【初心者必見】独学でもアコースティックギターが上達するコツ

スポンサーリンク
アコースティックギターのコツ

「ギターを始めたけどなかなか上達しない」

「ギターは買ったけど、弾けないので放置している」

この記事はそんな方に向けて書いています。

そんなさみしい状態になっている方って意外と多いと思うんです、なぜなら僕がそうだったから。

ギターは独学で練習していたので、いま思うと随分な遠回りをしました。

でも、「遠回りをした僕だからこそお伝えできることがあるのでは?」と思ったので、この記事を書いています。

スポンサーリンク

ギターが弾けると良いことがあります

  • 家に友達が集まった時に1曲弾いてみんなで盛り上がる
  • 結婚式の余興でギターを弾いて、式を盛り上げる
  • 暇な時間もギターを弾いて有意義に過ごす

独学でもこれくらいならできるようになるということを、僕は知っています。

なぜなら、これは僕のことだから。

僕が試したたくさんの方法の中で効果があったものだけをお話ししますね。

独学でアコースティックギターが上達するコツ

注意
この記事では、具体的な技術(例えばコードの押さえ方など)に関することは書いていません。
そのような情報は本やネット上にたくさん書いてありました。
でも、上達せずに悩んでいた頃の僕が知りたかったのは「効率の良い練習のやり方」でした。
なので、僕が上達のきっかけになると思うコツをお伝えします。

まずはギターにハマる

歯を食いしばって努力したところで大した成果は得られない。努力するのではなく、その作業に「ハマる」こと。

引用元:「ゼロ」 堀江貴文

上達する近道はとにかく「ハマる」ことだと、僕も思っています。

僕にとってのギターに「ハマる」きっかけは、斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」(武道館LIVEバージョン)を聞いたこと。

それ以来、斉藤さんの曲を聴きまくって、真似できそうな曲からひたすらギターで弾く(最初は弾けないから真似だけ)ようになるわけです。

幸いなことに今の時代、真似するための材料はいくらでもあります。

真似をするための材料

  • YouTubeでギターが上手い人の動画を“いつでも”見ることができる
  • ネットで検索すれば欲しい知識(情報)はすぐに手に入る
  • 家にいながら、聴きたい曲(お手本)をすぐに購入することができる

恵まれた環境のおかげで、ほとんどお金をかけずに斉藤さんの真似ができました。

真似をするようになってから急激にギターが上達したように思います。

がむしゃらに練習することに疲れてしまった方は、まず「尊敬できるアーティスト(ギターを弾き語りしている人)を決める」のがおすすめです。

たとえば、“曲”はひとつですが“アーティスト”からは上達に直結するたくさんの情報を盗むことができますよ。

アコギの弾き語りアーティストの例
  • 斉藤 和義
  • 浜田 省吾
  • コブクロ
  • ゆず
  • 福山 雅治
  • 高橋 優
  • 秦 基博
  • スキマスイッチ
ぺけらいふ
まずは、ギターにハマりましょう!

絶対にギターで弾きたい「曲」を決める

ぺけらいふ
明確な目標を決めると頑張れる!

アーティストが決まったら、その人の曲の中から「ギターで絶対弾きたい曲」を決めてください。

現在の技術で弾けそうな曲を選ぶのではなく、技術的なことは一旦考えず純粋に弾いてみたい曲を選ぶのがポイントです。

 

僕の目標は、先ほど登場した斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」(武道館LIVEバージョン)でした。
※この(武道館LIVEバージョン)というのが結構重要です

初めて聞いたときは感動しました。

ぺけらいふ
めっちゃかっこええ!

これを「めっちゃかっこええ!」の段階で止めないのがコツです。

「この曲を弾けるようになったる!」と決意して、それを目標にするんです。

 

僕の場合、いきなり目標の曲を弾くのは難しかった・・・

なので、その曲を目標に据えながら別の曲(斉藤和義さんの曲)をひたすら真似してスキルを上げました。

明確な目標があると、ギター上達も早くなります。

モチベーションを保ち続ける

モチベーションを保つ簡単な方法は、アウトプットすることです。

1曲でも弾けるようになったら、誰かに見てもらえる状況にするんです。

僕の場合は、ギターの上達をさりげなく家族に披露するのが密かなモチベーションでした。

実家に帰省するのは年3回ほどなので、頻度としては丁度よかった。

父もギターを弾くので「前回よりちょっと上手くなったやろ?」と言いながら弾いてました。

あとは、友達と宅飲みしているときに1曲弾いて盛り上がったりしてましたね。

こういうので意外とモチベーションを保てますよ。

 

最近ならSNSに、「ギターを弾いている動画をYouTubeやインスタにアップする」というのもいいかもしれません。

顔出しNGなら音だけでもいいと思います。

人に見てもらうからにはそれなりの完成度にしようと努力するはず。

これってモチベーションにつながると思いませんか?

