せっかくの休日なのに予定がぽっかり空いている?

 

それ、絶好のチャンスだと思うんですよね。

僕は無理矢理にでも月に1日、休日をまるっと空けてこれからご紹介することをして過ごすことにしています。

もし、これらがあなたに合えば、本当にやることのない暇な休日が充実した時間に激変します。

実際に僕が体感しているように。

スポンサーリンク

おすすめの休日の過ごし方4選

1.バイクに乗る

バイクに乗る人

こんな言葉を聞いたことがありますか?

車なら旅行だがバイクなら旅になる。 車ならドライブだがバイクなら冒険になる 。

僕が好きなこの言葉は、バイクの魅力をホントによく表しています。

 

「バイクの免許がない」とか「バイクを買うのにお金がかかる」とか。

おそらく今、そんなことを考えている方も少なくないと思います。

ただ、1分だけお時間を頂きまして、この続きを読み進めて頂けませんか?

そんな考えの中に少しでも「バイクっていいかも…」という気持ちがあれば、バイクに乗るための行動を開始してみることをおすすめしたいと思っています。

運命的な出会いって大概そんな気持ちから始まるものじゃないですか。

 

さて、休日にバイクに乗ることの魅力です。

人間が充実したなあって感じる状態のひとつが「その物事にハマる」ということだと僕は思うんですよ。

具体的には、「時間を忘れる」という状態でしょうか。

 

バイクは、基本的に一人の世界。

ヘルメットで視界も狭く、耳の感覚も適度におさえられるからです。

集中できる環境がそろっているんです。

また、多少の危険もあるからこそ運転自体に集中せざるを得ない。

良い意味で無駄なことを考える余裕がないので、いわゆる「ハマる」という状態になりやすい。

さらに、景色や空気、匂いをダイレクトに感じるわけで、暇になる余裕なんてありません。

 

バイクの機動力を活かすと、行きたい場所に行きたいときに行ける。

行った先で素晴らしい非日常に触れられます。

それは素晴らしい景色だったり、美味しい食事だったり、知らない人との出会いだったり。

バイクで体感できるこんな休日に、僕はハマっていて、さらに時間を忘れているわけです。

 

ソロツーリングの魅力を知ってからの僕に、暇でどうしようもない休日は訪れてません。

天気さえ良ければですが。

 

いかがでしょうか?

バイクに乗る準備を始めてみるのは。

 

 

2.写真を撮る

オリンパススタイラス1(Olympus stylus1)

カメラや写真に興味はありますか?

写真を撮るのも「ハマる」要素がたくさんあります。

 

準備するのは一眼レフのような本格的なカメラである必要はまったくありません。

型落ちの中古でもコンデジでも構いません。

ポイントはたったひとつ。

カメラは「絞りとシャッタースピードが自由に設定できるカメラ」を選んでください。

ぺけじぇい
絞りとかシャッタースピードって何?

もし、そんな疑問が浮かんできたらこれはもうチャンスです!

少しカメラや写真に興味が出てきた証拠だと思うんです。

すぐに調べてみるなり、お店でカメラを選んでみてください。

今までとは一味違った写真を撮るためのきっかけになるはずです。

 

ちなみに僕は、オリンパスのPEN(E-P1)というカメラを中古で1万7千円程で購入して、いじり倒しました。

新しい発見の連続で楽しかったなあ。

今は、オリンパスのスタイラス1というコンデジを愛用しています。

 

 

スマホでは撮影できないような背景がボケた写真が撮れたら、きっとテンションが上がるはず。

ぺけじぇい
もっと上手く撮れるようになりたい!

こう思うようになる頃には、あなたはもうハマってます。

カメラを持って出かける休日が楽しみで仕方なくなるはず。

家の周りを散歩するだけでも被写体はあるものです。

上手く撮れた写真をインスタにアップしてみるのもいいと思います。

 

どうでしょう?

暇な時間がなくなると思いませんか?

 

フィルムの時代じゃなくなった現代、写真は何枚撮っても無料みたいなもの。

時代の恩恵を存分に活用してみませんか。

3.読書をする

あなたは、月に何冊の本を読んでいますか?

