突然ですが、鴨肉はお好きですか?

鳥肉といえば鶏肉が主流ですよね。

食べる機会はあまり多くないと思われる鴨肉。

実は、鳥肉の中で最も美味しいと言われてまして、世界では高級食材として扱われています。

通常の鶏の肉とは違い、鶏肉よりも脂質が多くこってりとした味わいが特徴ですね。

僕大好きなんですよ、安くはないのでたまにしか食べられませんが。

この鴨肉を食べるのにおすすめのお店を見つけましたので、ご紹介します。

中目黒にある「Na Camo guro(ナカモグロ)」さんです。

スポンサーリンク

 

Na Camo guro(ナカモグロ)

外観

見てください!

この、入り口がわかりづらい感じ。

隠れ家感があって素敵です。

ドアを開けてすぐの階段を上っていきます。

店内

清潔でおしゃれな印象です。

明る過ぎず暗すぎない店内は、単純に落ち着きます。

今回僕は2人で行きまして、厨房を囲むカウンターに案内されました。

テーブル席もあります。

ちなみに、予約は必須と思われます。

スタッフ

1人の店員さんが初めから最後までお世話をしてくれるスタイル。

料理の説明も丁寧で、自然と会話が弾みます。

ずっと同じ店員さんが相手をしてくれるので、最後は店員さんとの会話が楽しくなってきます。

終始心地よい時間を提供してくれるお店です。

料理

今回、鴨すきコースを頂きました。

1人 4,000円。

【お品書き】

■前菜盛り合わせ (鴨リエット&白レバーパテ/鴨生ハム/本日のスープ)
■彩り野菜の自家製ディップ
+400円で生牡蠣もお選びいただけます
■鴨串焼き (胸串/もも玉串/塩つくね)
■鴨すき
鴨肉(胸肉・つくね)
野菜(葱・えのき・にら)
■本日の酒肴
■〆
■ひとくち甘味

鴨は、最上鴨を使用しています。

前菜盛り合わせ

モナカの中には鴨リエット&白レバーパテが。

鴨の生ハムとメロンのコラボ。

鴨の生ハムだけでも美味しいのに、甘じょっぱい美味しさがプラスされます。

彩り野菜の自家製ディップ

このドレッシング、チーズが入っていて美味。

鴨串焼き

鴨肉は鶏肉と違って肉質がしっかりしていて歯ごたえがある。

つまり固めと言われることがありますが、ここの鴨肉はやわらかくジューシー。

特に胸肉は、鶏肉と違ってパサパサ感は一切なく、とにかく美味しい。

鴨すき

いや、ほんと久々にめっちゃ美味しいモノを食べたって感じです。

分厚い鴨肉を片面5秒ずつ焼いて食べます。

口の中に広がる鴨の脂が濃厚で、しっかりとした味わい。

なのに、その脂が全然脂っこくなく嫌じゃない。

これは、幸せ。

本日の酒肴

数種類から選べましたが、「鴨ラーメン」を選択。

鴨の出汁が効いたスープが絶品。

トリュフ卵かけご飯

彼女が注文した〆です。

+1,000円で選択可能。

トリュフの良い香りに包まれながら食べる卵かけご飯は絶品です。

ひとくち甘味

コーヒーゼリーがデザートです。

おしゃれかつ美味い。

スポンサーリンク

飲み物

ワインや日本酒が豊富です。

3,000円で、ワインと日本酒から5種類のペアリングをしてもらえます。

お店が厳選したワイン&日本酒から5種類をお料理と一緒に楽しむことができます。

ワインや日本酒に興味のある人はきっといい経験になるはずです。

 

まとめ

ワイン2杯とビール1杯を飲んで、鴨好きコースを思う存分楽しんで、2人で12,000円程でした。

一人当たり、約6,000円。

正直、僕は安いと思いました。

会社の飲み会とかでもこれくらいは使いますよね?

それに比べたら、料理の内容や時間の過ごし方、金額ともに大満足。

また来たい!ってなりました。

興味のある方は、是非足を運んでみてください!

スポンサーリンク