【北海道ツーリング】「新潟⇒小樽」と「大洗⇒苫小牧」フェリーを徹底比較!

スポンサーリンク
「新潟⇒小樽」と「大洗⇒苫小牧」フェリーを徹底比較!

【北海道ツーリング】フェリーの予約・バイクの乗せ方・船旅のコツを徹底解説!」という記事では、“バイクと一緒にフェリーで移動する際の基本”について書きました。

まだ読んでいない方は、「【北海道ツーリング】フェリーの予約・バイクの乗せ方・船旅のコツを徹底解説!」も読んでみてくださいね。

さて、この記事では「どの航路で北海道へ向かうか」という点にスポットを当てます。

 

「関東から北海道ツーリングへ行きたい」

「フェリーで北海道へ向かうとして、おすすめの航路はどれ?」

そんな疑問をお持ちの方に向けて、この記事を書いています。

北海道ツーリングにフェリーで行くとして、関東にお住いの方にとって悩ましいのが「どの航路で北海道へ向かうか」ということだと思うのです。

関東からの出発の場合、選択肢にあがるのは2つ。

  • 新日本海フェリーの「新潟⇒小樽」航路
  • 商船三井フェリーの「大洗(茨城県)⇒苫小牧」航路

例えば、新潟港は関東から遠いけれど、「新潟⇒小樽」フェリーの運行ダイヤには魅力的なパターンがあるんですよね。

ということで、両方のフェリーを利用して北海道ツーリングをした僕が、2つの航路を比較してメリットとデメリットをまとめてみました。
(※僕は2018年4月まで神奈川県横浜市に住んでいました)

これから北海道ツーリングに出かける方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「新潟⇒小樽」と「大洗⇒苫小牧」航路はここが違う

  「新潟⇒小樽」
(新日本海フェリー)
「大洗⇒苫小牧」
(商船三井フェリー)
料金  ○ 比較的安い  × 比較的高い
運航ダイヤ  ○ 魅力的な早朝到着あり  △ いずれも午後以降の到着
出発港までのアクセス  × 関東からは少し遠い  ○ 関東からアクセス良好
フェリー内の設備  ○(綺麗な新造船あり)  ○(綺麗な新造船あり)

※あくまで僕の個人的な意見ですので、参考程度にご覧ください。

僕が感じた違いを簡単な表でまとめてみました。

それでは項目ごとに詳細にお話ししますね。

 

フェリーの運賃が安いのはどっち?

料金

上記の表では、“「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)のほうが安い”という結果になっています。

実際に僕が払った費用の内訳を公開しますね。

注意
今回の実績データは下記の条件で算出しています。

  • 「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)、「大洗⇒苫小牧」(商船三井フェリー)のいずれも新造船に乗船したとして算出
  • 両フェリーは期間によって料金が変動するので、“一番安い期間A”で算出
  • 両フェリーは部屋のクラスによって料金が変動するので、“一番安いクラス”で算出
    ※「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)の新造船(らべんだあ/あざれあ)はツーリストA(専用ベッド)が一番安いクラスです
  • バイクは、750㏄以上を載せた場合で算出
  • インターネット割引等の割引は加味していません。

「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)の運賃(例)

フェリー運賃
ツーリストA(専用ベッド)¥8,630
バイク(750㏄以上)   ¥8,430

合計
¥17,060

乗船したのは新造船の「らべんだあ/あざれあ」です。

運行ダイヤは・・・

  • 新潟発(11:45)⇒小樽着(翌日04:30)

後ほど解説しますが、このダイヤはすごく魅力的です。

「大洗⇒苫小牧」(新日本海フェリー)の運賃(例)

フェリー運賃
ツーリスト(相部屋)  ¥8,740
バイク(750㏄以上)  ¥16,460

合計
¥25,200

乗船したのは新造船の「らべんだあ/あざれあ」です。

運行ダイヤは・・・

  • 大洗発(19:45)⇒苫小牧着(翌日13:30)

「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)のほうが安い

様々な変動要素があるので全ての場合に当てはまるわけではないかもしれませんが、僕の認識では“「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)のほうが安い”です。

Aさん
でも、新潟港って関東から遠いじゃない・・・そこまでの交通費を加味したらどうなの?

僕も疑問に思っていました。

実際に行ってみてわかったのですが、「横浜市⇒新潟」までの高速料金、ガソリン代を合わせても、“「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)のほうが5千円ほど安かった”です。

「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)はこんな方におすすめ
  • 「とにかく安く北海道までフェリーで行きたい!」という方
    → 新潟港まで下道で行けば、かなり北海道までの移動費を節約することができるはずです。
スポンサーリンク

 

北海道ツーリングに最適なフェリーの運行ダイヤはどっち?

