フェリーでの行き方も解説!天売島が人生に一度は訪れたい場所である理由4つ

スポンサーリンク
天売島のフェリーターミナル

この記事では、「天売島の魅力」をご紹介します。

北海道の離島といえば礼文島や利尻島を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。そのさらに南、日本海に浮かぶ『天売島』もおすすめの離島なのです。

天売島ってどんな島?どんな魅力があるの?

実際にバイクで行ってきた僕が、そんな疑問にお答えします。

僕が天売島に「行ってよかった!また行きたい!」と思っている理由が伝わるはずです。

スポンサーリンク

天売島とは?

北海道にある羽幌港から西北西へ約28km。日本海に浮かぶ、周囲12kmほどの小さな島です。

絶滅危惧種のオロロン鳥やウトウをはじめとする「海鳥の楽園」として有名なのです。

 

さて、ここからは僕が感じた天売島の魅力を4つご紹介しますね。

 

【天売島の魅力1】スケールのでかい絶景

天売島の絶景(赤石)

目の前に広がる壮大な崖と海がおりなす絶景。

そこにたくさんの鳥たちが飛んでいる様を見ると、「あれ、ここは日本かな?」と思わず思ってしまいました。

それくらいスケールの大きな絶景が天売島のおすすめポイントです。

そんな景色をぼーっと眺めていると、大概の悩み事なんてちっぽけに感じるはずですよ。

 

【天売島の魅力2】道からの見晴らしが最高すぎる

天売島の道の風景

天売島には周りを何にも囲まれていないことで空を飛んでいるかのように感じる道があります。

歩いて散策してもよし、自転車で回ってもよし、バイクで颯爽と走ってもよし。個人的に車は少し物足りないかなあと思います。

せっかくなので天売島の空気をもろに体に受ける方法で楽しんでみてください。

 

【天売島の魅力3】鳥が本当にたくさんいる

天売島のウミネコの集団

天売島は「海鳥の楽園」です。

天売島に行く前の僕
・・・なんて言ってるけど、大したことなかったりするんだよなあ

と、正直あまり期待はしていませんでした。

実際に行ってみてびっくりです。

天売島の僕
まじでいっぱい鳥がいる!!

※上の写真に写っているのはウミネコたちです。驚くほどの数が集まっていました。バイクを見ても全く逃げません。

 

ウミネコ、小さくて綺麗な鳥たち(ごめんなさい名前がわからない・・・)がどこを見ても視野の中に必ずいる感じでした。

キャンプをしていてもずっと鳥たちの声が聞こえてきて、癒し効果は抜群。朝は鳥たちの声で目覚めました。心地よい朝だったなあ。

 

さて、ここからは僕が後悔した話です。

鳥についての下調べが足りなかった・・・

オロロン鳥やウトウ、ケイマフリなど天売島で見られる珍しい鳥たちを見ることができずに帰ってきてしまいました。

普段はガイドさんを頼らない僕ですが、天売島に関してはガイドさんに案内してもらいながら鳥たちを観察するのもいいかなと思いました。

天売島は何回でも行きたい島なので次回は何かしらの対策を考えて、もっとたくさんの鳥たちをこの目で見るつもりです。

これから訪れる方は、少しでもいいので下調べをしておくとより天売島を楽しめるはずですよ。

 

【天売島の魅力4】心地よいキャンプ場

天売島のキャンプ場

天売島には約9つの宿があり、キャンプ場も1つだけあります。

今回はキャンプ場を利用したのですが、静かでとてもいいキャンプ場でした。

 

トイレは簡易的な汲み取り式(工事現場とかによくあるやつ)ですので、それが苦手な方は宿を予約したほうがいいかもしれません。

その他、流しとゴミ捨て場、シャワー室があります。

利用料はテント1張りで500円。

天売島のフェリーターミナルにある窓口での受付ですのでご注意ください。

 

あ、そうそう。

買い出しについてですが、キャンプ場からバイクで3分程のところに商店が2つ(川口商店と三浦商店)あります。パンやカップラーメン、おつまみ、お酒、タバコ、飲み物、お肉など基本的なものは全て購入できますよ。

ただ、島の方も利用すると思われますので、あまりにも大量に購入するのは控えたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

 

天売島にはどうやって行くの?料金は?

天売島へのフェリー

天売島へ行く方法は羽幌港からフェリーを利用するしかありません。

僕はバイク(750cc以上)を積載したので、料金は片道5,470円(旅客運賃2,290円、バイク3,470円)でした。
※「羽幌ー天売島」の料金です

人間だけが乗る場合の予約はできません。出航の30分前から乗船券の販売が開始されるのでそこで購入してそのまま乗船という流れになります。

ただし、バイクや車を積載する場合のみ事前に予約が必要ですのでご注意ください。

 

料金や運行ダイヤは時期によって変動するので、事前にホームページでご確認をお願いします。

>>>羽幌沿海フェリーのホームページへ

 

まとめ

天売島はおすすめの離島です。

礼文島や利尻島に行ったことがある人にはたまに出会いますが、天売島に行ったことがある人にはなかなか出会わないと思いませんか?

そんな場所に訪れるのもまた乙なものではないでしょうか。

確かにフェリー代は安くはありませんし、アクセスも良いとは言えませんが、僕はそれだけの価値があったなあと思いましたよ。

 

ちなみに、僕もよく利用するのですが宿やレンタカーは楽天トラベルでお安く手配できることが多いです。料金を抑えるところは抑えて、北海道の自然を満喫してくださいね!
>>>北海道のホテル・旅館(楽天トラベル)

※楽天カードがあれば楽天トラベルでお得にポイントが貯まります

 

お互い素敵な旅、バイクライフを送りましょう!

次の記事へ>>>日常に疲れた人はとりあえず離島へ行こう!その理由、島旅の魅力を解説します!

 

こちらの記事も読まれています

本ブログのバイク記事を効率よく読みたい方へ

主要な記事だけを集めて、カテゴリー毎に見やすく配置したページを作成しました!

>>>バイク記事一覧へ

バイク乗り必見!Kindle Unlimited!

Kindle Unlimitedの紹介

 

『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』。僕も利用しているAmazonのサービスです。30日間の無料体験は、正直やらない理由を探すほうが難しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。