【小豆島ふるさと村キャンプ場】快適に島時間を満喫できるおすすめキャンプ場!

スポンサーリンク
小豆島ふるさと村キャンプ場

瀬戸内海に浮かぶ小豆島。

自然があふれるこの島にある小豆島ふるさと村キャンプ場」が万人受けする最先端のキャンプ場でしたのでご紹介しますね。

間違いなくおすすめできるキャンプ場なので、小豆島のキャンプ場を探している方はぜひ選択肢に入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

小豆島ふるさと村キャンプ場の魅力をチェック!

事前チェックのイメージ

小豆島ふるさと村キャンプ場は、自分の好みやレベルに合わせてキャンプを楽しめる場所です。

サイトの種類と利用料金

  • テント専用サイト
    乗り入れ:不可
    トイレ・炊事場:共同
    サイト利用料金:2,200円(季節等割引あり)
    ※自転車、バイク、徒歩の方が利用の場合はサイト利用料/一人550円

 

  • オートキャンプサイトB
    乗り入れ:可能
    トイレ・炊事場:共同
    テントスペース:一張りごとに区画
    サイト利用料金:3,300円(季節等割引あり)

 

  • オートキャンプサイトA
    乗り入れ:可能
    トイレ・炊事場:専用(トイレは水洗)
    テントスペース:1区画約10mx10m
    サイト利用料金:6,600円(季節等割引あり)
    備考:専用の温水シャワー室が区画内に完備
       その他、ガス・電源など様々な設備あり

 

  • キャビンまたはオートキャビン
    利用料金:8,400〜(5名まで)もしくは11,000円(7名まで)
    備考:テントの代わりに建物の中に泊まるスタイル

※上記は利用料金です。別途入村料 大人320円 小人110円がかかります。

より詳細な情報が知りたい方は小豆島ふるさと村キャンプ場の下記サイトをご覧ください
http://www.shodoshima.jp/camp/price/

バイクでのソロキャンプなら、僕は即決で「テント専用サイト」を選択します。なぜなら安いから。ただ今回は彼女と一緒だったので、少々お高めの「オートキャンプサイトA」を選びました。

結論を言ってしまいますね。

この「オートキャンプサイトA」が非常によかったんです。

実際に利用したので自信を持って言えます。小豆島ふるさと村キャンプ場のおすすめサイトは、このサイトAですね。予想をはるかに超えて快適です。

これから良かった点について詳細をご紹介しますね。

 

小豆島ふるさと村キャンプ場のオートキャンプサイトAについて

1.広いスペースと乗り入れ可能なサイト

ふるさと村キャンプ場(オートキャンプサイトA)

オートキャンプサイトAの全体

小豆島ふるさと村キャンプ場のオートキャンプサイトAは非常に広いスペースです。2人用のテントだと余り過ぎてしまうほどの区画。

家族やグループで利用することもできますね。

車も敷地内に駐車できるので、荷物の出し入れも楽チンです。

 

2.専用シャワー室と専用トイレが完備

専用シャワー

専用シャワー室

専用トイレ

専用のトイレ(水洗)

僕が一番驚いたのは、サイト区画内に専用のシャワー室とトイレが完備されていることです。キャンプなのに共同じゃないんですよ。

しかも、完璧に掃除がされていて、清潔なので気持ちよく使えました。もちろん鍵付きです。

これには彼女も大喜びでした。

 

3.清潔な専用炊事場がある

流し台

こちらも共同ではなく、僕たち専用の炊事場です。

驚くことにガス栓もあるので、コンロなども使用できます。ガスの使用料もサイト料金に含まれているので、追加料金はかかりません。

ガスコンロを持参して鍋とかもいいですよね。

もはやキャンプじゃなくてロッジ感覚になってきています。

 

4.小豆島の夜景と専用の外灯で快適に過ごせる

小豆島ふれあいキャンプ場の夜景

個人的に嬉しかったポイントは、区画内の外灯がスイッチでON/OFFできること。

OFFにすれば、夜空の綺麗な星を眺めることもできました。星を見ないときは外灯をONにして明るい中で過ごせます。

僕が普段しているソロキャンプとは雲泥の差で快適でした。

 

5.眺望が最高

小豆島ふるさと村キャンプ場からの景色

僕の使用したサイトもそうなのですが、「オートキャンプサイトA」の一部は少し小高いところに位置しています。

山に囲まれているものの、正面には綺麗な瀬戸内海がよく見えます。

夜は満天の星空。天の川も見えましたよ。

きっと最高の島時間を堪能できるはずです。

 

6.テーブルと椅子が標準装備

木製のテーブルと椅子が標準装備されています。

まさに至れり尽くせりですね。

4人分の席とちょっとしたパーティができるくらいのスペースがありますので重宝します。

僕たちはこのテーブルでコーヒーを飲みながら将棋をして遊んでました。

 

7.電源あります

電源

電源があるので電化製品も使用できます。

もはやキャンプと言っていいのだろうか……というレベルですね。

携帯やカメラの充電はもちろん、ドライヤーも使用できます。

僕たちはドライヤーを持ってきてなくて失敗したなあと思ったので、必要な方は持ってくるといいですよ。

 

小豆島ふるさと村キャンプ場「オートキャンプサイトA」の利用料

節約のイメージ
利用料

サイト料/6,600円

入場大人/1人 320円

キャンプにしては少し割高ですが、素泊まり並の快適さで満足度は高いです。

僕たちの場合は2人だったので1人当たりの単価が高くなっちゃいましたが、人数を集めればお得ですよね。

 

スポンサーリンク

「オートキャンプサイトA」はどんな方に合うキャンプ場か?

