製ムーブメントです。

スポンサーリンク

 

3.共感できるブランドの腕時計を選ぶ

時計の文字盤

腕時計には様々なブランドがありますが、それぞれ個性的かつ興味深い歴史的背景があります。

それを調べてみると、自分に合う時計がどれか、わかってくることがあります。

オメガ

例えばオメガなら、「NASAに選ばれるほど素晴らしい時計を作った、偉大なメーカー」という印象を僕は持っています。

1969年、アポロ11号の宇宙飛行士が月面に偉大な一歩を踏み出したとき、その宇宙飛行士の腕にはめられていたのがオメガのスピードマスターという歴史があるからです。

ロレックス

ロレックスの場合、次のような歴史があるので、実用性に優れた腕時計機構を数多く発明した「実用的な高級腕時計ブランド」という印象を僕は持っています。

1926年 世界初の完全防水ケース「オイスター」を開発
1931年 世界初の自動巻きメカニズムをもつ「パーペチュアルローター」を開発
1945年 世界初の日付が深夜に瞬時に変わる「デイトジャスト」を開発

 

僕は「NASAに選ばれるほど素晴らしい時計を作れるブランド」というイメージと若い人が着けていても違和感がないところがとても気に入り、オメガの時計にしました。

 

まとめ

一生懸命選んだ腕時計は、とても愛着が湧きますし、最高の伴侶となってくれるはずです。

いろんな視点から腕時計の要素を選択して、みなさんが納得のいく腕時計に出会えることを祈っております。

次の記事へ>>>機械式腕時計を購入したら知っておきたい、日常メンテナンスと楽しみ方!

 

 

腕時計の購入を検討している方へ!

一生モノの腕時計は高い買い物です。

にもかかわらず、お店で少し腕に巻いただけで購入を決めなくてはならない

僕は幸運にも今の時計に巡り合うことができましたが、毎回そんな上手くいくとは限らないのも事実です。

そこで僕が気になっているサービスが、ブランド腕時計に特化した月額制のレンタルサービス【KARITOKE】

ROLEX、HUBLOT、OMEGAなど人気のブランド腕時計を気軽にレンタルできます。

僕が2個目の腕時計を購入するとなった場合は、このサービスを利用してたくさんの時計を実際にはめてみてから決めたいと思っています。

実際にブランド腕時計に触れてみることで勉強になることも多いですよ。

もし興味があれば公式サイトをのぞいてみてください。

>>>KARITOKE

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!