おすすめキャンプ道具!なぜニトリのスキレットがいいのか?その魅力をまとめてみた

スポンサーリンク
ニトリのスキレットがおすすめ

この記事では「ニトリのスキレット」をご紹介します。

突然ですが、キャンプでの楽しみってなんでしょうか?

たくさんありますが、自然の中で食べる“キャンプ飯”が思い浮かぶ方も多いはず。

でも、キャンプに慣れてない方や料理が得意ではない方にとって、外でご飯を作るのはなかなか大変なことですよね。

そんな方にぜひ使って頂きたいおすすめアイテムこそが、「ニトリのスキレット」(通称:ニトスキ)です。

簡単に美味しい“キャンプ飯”ができる魔法の道具の魅力と活用法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

ニトリのスキレット(ニトスキ)とは?

ニトリのスキレット

ニトリのスキレットとは、その名の通りニトリで売られている直径15㎝のスキレットです。

 

スキレット……ってなに?

と思ったでしょうか。ざっくり言うと鋳鉄製のフライパンです。

一般的なフライパンとの違いは、「厚みがある」と「ずっしりとした重みがある」の2点。

 

えっ、重いの?扱いづらそう……

いえいえ、実はこれこそがおいしい調理ができる秘密。

スキレットの厚みと重さはむしろデメリットではなくメリットなのです。

 

スキレットの魅力とは?

スキレットの魅力

さて、先ほど僕は「スキレットの厚みと重さはむしろデメリットではなくメリットなのです」と言いました。

まずはスキレットの魅力から詳しく説明していきますね。

 

【魅力その1】スキレットならゆっくり均一に調理できる

スキレットは厚みがあるので、ゆっくりと、そして均一に食材へ熱が伝わっていきます。

これが食材のうまみを引き出してくれるんですね。

キャンプでよく使用されるのはフライパンやコッヘルですが、それにはない特徴がスキレットにはあるのでワンランク上のキャンプ飯が作れるというわけですね。

 

【魅力その2】スキレットは調理方法を選ばない

スキレットは、「煮る」「揚げる」、「オーブン調理」だけでなく、蓋があれば「蒸す」「燻す」もできるという、まさに万能な調理器具。

もちろん、焚火に突っ込むという荒技も可能です。キャンプのようなアウトドアなシーンにもぴったりですよね。

鋳鉄製で頑丈な作りだからこそ為せる技です。

 

キャンプって意外と火力の調整が難しくないですか?

僕は焚火の火をそのまま調理に使ったりするので、薄いフライパンだと火力が強すぎてすぐに焦げてしまうんですよね。

でも、スキレットなら強い火力でも安定して調理ができます。厚みがあって熱がゆっくりと伝わるから、調理の幅が拡がるというわけです。

 

魅力その3・スキレットに乗せたまま食べられる

スキレットはそのまま皿としても活用できます。むしろ、見た目がおしゃれなのでそのままのほうがいいくらい。

最近では、インスタ映えするということでも人気なようですね。

 

僕はおしゃれさには興味がないですが、「焼いて、そのままテーブルへ置いて、食す」というシンプルな流れがとても気に入っています。

しかも、スキレット自体が冷めにくいので、料理も熱々のまま楽しめます。

 

なぜニトリのスキレットがおすすめなの?

疑問と回答

さて、ここまでスキレットの魅力を3つご紹介しました。

ここまで読んでくださったということは、少しスキレットに興味が出てきたのではないでしょうか?

Bさん
スキレットの魅力はわかった。じゃあ、なんでニトリのスキレットがおすすめなの?

ここからは、そんな疑問にお答えしていきますね。

 

その理由はズバリ、「大きさ」「値段」

 

まずは、大きさについて。

ニトリのスキレットは直径15㎝です。

この大きさが1人分として調理をする時も食べる時も非常に使いやすいのです。さらに、スキレットの弱点でもある厚みと重さについてもあまり気になりません。

まさにスキレットの入門としては最適な大きさと言えるでしょう。

 

そして、値段。

なんと、500円以下で購入できるという驚きの低価格。

安かろう悪かろうではないですよ。それは実際に使用している僕がよく知っています。

スポンサーリンク

 

ニトリのスキレットで作る、おすすめキャンプ飯レシピ

ニトリスキレットのオススメレシピ

さて、ニトリでスキレットを手に入れたら、手始めに『アスパラとベーコンの卵チーズのせ』を作ってみてください。

ひっくり返る美味さです。

『アスパラとベーコンの卵チーズのせ』のレシピ

材料

  • アスパラ    1本
  • ベーコン    3切れ
  • とろけるチーズ  適量
  • 卵       1個
  • 塩コショウ   少々

 

作り方

  1. アスパラを切る
  2. アスパラとベーコンを炒める
  3. チーズと卵を乗せる
  4. 水を少しに入れて、アルミホイルで蓋をする

簡単ですよね。屋外でも問題なく調理できます。

だって、アスパラとベーコンを切るだけですからね。スキレットなので火力の調節もアバウトで大丈夫です。

できあがったら、熱々のスキレットのまま、パンや白米と一緒にガッツリと食してください。

 

スキレットのデメリット

注意点のイメージ

今回ご紹介したニトリのスキレットですが、デメリットもご紹介しておきますね。

実は、スキレットは鉄鋳物製品で錆びやすいため、手入れが少し面倒なのです。

 

使い始めは、シーズニング(油ならし)が必要です。シーズニングのやり方を記載しておきますね。

使い始めのシーズニング方法

  1. 台所用中性洗剤でよく洗い、お湯で洗い流します
  2. スキレットを火にかけ、水分が蒸発し始めたら火を止めます
  3. 食用油を引いて火にかけ、しょうがやねぎを強火で炒めます(鋳物特有の匂いを抑えるためです)
  4. 油が全体になじんだら、炒めた野菜を捨てて、シーズ二ング完了です

 

使用後も、洗いっぱなしだと錆びてしまうので一手間が必要です。

使用後のお手入れ方法

  1. 熱湯で汚れを浮かせたり、拭き取ったりしながら汚れを取り除きます
  2. 水で洗うのですが、洗剤は使用しません(なじませてきた油分が取れてしまうため)
  3. よく乾かします
  4. 食用油を薄く塗り、弱火で3分ほど加熱します
  5. 十分に冷めたら、新聞紙などに包み、湿気の少ない場所で保管します

ちょっとめんどくさいですよね。でも、この手間をかけることで鋳物のスキレットは長年使える道具になります。使い込んだスキレットには愛着が湧いて、あなたにとってこの世に一つの存在となりますよ。

 

まとめ

ぜひスキレットをキャンプで使用してみてくださいね。

どのスキレットを買えばいいか迷った方は、とりあえずニトリのスキレットを買っておけば間違いないですよ。

お互い素敵なキャンプライフを送りましょう!

次の記事へ>>>カバン1つにまとまる!キャンプツーリング道具の選び方を徹底解説!

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