読書は非常に有意義な時間を使い方だと僕は思っています。

 

突然ですが、あなたは今、知りたいと思っていることってないですか?

例えば、僕はこんなことを知りたいと思っていました。

  1. 資産形成がしたいので、投資の知識をつけたい
  2. 体調を改善したいので、体に良い食事の知識をつけたい
  3. 自分の読書法より良い方法があれば取り入れたい

そして、その目的に合った本を買って読んでいます。

例えばこれ。

僕が週に1冊以上、本を読んでいるのは「目的」と「目的に合った本」が身近にあるから。

自分が知りたいことなので、当然ハマって読んでます。

お金の話とか体調が良くなる食事法とか、正しい睡眠方法とか…

ぺけじぇい
この話題、知りたくない人とかいるの?

 

って感じです。

 

自分の知りたいことを落ち着いて考えてみてください。

きっとあるはずですよ。

その知りたいことを知るための時間って有意義だと思いませんか?

 

というわけで、休日の暇な時間を読書に使うのも悪くないと思っています。

本なんて新品で購入しても1冊1,500円ほどですから。

 

 

4.楽器の練習をする

「楽器の練習」という暇つぶしは、自分のスキルという最強の武器になります。

 

僕の話を例にご説明します。

僕は、昔からアコースティックギターを暇なときに触っていました。

実家で父がギターを弾いていたので、自然と触るようになったという単純な理由です。

なので、誰かに教わったこともなければ、バンドとかをするでもない。

完全な暇つぶし。

 

そんな暇つぶしでも長年触っていると、まあそれなりに弾けるようになるわけです。

このスキルが思いのほか人生で役立ちます。

飲みの席でその場にギターがある場合、ちょろっと弾けると場が盛り上がるわけです。

先日、先輩の披露宴の余興で弾いたときは、控えめに言っても大盛り上がりでした。

先輩に大いに感謝されましたし、聴いてた方々にも「よかったよ」と嬉しいお言葉をたくさん頂いたわけです。

 

 

もとはただの暇つぶしですよ?

あ。ギター触っててよかったなあと、正直そう思いました。

 

以上が、僕が体感した暇な時間に楽器を練習するメリットです。

ギターだけなら中古で購入したら数千円。

僕は学生の時に6千円で買ったモーリスの中古アコギを約10年経った今でも使っています。

ギターはこだわらなければ低コスト。

費用対効果は抜群だと思っています。

 

インターネットでもギターセットが買えますので、ポチってみるのもいいかもしれません。

僕の経験から言うと、楽器ができると意外と役立ちます。

どうせ暇な時間なら、将来役立つことをしたいじゃないですか。

基本的に一人でもできることですから。

スポンサーリンク

組み合わせることで相乗効果が期待できる

以上、4つをご紹介しました。

僕は、この4つを下記の基準で選んでいます。

  • ハマれる要素を十分に含んでいること
  • 費用対効果が抜群なもの
  • 一人でもできること
  • やるだけの価値があること

さて、これら4つですが本気で上の基準を満たしていると僕は思ってます。

だからこそ僕自身もやっているわけです。

単独でも十分おもしろい。

 

ただ…

 

組み合わせるともっとおもしろいんです。

例えば、こんな感じ。

  • バイクで移動して、写真を撮る
  • バイクで移動して、お気に入りの場所で読書をする
  • バイクで旅をして、宿で出会った人たちとギターで一曲弾いて盛り上がる。
  • カメラと本を持ってぷらぷら散歩する。

特にバイクはどれとも組み合わせが可能で、かつそれぞれの楽しさを無限大に広げてくれます。

この4つである必要は全くありません。

自分の興味をあることを「組み合わせる」ことで、充実した時間を過せる可能性がぐんっとアップすると僕は思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もしあなたが今、暇な休日を過ごしているなら。

上の4つのうちのどれかをやってみるのも悪くないと思いませんか。

やってみないと合うかどうかわかりませんので。

 

一人でもいいじゃないですか。

たった一人でも暇な休日が充実できる術を知っている人は、大勢でいたときに楽しい時間を他人に提供できる人だと僕は思っています。

そんな人間になりたいものです。

 

スポンサーリンク