春に一発始動!バイクを冬季保管する前するべき5つの準備

スポンサーリンク
バイクの冬季保管

この記事では、「バイクを長期保管する方法」をご紹介します。主に雪国での冬季保管を想定してお話しますね。

雪国に慣れていない方は、雪が積もってバイクに乗れない数ヶ月間、愛車をどうやって保管すればいいのか迷いますよね。

何も考えずに保管してしまうとバイクの調子が悪くなってしまうこともありえます。

でもご安心ください。

僕が今回の冬季保管で行なった『5つの準備』をこれから書いていきます。

この方法で保管した僕のXJR1300(1998年製)は北海道の厳しい冬を越えて、春先に一発始動しましたよ。

きちんと保管して気持ちよくツーリングのシーズンを迎えましょう!

注意
僕のバイクは一発始動しましたが、効果には個体差があります。
また、僕のバイクは屋内(車庫)で保管していました。
スポンサーリンク

【準備1】ガソリンは満タンにする

ガソリン給油のイメージ

冬季保管の前にはガソリンを満タンにしておくのがおすすめです。

理由は、タンク内に空気があると気温が下がった際に(タンクの)内側が結露してしまうからです。

 

タンクの内側が結露するとなんでダメなの?

と思うかもしれませんね。

結露はいわゆる『水』です、そしてタンクは『金属』。つまり、タンクが錆びる恐れがあるのです。

その錆がガソリンに混ざってエンジンのほうへ・・・想像するだけでエンジンに悪そうですよね。実際に悪影響を与えます。

また、錆が発生しなくても、タンク内の水はエンジン不調の原因になり得ます。

出来る限り結露を防ぐための簡単な方法こそがガソリンを満タンにしておくことなのです。

 

でも、ガソリンって長期保管すると腐るのでは?

そう思った方はいらっしゃるでしょうか。実は僕も心配になって調べてみたのですが、冬季保管(数ヶ月)程度なら気にする必要はなさそうです。

実際に冬季保管(11月から3月)を乗り越えた僕のバイクは、すぐにアイドリングが安定しました。なので、ガソリンの変質は少なかったのではないかと想像しています。

ただ、半年以上の長期保管をする場合はこの限りではありませんのでご注意ください。

 

【準備2】センタースタンドで保管する

バイクをセンタースタンドで置く

冬季保管のように長期間バイクを動かす予定がない場合はセンタースタンドで保管するのがおすすめ。

理由は、タイヤの変形防止とサスペンションへの負荷軽減が期待できるからです。

サイドスタンドで保管してしまうと、タイヤやサスペンションの片側に負荷(車重など)が集中しますよね。このアンバランスな負荷が長期間続くと各パーツの変形や傷みにつながります。

センタースタンドが付いているバイクなら迷うことなくセンタースタンドを使用しましょう。

 

センタースタンドがないバイクなんだけど、なんか方法はある?

センタースタンドがない場合は、メンテナンス(レーシング)スタンドなどを上手く活用するのが一つの方法かなと思います。

 

【準備3】タイヤの空気圧は高めにしておく

タイヤの空気圧

冬季保管の前はガソリンスタンドなどでタイヤの空気圧を高めにしておくのがおすすめです。

「【準備2】センタースタンドで保管する」にも関連するのですが、タイヤの変形を防止するためです。

センタースタンドを使ったとしても前輪は地面に接していますからね。

 

長期間同じ体勢で保管するということはタイヤが車重で常に潰れているわけです。しかも、ずっと同じ部分に負荷がかかるという悪条件。タイヤに悪い影響を与えるのは容易に想像できますね。

空気圧を高めにしておくことで負荷を軽減し、タイヤの変形や劣化をある程度防ぐことができます。

僕は、車両に記載されている適正空気圧よりほんの少し高くして保管しました。

スポンサーリンク

 

【準備4】バッテリー外して屋内で保管、定期的に充電する

バイクのバッテリー充電

長期間バイクの乗らない場合、バッテリーは外して温度変化の少ない屋内に保管・定期的に充電しておきましょう。

なぜなら、使用しなくても自然放電をするからです。また、気温の変化はバッテリーを劣化させる要因になります。

バッテリーは一度でも放電し切ってしまうと著しく性能が低下します。いわゆる、バッテリー上がりの状態ですね。

低下した性能は充電しても完全には元に戻らないので注意が必要です。

さらに、月に一度くらいは充電しておくといいですよ。

 

僕が使用している充電器をご紹介しておきますね。安くて問題なく充電できているので、コストパフォーマンス抜群だと感じています。

バッテリーの買い換えは安くありません。ちょっと手厚いくらいに対応しておくと金銭面でかなりメリットがあるかなと思います。

 

【準備5】任意保険は内容を変更して節約する

節約のイメージ

長期間乗らないことが確定している場合は任意保険の内容を見直すのがおすすめです。

バイクに乗れないのに高い保険料を支払うのは辛いですよね?

とはいえ、解約をしてしまうとせっかく上がった等級がリセットされてしまいます。

そんな悩みを解決する方法が、最低限の補償にして保険料を下げること。

 

例えば、ほとんどの方は対人と対物が無制限になっているのではないかと思います。それを無制限ではなく最低限の補償に変更するだけでも月々の保険料は安くなります。

もちろん冬眠から覚める前には、保険を元の内容に戻しておきましょう。

注意
任意保険の補償が下がっている状態ではバイクに乗らないように注意してください。乗り始め(春)には保険内容を確実に元に戻しておきましょう。

 

まとめ

  1. ガソリンは満タンにする
  2. センタースタンドで保管する
  3. タイヤの空気圧は高めにしておく
  4. バッテリー外して屋内で保管、定期的に充電する
  5. 任意保険は内容を変更して節約する

以上、冬季保管の前にするべき5つの準備をご紹介しました。

 

キャブレター式のバイクの場合は、「キャブレターのガソリンを抜く」というのもやっておくといいのですが、今回の冬季保管ではやりませんでした。

それでも春に一発始動したので、(冬季保管の場合は)必須ではないかなあと個人的には思っています。抜いたガソリンの処理にも困りますしね。

お互い快適なバイクライフを送りましょう!

▼冬眠前こそバイクを磨きましょう!
次の記事へ>>>バイクは水を使わずに洗車できる!僕が8年間続けている方法を公開します!

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。