猫のはてな

正直なところ、北海道ツーリングって学校や仕事をなんとか調整して、ギリギリのスケジュールを組んでいる方が多いと思います。

もちろん僕もそのひとりです。

だからこそ「時間が重要だ」と考える人にとっては“「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)”がおすすめだと、僕は思っています。

理由は・・・

  • 新潟発(11:45)⇒小樽着(翌日04:30)

このダイヤがあるからです。

比較対象の「大洗⇒苫小牧」(新日本海フェリー)は、午後以降に北海道に到着する便しかありません。

せっかくの北海道ツーリングの初日が午後からの出発なんて、ちょっと寂しいなあって思ったんです。

だって、貴重な初日がほとんど宿(キャンプ地)に直行するだけになってしまうじゃないですか。

そう考えたときに、新潟発の早朝04:30に北海道に上陸できる運行ダイヤに、僕は魅力を感じました。

実際に僕はこの運行ダイヤのフェリーに乗って北海道ツーリングに行って大満足でしたよ。

旅の初日に小樽から霧多布(道東)まで思う存分、北海道を満喫するプランを実行できたわけです。

実際の北海道ツーリングのルートや全費用は「日程や費用をもれなく公開!北海道ツーリングする方法を徹底解説!」に記載してますので、あわせてお読みください。

「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)はこんな方におすすめ
  • 「とにかく効率的に時間を使って北海道ツーリングを楽しみたい!」という方
    → 北海道ツーリングの初日を満喫するならフェリーの運行ダイヤに注目です!

 

出発港までのアクセスが楽なのはどっち?

子供とはてな

関東からの出発と仮定した場合、出発港までのアクセスが楽なのは断然“「大洗⇒苫小牧」(新日本海フェリー)”です。

なによりも距離が違う。

新潟まで行くよりも大洗港に行くほうが所要時間も短くて済みます。

「大洗⇒苫小牧」(商船三井フェリー)はこんな方におすすめ
  • 「出発港までさくっと気楽に行きたい」という方
  • 「仕事終わりにその足で深夜発のフェリーに乗り込みたい」という方

 

フェリー内の設備が良いのはどっち?

らべんだあ

フェリー内の設備はどちらも大差はありませんが、すこしだけ“新日本海フェリーの「新潟⇒小樽」航路”のほうが豪華かなあという印象でした。

どちらも快適な船旅ができましたよ。

強いて言うならば、新日本海フェリーの「新潟⇒小樽」の“新造船らべんだあ/あざれあ”には露天風呂やジムがあったのが良かったです。

“新造船らべんだあ/あざれあ”の水平線を眺めながら浸かる、海の上の露天風呂は格別でした。

もちろん、商船三井フェリーの「大洗(茨城県)⇒苫小牧」の“新造船さんふらわあ さっぽろ”にもサウナ付きの大浴場がありますよ。

 

まとめ

「関東から北海道ツーリングへ行きたい」

「フェリーで北海道へ向かうとして、おすすめの航路はどれ?」

そんな方に「新潟⇒小樽」「大洗⇒苫小牧」の両方のフェリーに乗ったことがある僕からお伝えできることは・・・

「新潟⇒小樽」(新日本海フェリー)はこんな方におすすめ
  • 「とにかく安く北海道までフェリーで行きたい!」という方
    新潟港まで下道で行けば、かなり北海道までの移動費を節約することができるはずです。
  • 「とにかく効率的に時間を使って北海道ツーリングを楽しみたい!」という方
    北海道ツーリングの初日を満喫するならフェリーの運行ダイヤに注目です!
大洗⇒苫小牧」(商船三井フェリー)はこんな方におすすめ
  • 「出発港までさくっと気楽に行きたい」という方
  • 「仕事終わりにその足で深夜発のフェリーに乗り込みたい」という方

これから北海道ツーリングに行く方の参考になれば嬉しいです!

お互い北海道ツーリングを楽しみましょうね!

▼新日本海フェリーの「新潟⇒小樽」航路に興味がある方
次の記事へ>>>【北海道ツーリング】「新潟⇒小樽」新造船フェリー(らべんだあ/あざれあ)を徹底解説!

▼商船三井フェリーの「大洗(茨城県)⇒苫小牧」航路に興味がある方
次の記事へ>>>【北海道ツーリング】「大洗⇒苫小牧」フェリーを徹底解説!(乗船方法から船内設備まで)

 

スポンサーリンク