知らないと損!機械式アンティーク腕時計を「一生モノ」としておすすめする理由

スポンサーリンク

この記事では、「機械式アンティーク腕時計」というジャンルをご紹介します。

 

あなたは腕時計を買うとき、どうやって選びますか?

腕時計に詳しくない方は、店頭にたくさん並べられた腕時計をみて迷ってしまいますよね。

そんな悩みの解決策のひとつは、「実際に腕時計を購入した人のおすすめやお話を参考にする」ことです。

新しい視点や選択肢を知ることで、理想の腕時計に出会える可能性が高くなります。

 

これから、実際に理想の腕時計に出会うことができた僕の経験をお話します。

その腕時計とは「機械式アンティーク腕時計」。

特徴を簡単に説明すると・・・

  • 職人技の結晶(モノがいい)
  • 比較的低価格
  • 飽きのこないデザイン

 

では、具体的にご紹介していきます。

約50年前に製造された(機械式アンティーク)腕時計

オメガシーマスタークロノメーターの画像

まずは具体的な機械式アンティーク腕時計の例として、僕の時計をご紹介します。

愛機は『1969年製のOMEGA(オメガ)シーマスタークロノメーターcal.564』

製造されてから約50年が経過している時計です。

裏蓋にはシーホースの刻印が施されています。

オメガシーマスターの裏面

 

Aさん
そんなに古い時計・・・ちゃんと動くの?
ぺけらいふ
今でも毎日しっかり動いてますよ。実用性も全く問題なしです!

日差プラスマイナス10秒程度です。

これは新品の機械式時計にも劣らぬ、実用では全く問題のない精度といえます。

元々の作りがしっかりしているから、今後もまだまだ使用できる一品です。

まさに「一生モノ」ですね。

 

この時計を選ぶにあたり、僕は腕時計についてたくさん勉強しました。

勉強した結果、「機械式アンティーク腕時計」の魅力に気が付いたわけですが、周りには僕と同じような腕時計をしている人はまず見かけません。

特に、僕と同じ20代にとっては主流なジャンルではないようです。

「こんな良い腕時計の存在を知らないなんてもったいない!」

純粋にそう思っています。

「周りとはひと味違う腕時計を身に着けたい」

「本当に良い時計をお得に手に入れたい」

この記事はそんな方に向けた、新しい選択肢の提案なのです。

 

スポンサーリンク

腕時計は自分を象徴する存在である

クォーツ腕時計のイメージ

「機械式アンティーク腕時計」の説明に入る前に、現代の腕時計の位置付けをおさらいしましょう。

 

今やスマートフォンなどの携帯電話で正確な時間がわかる時代です。

つまり、時間を把握するだけなら腕時計である必要はない。

ちなみに機械式の腕時計であれば、新品でも1日で数秒はズレますので時計としての役割も携帯電話のほうが優秀です。

 

ただ、「時間を教えてくれるもの」としての価値が薄くなった現代だからこそ、腕時計は別の役割を担うと思うのです。

それは、「自分の象徴」としての役割。

 

具体的に言うなら、女性が身に着けるネックレスや指輪のような存在ですね。

「自分で一生懸命考えて満足のいく腕時計を購入し、身に着ける」

理屈抜きでカッコいいと思いませんか?

実際に僕は、他人の腕時計を見るだけで、その人の腕時計に対するこだわりがなんとなくわかるようになりました。

やはりこだわりの腕時計をしている方は、他の人と比べてオーラが違います。

 

「クォーツ時計」と「機械式時計」の違いって何?

機械式腕時計のアップ

さて、この記事は「機械式アンティーク腕時計」の魅力をご紹介するために書いています。

ただその前に、“機械式”という言葉の意味はご存知でしょうか?