押さえられないコードは容赦なく誤魔化す

目指すべきは、完璧ではなく、完了だ。

引用元:「多動力」 堀江貴文

練習していくと上手く押さえられないコードが必ず出てきます。

弾くと「カスッ」っていう残念な音がしたり、コードを押さえるまでにめっちゃ時間がかかるやつです。

特に、Fコードで出てくる指1本で全ての弦を押さえるやつ(バレーコードって言うんですが)、苦手でしたね。

僕は、押さえにくいコードは容赦なく「それっぽい音が出るコード」で誤魔化してました。

例えば、「Bm」を「D」にしちゃうとか。

「F」をバレーをしなくてもいいやつにするとか。

一見ダサい行動かもしれませんが、これをするようになって上達のスピードが格段に上がりました。

そうやって1曲をなんとか完了させるんです。

「完璧」ではなくて「完了」が上達には大切。

曲が「完了」したら、最初は綺麗な音が出なくてもいいので誤魔化したコードをきちんとしたコードで弾くようにしてみてください。

曲自体は「完了」しているので、少し音が出ない所があっても弾き流せるはずです。

そうしているうちに、いつの間にかきちんとしたコードでも弾けるようになります。

 

僕の感覚ですが、指にも筋トレが必要だと思うんです。

効率の良い「指の筋トレ」は、コードを押さえること。

それをなるべく苦痛なくやる方法は、曲を弾きながら指の筋トレをすることです。

とにかく曲を完了させて弾き流せる状態にすること、そして曲を弾く過程で指の筋トレをするのが上達の近道です。

スポンサーリンク

右手はひたすら真似をする

ぺけらいふ
ごめんなさい。ストロークは慣れるしかない!

コードは押さえられるようになったけど、ストローク(右手)が上手くできない…

僕の悩みでした。

結論を言ってしまうと、「ストロークは上手い人の真似をしまくるしかない」です。

僕の場合は、ギターを抱えながら、斉藤和義さんの曲を耳で聴いて、YouTubeを目で見て、ひたすら真似しました。

すると、なんとなく規則性がわかってくるものです。

「この曲のストロークとあの曲のストロークが似てる」

「この曲は、あの曲のストロークが合う(雰囲気が出る)」

 

少し話が変わりますが・・・

白状しますと、僕、音痴なんですよ。

音符も読むためには、おたまじゃくしみたいな音符が線の何本目にいるかをいちいち数えないといけないレベル。

つまり、音楽のセンスなんてほぼゼロなんですが、聞いているうちにストロークの規則性は分かりました。

いまでは、初めての弾く曲でも、なんとなく曲に合うストロークができます。

こんな僕でもできました。

だから、頑張って聴いて、見て、真似してみてください。

必ず、上達します。

ギターはお洒落なインテリアにする

ギターはいつでも手の届く所に置いておくのがおすすめです!

僕はギターを買うと同時にギタースタンドも買って、部屋のインテリアにしてました。
(しかもめっちゃ目立つところ、テレビの横とか)

ギターをインテリアにしておくことで、テレビのCM中や出かける少し前の空いた時間にギターを手にとって弾くことができます。

いま思うと、これがかなり上達に直結しました。

 

あとは、インテリアとしてのギターは単純にお洒落。

家に遊びにきた友達の反応もよくて、ほとんどの人が気軽に弾いて遊んでました。

宅飲みの時も「酔っ払った勢いで一曲!」みたいなノリができて楽しいのでおすすめです。

これって既にご紹介した「ギターの練習成果を披露する」というアウトプットの上達のコツにも関連してきます。

 

中古で6千円くらいのギターだったので気兼ねなくインテリアにできました。

そういう意味で最初は、高価なギターじゃなくてもいいのかなあと思います。

もちろん少し高価なギターはケースに入れて保管しています。

まとめ

「ギターを始めたけどなかなか上達しない」

「ギターは買ったけど、弾けないので放置している」

そんな方のお役に立てれば幸いです。

楽器が弾けるって人生で有益なスキルだと思うんですよ。

結婚式の余興や飲みの席でさくっと盛り上げられたら、みんな楽しいじゃないですか。

今ではたまに友達から「結婚式の余興で弾いてくれ」って頼まれます。
>>>実際に結婚式の余興でギターを弾く場合のコツは「披露宴の余興でお困りですか?ギターを弾くのがおすすめな理由を徹底解説!」にまとめています。

僕自身、ギターが弾けると割と簡単に盛り上がるんだなあっと実感しているところです。

僕もまだまだスキル不足。

まだまだ弾きたいけど弾けない曲がありますし、もっと盛り上げられるようなスキルを勉強中です。

一緒にギターを楽しみましょう!

スポンサーリンク