子供とはてな

小豆島ふるさと村キャンプ場の「オートキャンプサイトA」。今までの僕のキャンプ概念をぶち壊すものだったので、かなり印象深いんです。

なので、小豆島ふるさと村キャンプ場はどんな方に合うキャンプ場なのかを考えてみました。

 

インドア系な人

キャンプしたいけど、不便は勘弁して。コテージ並の快適さは最低限確保して欲しい……

という方。

「そんなやつキャンプなんかできるか、バカタレ!」と今までの僕なら一蹴するところですが、このキャンプ場ならその条件を満せるんじゃないかと思います。

すぐそばに清潔なシャワーとトイレがある、しかも専用。専用の外灯があるので暗くもない。

すぐそばに専用の炊事場があって、電気、ガス完備。

この環境って、キャンプに慣れてない人や女の人には嬉しいと思うんです。

こういうところからキャンプの楽しさに触れてもらうのもいいかもしれませんね。

 

家族でキャンプがしたい人

小豆島ふるさと村キャンプ場の「オートキャンプサイトA」は家族連れにも最適ですね。

実際、このサイトの利用者の8割くらいがお子さんと一緒に家族で利用している方々でした。

こういうキャンプなら奥さんもお子さんも抵抗なく楽しめるに違いないです。

キャンプが好きだけど、奥さんやお子さんの了解が得られないお父様方にとっては朗報ではないかと。

 

キャンプに慣れた方が志向を変える

今回の僕はこれに当てはまります。

僕自身、普段はバイクでキャンプをしながら走り回っているわけですが、いい意味で新しいキャンプの形を知ることができました。

「キャンプは不便を楽しむもの」と思っていたのですが、実際に利用してみて贅沢なキャンプもいいなあと思いました。

 

炊事場も近いし、ガスもBBQのスペースもある。設備を上手く利用すれば、普段ならできないような豪華な料理ができるはずです。

わくわくしますよね?

また、「温泉に行くのに運転するから飲めないなあ」とお酒を我慢する必要もないわけです。

すぐそばに専用のシャワーがあるから。

思う存分、外で食べて飲んで、スッとシャワーを浴びて、寝る。

これって最高ですよね。

 

このサイトは「キャンプの美味しいところだけを堪能できるファンタスティックなキャンプサイト」だということです。

 

小豆島ふるさと村キャンプ場は買い出しも便利

新発想なイメージ

キャンプをする時に重要な、「買い出し」について考えてみましょう。

小豆島ふるさと村キャンプ場は、目の前が道の駅ですし、車であれば10分くらいでスーパーやホームセンター、100円均一の店がある土庄町にも行けます。買い出しも楽々ですよ。

ちなみに、車で5分ほどのところにある国民宿舎小豆島にて150円で入浴も可能です。これ、ふるさと村キャンプ場利用者限定の割引です。

 

小豆島ふるさと村キャンプ場内の設備を紹介

管理棟

管理棟

受付はここの管理棟で行います。とても清潔な建物でした。

 

管理棟の横には生ビール等の自動販売機が設置されていました。キンキンに冷えたビールがすぐ手に入りますね。

自動販売機

 

管理棟のすぐ横には、コインシャワー室(5分100円)が3つあります。専用シャワーが付いてないプランでもシャワーはこれを利用できます。

 

コインランドリー(200円)もありました。軽く住めてしまうレベルの設備ですね。充実しています。

コインランドリー

薪も購入可能で、バーベキューコンロなどのキャンプ用品もレンタル可能とのこと。

まさに至れり尽くせり。このキャンプ場、ホントにおすすめです。

 

小豆島ふるさと村キャンプ場ってどこにあるの?

ぺけらいふ
フェリー乗り場(坂手港)の近くなのでアクセスは抜群です!

小豆島ふるさと村キャンプ場は、小豆島の主要なフェリー乗り場である坂手港から車で30分以内で行けますよ。

 

まとめ

小豆島ふるさと村キャンプ場、一緒に行った彼女が一番満足していました。

キャンプに興味がある人、キャンプに興味のない人もぜひ宿泊してみてください。きっとキャンプの概念が覆るはずです。

お互い、楽しいキャンプライフを過ごしましょう!

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