「機械式アンティーク腕時計」の魅力を知るにあたって重要な知識になりますので、多少の誤解を恐れず簡単にご説明しますね。

※ご存知の方は読み飛ばしてください。

 

“機械式時計”と対になるのは“クォーツ時計”です。

クォーツ時計

電池と電子回路で動く時計です。

100円均一で売っている時計は間違いなくクォーツ時計。

外見で見分けるとするなら、「チッチッチ」と1秒間隔で秒針が動きます。

メリット

  • 動力源は電池。人がネジを巻くなどの動力源の供給をする必要がない
  • 機械式時計より時間の精度が高い
  • 機械式に比べて安価

デメリット

  • 電池交換をする必要がある
  • 耐用年数が短い

 

機械式時計

ゼンマイのほどける力で動く、昔ながらの仕組みを持った時計です。

外見で見分けるコツは、秒針が「チチチ」と流動的に動いているものが機械式と思っていただけたらほとんど間違いないはず。

メリット

  • 内側の機構の芸術性
  • 耐用年数が長い。
    (きちんとメンテナンスをすれば孫の代以上、現役で使用することが可能なものが多い)

デメリット

  • ゼンマイを巻くという動力源の供給が人力で必要
  • 数年毎に、オーバーホールという内部機械の調整が必要
    (機種によって様々ですが1回数万円)
  • 高価なものが多い。

 

さて、僕のおすすめはというと圧倒的に「機械式時計」です!

そして、その中でも「機械式アンティーク腕時計」に魅力があると僕は思っているわけです。

機械式アンティーク腕時計とは

様々な定義があるのではっきりとは言えないのですが、懐中時計を含め歴史的に古いものから大体1970年代までの時計のことを指すことが多いようです。

その性質上、商品の数が減ることはあっても増えることは絶対にありません。

ちなみに、最近需要は増加傾向です。

 

スポンサーリンク

機械式アンティーク腕時計の魅力

メリット(魅力)

前置きが長くなりましたが、ここからが本番です。

1.機械式アンティーク腕時計は職人技の結晶

機械式アンティーク腕時計は、昔の職人が一生懸命“手作業”で仕上げた素晴らしいものばかりです。

現在なら機械を使用して大量に製造する作業も、当たり前ですが昔は職人さんの手作業。

“機械”と“職人”。

一概に言えないことはもちろん承知の上ですが、僕は職人さんが手掛けた部分が多いアンティーク腕時計のほうに魅力を感じてしまいます。

 

2.アンティーク腕時計は比較的低価格

Aさん
アンティークって言うくらいだから、お高いんでしょう?

そんなことはありません。

実は、手を出しやすい価格だったりします

もちろんアンティークということで、価格が跳ね上がっているものもあります。

でも、(状態にもよりますが)オメガ、ロンジン、IWC、チュードル、一部のロレックスなんかも比較的価格が落ち着いています。

 

Bさん
落ち着いた価格って・・・?

新品で上記ブランドの腕時計の購入を検討している方にとって、明らかに安く感じる価格です。

僕の愛機(オメガシーマスター)は17万円ほどでした。

当時社会人2年目でしたが、頑張って働いてきちんと貯金すれば購入できました。

 

3.機械式アンティーク腕時計は価格の割に高機能

僕の時計を例にあげると、中身(ムーブメント)にスワンネックと呼ばれる緩急針が採用されています。

このスワンネックは現在ですと100万円以上の高級腕時計のレベルで採用されることが多い仕組み。

昔は腕時計自体が高級品だったため、アンティーク腕時計はムーブメントをはじめ全体的に手の込んだものが多いのです。

つまり、機械式アンティーク腕時計というジャンルは、良いものが安く買える可能性が大いにあるということ。


▲僕の時計の中身(ムーブメント)。
この手の込んだ綺麗な赤金メッキ等がアンティークオメガの特徴です。

 

4.アンティーク腕時計はデザインが良い

アンティーク腕時計は、落ち着いていてシンプルなデザインが多いです。

数十年経った今の時代でも全く違和感がないデザインですし、スーツなどのビジネスシーンでもマッチするものが多いです。

また、アンティークのこなれた色見や味が非常に大人な雰囲気を醸し出します。

 

