王道のニセコパノラマラインをあえて通らない、ニセコの穴場を巡るツーリングコース!

スポンサーリンク
羊蹄山と北海道らしい道とバイク

「北海道ツーリングを計画しているけれど、雑誌によくある王道コース以外に興味がある」

「北海道在住の人間が、実際にツーリングしているコースを知りたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

僕は、北海道ツーリングが大好き過ぎて、横浜から札幌に移住した人間です。

そんな北海道住みの僕が、実際に現地を走って得た“新鮮な”情報をお届けします。

今回のツーリングエリアは、ニセコ周辺。

この記事には「ニセコツーリング」をいうワードで検索すればすぐにヒットする、ニセコパノラマラインにはあえてスポットを当てずにそれ以外の穴場スポットをご紹介します

※とはいえ、ニセコパノラマラインはとても素晴らしい道です。
ニセコパノラマラインや激旨サンドを堪能!北海道ツーリングのおすすめルート!」という記事では、ニセコパノラマラインをしっかり堪能し、北海道の自然に触れ、美味しいサンドイッチまで食べることができる日帰りルートをご紹介しています。まだ読んでいない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【羊蹄山】ニセコのシンボルを堪能しよう!

羊蹄山とバイク

圧倒される程の大きさ、綺麗に整ったシルエット、美しい雪化粧・・・

羊蹄山がないニセコなんて、唐揚げのない唐揚げ定食みたいなものです。

僕はニセコに羊蹄山を見に行っていると言っても過言ではないのですが、ここで僕がどれだけ羊蹄山を愛しているかをお話しても皆さんは退屈してしまうと思いますので・・・

「どこから眺める羊蹄山がおすすめなのか」についてお話します。

僕が気に入っているのは、R230からR276に入ってすぐの道。
※詳細な場所は後ほど地図にてご紹介します

羊蹄山と北海道らしい道とバイク

羊蹄山がバッチリ見えて、さらに羊蹄山へと北海道らしい道が延びている絶景です。

真正面に壮大な羊蹄山を眺めながら、羊蹄山へ向かってバイクで走るという、贅沢。

例えば、本州から北海道ツーリングに来られた方が「北海道に来たんだなあ」と感じられる、おすすめのビューポイントです。

 

【三島さんの芝ざくら庭園】開花の時期には必ず行きたいスポット

三島さんの芝ざくら庭園と羊蹄山

もし、6月上旬(1日~10日くらい)にニセコをツーリングできるのであれば、ぜひ「三島さんの芝ざくら庭園」に行ってみてください。

芝桜と羊蹄山がコラボレーションした絶景を見ることができます。

こんな素敵な庭園の入場が、なんと無料です

芝桜の時期は、歩いて5分くらいのところに大きめの臨時駐車場もありますので、気軽に立ち寄ることができます。

おすすめのツーリングスポットです。

補足
おすすめスポットは、僕が実際に訪れたタイミングでTwitterにて発信しています。
ブログの記事にするまでには多少の時間がかかりますので、リアルタイムで情報を受け取りたい方は、お気軽に「@pekelife_jp」をフォローしてくださいね。

スポンサーリンク

 

【ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭】至高の露天風呂を無料で堪能する方法

こな雪とんとんのヒレかつ定食

天然温泉で有名な温泉宿、湯心亭。併設のレストランはランチ営業時のみトンカツ専門店になるのだが、ここで食事をすれば日帰り入浴が無料になるという驚きのサービスがある。

引用元:HO(ほ)vol.119 特集 いま知りたい 小樽・ニセコ・岩内

食事をすると入浴(通常:800円)が無料、にわかには信じがたい文言です。

実際に行った僕だから自信を持ってお伝えしますね、「この文言、ホントでした!」。

湯心亭の併設レストランの名前は、「こな雪とんとん」。

僕が食べたメニューは、「こな雪とんとんのヒレかつ定食 1,598円(税込)」。

こな雪とんとんのヒレかつが美味い
その他のメニュー

  • こな雪とんとんのロースかつ定食 1,490円(税込)

その他にも美味しそうなメニューが多数。
※僕が訪問したときのお値段とメニューです

注文の際に、「温泉は利用しますか」と店員さんが聞いてくれます。

「はい!(心の中ではテンションがめちゃくちゃ上がっている)」と回答するだけで、入浴する権利をゲット。

さくさくで柔らかいトンカツは、ツーリングのランチとして疲れた身体にしみわたります。

食事の後に支払ったお金は、1,698円(100円の入湯税込)のみ。

「お風呂はこちらです。ごゆっくりどうぞ。」

そんな店員さんの案内で、僕は意気揚々と脱衣所へ向かったわけです。

さて、説明が長くなってしまったので、140文字以内(Twitterの文字数制限)に要約しますね。

「源泉100%、塩素消毒なし」という温泉の凄さがイマイチわからない方は、「ワンランク上の温泉に入ろう!「本物の温泉」を見分けるための超簡単な方法」を読んでみてくださいね。

 

今回のツーリングスポットとルートの詳細

僕が実際に日帰りツーリングで走ったルートです。

道は走りやすく、常に羊蹄山を眺めながら走ることができる、僕のお気に入りコース。

ぜひ羊蹄山をぐるっと1周してみてください!

 

まとめ

北海道の道は、“快走路が果てしなく続く、ツーリング天国”です。

道幅は広く、交通量も少ない、おまけに自然あふれる絶景が次から次へと出てくる。

ニセコ周辺の道も例外ではありません。

バイク乗りにとっては天国のような土地だと、改めて思いました。

スピードの出し過ぎには注意して、お互い北海道ツーリングを楽しみましょう!

次の記事へ>>>【北海道ツーリング】バイクで行きたい絶景写真スポット9選(道東・道北編)

 

▼北海道ツーリングを実現させる方法はこちらのページへ
ほくつーらいふ。~北海道ツーリング講座~

スポンサーリンク