機械式アンティーク腕時計のデメリット

デメリット・弱点

良い面ばかりの説明では不安になりますよね。

当然、機械式アンティーク腕時計には気をつけなければならない点もあります。

水、衝撃、磁気に弱い

古いものなので現代の時計よりは圧倒的に水、衝撃、磁気に弱いです。

僕の時計はスクリューバックと呼ばれるねじ込み式の裏蓋を使用しているので、汗や少々の水滴くらいなら大丈夫ですが、それでも常に気を使ってあげる必要があります。

ムーブメントに水が入って錆びてしまうと、時計にとって致命傷になります。

衝撃、磁気に関しても同様に、現代の時計よりはかなりデリケートですので上手く付き合う必要があります。

 

良いものを選ぶのが難しい

中古とはいえど高価なものです。

偽物もありますし、ムーブメントの状態は、僕みたいな素人には判断が難しい。

信頼のおける店舗で購入することをおすすめします。

僕の時計を購入したお店は、アンティーク時計の業界では有名なケアーズです。
>>>アンティークウォッチ専門店・修理工房・アンティーク時計 ケアーズ

アンティークウォッチを始め、作家物の限定時計など高級時計を専門に30年以上の歴史を持つ老舗のシェルマンもチェックしてみてください。(オンラインショップへのリンクです)
>>>シェルマン・アンティークウォッチ

 

上記のデメリットを知った上で良い面の方に魅力を感じ、上手く付き合っていけば大丈夫。

僕の時計も購入してから3年間、全くトラブルなく正確に動き続けていますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新品で購入できる腕時計にも魅力的なものはたくさんあります。

しかし、「機械式アンティーク腕時計」はそれに負けないくらい魅力的だと僕は思うんです。

また、アンティーク時計は何十年の背景を持って現代に存在しています。

同じ機種でも全く同じものは2つと存在しないということ。

「アンティーク腕時計」は人とは被らない、世界にひとつの腕時計。

自分だけの相棒を選んでみてはいかがでしょうか。

次の記事へ>>>機械式腕時計を購入したら知っておきたい、日常メンテナンスと楽しみ方!

 

この記事を読んで機械式の腕時計に興味がでてきた方、購入を検討している方へ!

機械式時計は高い買い物です。

にもかかわらず、お店で少し腕に巻いただけで購入を決めなくてはならない

僕は幸運にも今の時計に巡り合うことができましたが、毎回そんな上手くいくとは限らないのも事実です。

そこで僕が気になっているサービスが、ブランド腕時計に特化した月額制のレンタルサービス【KARITOKE】

ROLEX、HUBLOT、OMEGAなど人気のブランド腕時計を気軽にレンタルできます。

僕が2個目の腕時計を購入するとなった場合は、このサービスを利用してたくさんの時計を実際にはめてみてから決めたいと思っています。

実際にブランド腕時計に触れてみることで勉強になることも多いですよ。

もし興味があれば公式サイトをのぞいてみてください。

>>>KARITOKE

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

2 件のコメント

  • こんばんは(^^)
    今日はお父上とまったりとした一時を過ごしました(^_^)v

    話は聞いていたのですが良い時計を買われましたね(^_^)v
    オメガcal564は名機中の名機です。
    シーマスターはほとんどがノンクロノメーターなんですがぺけらいふさんのシーマスターはコンステレーションと同じクロノメーターです。これは私たち時計大好き人間としてはたまらない魅力なんです。
    ただノンクロノメーターでもこの時代のオメガキャリバーは作りも精度も最高です。
    大事にするのは勿論ですが使ってあげて下さいね。

    私のように時計をとっかえひっかえするのも楽しいですが愛用の一本を末永く使う方がカッコいいと私は思っています。

    まっ私には出来ないことですが(^_^;)

    • たかさん、こんばんは!(^^)
      そのように言って頂けて大変嬉しいです。
      たかさんの仰られている通り、この時代のオメガと、このキャリバーに一目惚れして購入しました。
      毎日僕の腕に巻かれているわけですが、メンテナンスをしっかりして、末永く共に過ごしたいと思います(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。